クウェート、「ジハーディ・ジョン」の父親に国外退去を求める声

「ダーイシュの殺戮者」の父、たとえ謝罪してもクウェートではペルソナ・ノン・グラータ

 

クウェートの議員らは、「ダーイシュの殺戮者」の父親ジャースィム・イムワーズィー氏に、息子ムハンマドの所業について公式に謝罪するかクウェートを去るかの二者択一を要請した。

クウェート国民議会で国防委員長を務めるアブドゥッラー・マウユーフ議員は、「事件は家族の過ちではないが、彼らは、謝罪して自分たちの息子が犯したことに不賛成の意を公式に示さなくてはならない。さもなければ国を去るべきだ」と述べた。

同様に、サファー・ハーシム元議員も、「国民がそれを受け入れるかどうかは別としても」、「ダーイシュの殺戮者」の父親は謝罪すべきだと述べ、同時に「英国へ戻り関係当局に情報提供する」ことを提案した。

クウェート政府顧問の一人で退役将校のファハド・シャラーイミー氏も、父親は近々に英国へ帰還すべきという考えを支持しており、彼がクウェートに留まることは「政府にとって恥となる」と評した。

 

 

imgNews20150309_214731

 

ビデオに複数回登場し、合衆国、英国、日本の人質を斬首した人物の身元は、世界中のメディアにより暴露された。クウェート生まれの英国人、ムハンマド・イムワーズィーである。

イムワーズィー家は英国で政治難民の資格を得ている。クウェートでは「ビドゥーン」と呼ばれる無国籍の階層であるため、迫害される恐れがあるとの理由であった。しかし父のジャースィムは二年前、娘のアスマー(25歳)を伴って、仕事のためクウェートに戻っていた。妻と四人の息子は英国に留まっている。

クウェートの「カバス」紙とのインタビューで、ジャースィム・イムワーズィー氏は「ビデオに登場するのが息子であると報じられているが、確かな証拠はない」と述べている。

しかし、この発言に先立ち同「カバス」紙は、ムハンマド・イムワーズィーの父親がクウェートの捜査官らに対し、自身と妻はビデオで息子の声を認識したと述べたと伝えている。

 

al-Hayat紙(2015年03月09日付)/ 翻訳:メディア翻訳アラビア語班

 

■本記事は「日本語で読む世界のメディア」からの転載です。

 

知のネットワーク – S Y N O D O S –

 

1
 
 
シノドス国際社会動向研究所

vol.272 

・荒木啓史「遺伝か環境か?――ゲノム科学と社会科学の融合(Sociogenomics)が教育界にもたらすイノベーション」
・神代健彦「道徳を「教える」とはどのようなことか――「押しつけ」と「育つにまかせる」の狭間を往く教育学」
・中里透「財政のことは「世の中にとっての」損得勘定で考えよう!」
・伊藤昌亮「ネット炎上のポリティクス――そのイデオロギー上のスタンスの変化に即して」
・穂鷹知美「マルチカルチュラル社会入門講座――それは「失礼」それとも「人種差別的」? 」
・福原正人「戦争倫理学と民間人保護の再検討――民間人殺害はなぜ兵士殺害より悪いのか」