サルマーン・サウジアラビア国王とスィースィー・エジプト大統領の首脳会談

サルマーン国王とスィースィー大統領の首脳会談:サウジ・エジプト関係は戦略的

サウジアラビアの「二大聖地の守護者」サルマーン・ビン・アブドゥルアジーズ国王とエジプトのアブドゥルファッターフ・スィースィー大統領は昨日、リヤドでの会談で、二国間の戦略的関係を深化し、あらゆる分野において関係を強化する意向を確認した。

 

 

imgNews20150302_140046

 

サウジアラビア通信は、サルマーン国王とスィースィー大統領が「最高レベルの協力の意思を示し、中東地域および世界の情勢を検討した」と報じた。

リヤドは今日、明日にかけて濃密な動きが見られている。サルマーン国王は 昨日リヤドに到着したトルコのレジェプ・ターイプ・エルドーアン大統領との会談を行う。エルドーアン大統領はこれに先立ち、メッカでの小巡礼・礼拝と メディナの聖預言者モスクへの訪問を済ませている。

またサルマーン国王は明日、パキスタンのナワーズ・シャリーフ首相と会談し、地域情勢と対テロリスト闘争をともに協議する。さらに、ジョン・ケリーアメリカ国務長官も今週、リヤドに到着する予定だ。

 

al-Hayat紙(2015年03月02日付)/ 翻訳:平岩里佳子

 

■本記事は「日本語で読む世界のメディア」からの転載です。

 

知のネットワーク – S Y N O D O S –

 

 

 

シノドスのコンテンツ

 

●ファンクラブ「SYNODOS SOCIAL」

⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

 

●電子メールマガジン「αシノドス」

⇒ https://synodos.jp/a-synodos

 

●少人数制セミナー「シノドス・サークル」

⇒ https://synodos.jp/article/20937

 

 

 

 

1
 
 
シノドス国際社会動向研究所

vol.260 

・吉永明弘「都市に「原生自然」を残す――人新世の時代の環境倫理学」
・藤重博美「学び直しの5冊――「相対的な安全保障観」を鍛えるための読書術」
・赤木智弘「今月のポジだし――AIが支配する社会を待ち続けて」
・竹端寛「「実践の楽観主義」をもって、社会に風穴を開けていく」
・伊吹友秀「エンハンスメントの倫理」
・鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(4)――東京財団退職後」
・加藤壮一郎「デンマーク社会住宅地区再開発におけるジェーン・ジェイコブス思想の展開」