シリアに続きイランもトルコ非難――「シャー・フラト作戦」

【シノドスに参加しよう!】

▶メールマガジン「αシノドス」

 https://synodos.jp/a-synodos

▶セミナー「シノドス・サークル」

 https://synodos.jp/article/20937

▶ファンクラブ「シノドス・ソーシャル」

 https://camp-fire.jp/projects/view/14015

トルコの「シャー・フラト作戦」はシリアに続きイランからも非難された。イランフセイン・エミール・アブドラヒヤン外務副大臣は、トルコがシリア領でおこなった作戦はいかなる弁明も成立しないであろうと語った。アブドラヒヤン副大臣は、「隣人のシリアへの軍事介入は問題をより複雑にするだろう」と述べた。

 

 

28007511

 

 

イラン国営通信(İRNA):「トルコ軍がシリア領を侵犯した」

イランの公式通信社であるイラン国営通信(İRNA)は、トルコがスレイマン・シャー廟の移動及びスレイマン・シャー軍駐屯所の撤去を実現した「シャー・フラト作戦」を「トルコ軍がシリア領を侵犯した」と伝えた。

İRNAは、トルコが同作戦について明らかにした理由について「無根拠」と報道し、「トルコ部隊は在シリアのスレイマン・シャー廟が包囲されたとの根拠なき理由を挙げて、50両の戦車でシリア領に入り同地域に駐留していたトルコ軍兵士をトルコ領へ移送した」と説明した。

İRNAは、共和人民党(CHP)が件の作戦を非難したことを取り上げ、CHPギュルセル・テキン事務局長が同作戦に関連しておこなった発言を報じた。 同通信は、CHPのテキン事務局長が、「『シャー(帝王)』ではなく『マット(敗北)』作戦だ。90年の共和国の歴史において初めて戦争せずにわれわれの領土を失った。このことを容認することはできない」と語ったことを伝えた。

 

Hurriyet紙(2015年02月23日付)/ 翻訳:岸田圭司

 

■本記事は「日本語で読む世界のメディア」からの転載です。

 

知のネットワーク – S Y N O D O S –

 

 

1
 
 
シノドス国際社会動向研究所

vol.266 

・山本昭宏「平和意識の現在地――〈静けさ〉と〈無地〉の囲い込み」
・田畑真一「【知の巨人たち】ユルゲン・ハーバーマス」
・吉田徹×西山隆行×石神圭子×河村真実「「みんながマイノリティ」の時代に民主主義は可能か」
・松尾秀哉「【学び直しの5冊】〈現代ヨーロッパ〉」
・木村拓磨「【今月のポジだし】活動を広げよう――不登校支援」
・鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(10)――「シンクタンク2005年・日本」自民党政権喪失後」