頭部移植を希望するプログラマー――驚きの10の事実

あるニュースが先週、世界をかけめぐった。イタリアの神経外科医セルジオ・カナベーロ氏が、頭部を別の人体に移植する手術を行おうというのである。この手術を受けようとしているのが、ロシアのプログラマー、ヴァレリー・スピリドノフさん。スピリドノフさんにロシアNOWは取材を行い、この手術の驚きの事実を10項目にまとめた。(アンドレイ・ラスキン)

 

 

カナベーロ医師が計画している、ドナーの体への頭部移植手術。主要な候補となっているのが、ウラジーミル市のプログラマーであるスピリドノフさん(30)。脊髄性筋萎縮症を患っており、車イスから離れられない生活を送っている。スピリドノフさんによると、せめて死ぬ前に新しい体を手に入れたいという思いで、大変な決意をしたのだという。

 

1. スピリドノフさんは自分の体を選ぶことはできない。交通事故あるいは死刑が宣告された人の体が与えられるかもしれない。本人の唯一の願いは、男性の体である。

 

 「私の体より少し健康なだけで十分。残りについては、自分で運動をしたり、栄養をとったりして、必要な条件に整えることができる。体を選ぶなんて、今のところは過剰な贅沢」とスピリドノフさん。

 

2. 移植手術の時間は36時間以上。このために、同時に100人の外科医の参加が必要になる。頭部を切り離して体につけるのには1時間もかからない。

 

「計算では、患者は1ヶ月昏睡状態におかれる。この時間は組織の癒着に必要。その後、さらに1年ほどが理学療法とリハビリに必要」とスピリドノフさんは説明する。

 

3. 手術が成功した場合、スピリドノフさんの子供は、ドナーの体から遺伝子を受け継ぐことができる。

 

 「子供については、ドナーの体の遺伝子になるが、これにはまだ研究が必要」とスピリドノフさん。

 

4. 手術代は約1100万ドル(約13億2000万円)。

 

今のところ、医師は必要な金額を集められていない。

 

5. カナベーロ医師は、手術の候補者に対する具体的な要件を定めていない。

 

「カナベーロ医師は患者の具体的な要件を示していないが、これ以外の方法がないほど重度の障がいを持った人でなければいけないことは確か。大変な運命にある人」とスピリドノフさん。【次ページにつづく】

 

 

 

シノドスのコンテンツ

 

●ファンクラブ「SYNODOS SOCIAL」

⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

 

●電子メールマガジン「αシノドス」

⇒ https://synodos.jp/a-synodos

 

●少人数制セミナー「シノドス・サークル」

⇒ https://synodos.jp/article/20937

 

 

 

 

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.263 

・武井彩佳「ホロコーストを学びなおすための5冊」
・児玉聡「ピーター・シンガーの援助義務論」

・穂鷹知美「「どこから来ましたか」という質問はだめ?――ヨーロッパから学ぶ異文化間コミュニケーション」
・岩永理恵「生活保護と貧困」
・迫田さやか「挨拶をしよう」
・山口浩「自粛反対論と「戦士」の黄昏」
・鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(7)――「シンクタンク2005年・日本」立ち上げ期」