結婚の名のもとに「売られる」未成年のシリア難民少女たち

祖国でいまだに続く混沌が引き起こした残虐な惨劇によって、シリア人の家族らはヨルダンへの避難を余儀なくされた。彼らが直面している出来事のうちもっとも凄惨なことは、「結婚とそれによって得られる保護」の名のもと、未成年の娘たちを富裕層に「売り」、多くの女性が性的いやがらせや強姦の被害に遭っている難民キャンプ(アンマン北70キロに位置するザアタリー・キャンプ)での生活から娘たちを遠ざけること以外に、彼らには選択肢が残されていないということだろう。

 

 

imgNews20160107_205115

 

 

キャンプ内で知れ渡った結婚仲介人たちは、最も美しく、若い少女たちを富裕層にあてがう役目を担っている。富裕層のほとんどは、既婚者や高年齢者だ。

 

仲介人の武器は、金とそれを必要とする難民家族からのニーズにある。家族は、自らの信条に従って生きるすべを得ること、そして難民生活の危険性やそれに伴う出来事から娘を遠ざけることを求めている。

 

ヨルダンの法律ではシャリーア(イスラーム法)の裁判官に判断が委ねられるような特別な事例を除き、18歳に満たない女性の結婚を認めていない。この年齢は成熟の基準とされており、特にそれ未満の女性は肉体的にも精神的にも感情的にも結婚の準備ができていないとされる。

 

未成年のシリア難民少女と結婚を希望する者に必要なのは、結婚する数日前に所定用紙へ記入し、仲介人へ額を支払うだけだ。

 

16歳に満たないブロンドのシリア人少女リーハーンは、父親には彼女と15歳に満たない妹をそれぞれ7,000ドルで裕福なアラブ人二人へ「売る」こと以外に残された道はなかったと語る。娘たち二人は、婚姻契約が結ばれてからたったの20日で親元から姿を消すことになった。

 

al-Hayat紙(2016年01月07日付)/ 翻訳:平岩里佳子

 

■本記事は「日本語で読む世界のメディア」からの転載です。

 

知のネットワーク – S Y N O D O S –

 

 

 

■■「シノドス」へのご寄付のお願い■■

 

 

困ってるズ300×250

 

 

α-synodos03-2

1
 
 

vol.202+203 特集:リベラルとはなにか

 

・飯田泰之×仁平典宏「これからのリベラルになにが必要か?」

・稲葉振一郎「『存在の自由』?」

・宮城大蔵「冷戦後日本外交にリベラルの水脈を探る」

・辻由希「女性政策の『使い方』」

・前嶋和弘「アメリカのメディアにおける『リベラル・バイアス』」

・戸村サキ「ニートいろいろ:就労支援機関での体験 <2>」