核と原子力とジャーナリズムの宿命 ―― スクープの舞台裏を語る

東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所の連鎖的爆発事故は、日本人の価値観や世界観を大きく変えたと言っても過言ではないだろう。

 

とりわけ県や県議会が「全基廃炉」を訴える福島県では、原発という存在は、震災前には雇用を生み、地方経済・財政を支える産業であり、首都圏に電気を安定供給する役割を担っていたのが、震災後には多数の避難者と計り知れない損害を生み、健康や環境に影響を与える脅威として位置づけられている。同時に、過去と現在、そして未来に向けた核や原子力をめぐる政策に対して、人々の関心を喚起し続けている。

 

共同通信編集委員の太田昌克さんは今年4月、「日米核同盟」の政策過程に関する取材の集大成となる著書『秘録 核スクープの裏側』(講談社)を上梓(*1)。核持ち込みの密約(核密約)の真実を追い続けたジャーナリストとしての取材体験も交えながら、「核」をめぐる日米間の政策決定過程を明らかにしている。太田さんに、「核なき世界」の展望や、ジャーナリストとしての活動の様子などを聞いた。(インタビュー/構成・藍原寛子)

 

(*1)http://bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2174235

 

―― 『秘録 核スクープの裏側』は、太田さんの著書『盟約の闇 核の傘と日米同盟』(日本評論社、2004年)、『アトミック・ゴースト』(講談社 2008年)の続報と言える内容です。『秘録―』は震災をきっかけに出版されたのですか。

 

いえ、震災前から編集者の方と「『アトミック・ゴースト』の続編を書きましょう」という話をしていました。ちょうど東日本大震災の前日の2011年3月10日に出版の打ち合わせをしたところでした。その際「日本は自民党から民主党、アメリカは共和党から民主党に政権交代する中で、核政策がいかに変わったのか、またどう変わろうとしているのか」との問題意識を持って新著をつくりましょうという話をしました。

 

その翌日、大震災が起き、私はしばらく会社の宿泊施設に泊まり込みながら、原発事故の推移にほとんど全神経を注ぐと同時に、その後、核燃料サイクルに象徴される「核の平和利用」の取材に集中しました。そのため、結果的に出版が遅れることになりました。しかし、原発事故を受けて新たに見えてきたこと、つまり日米の重層的な「核の同盟」関係についても熟考する時間を持つことができ、出版が遅れた分、当初自分が考えていたよりも若干厚みのある内容にすることができたと思っています。

 

 

―― 『アトミック―』は、新しい核の脅威、「仮想敵・核」とでも言える、核の脅威と、それを「必要悪」として政治の駆け引きに使う米ソ、各国の核政策の裏側を描いた本でした。

 

共同通信のワシントン支局に駐在した2003年から07年の取材を中心に、国際的な核政策の問題点と課題を厳しく検証したつもりです。現代における新しい核の脅威とは何か?その中には例えば核テロも含まれますが、新たな核の脅威とは何かということにフォーカスを絞りました。今回の『秘録―』は、その続編という位置づけです。

 

 

―― 2009年の政権交代後、核密約の事実が明らかになった際、そのスクープの真ん中に取材者として太田さんがいたわけですが、その経緯は『秘録』を読んでいただくこととして、非常に驚きだったのは、ジャーナリストがあまり書きたがらない、スクープが生まれる取材現場と取材経過、キーパーソンへの一問一答までも詳細に書いている点です。ストレートニュースの取材であれば、「手持ちのボイスレコードに保存されたままになるだろう」といった内容も、オープンにしていますね。

 

私はかれこれ10年ほど核密約問題を調べ、報道してきました。その間、日米で、数十万ページにもわたる公文書に目を通し、米側キーパーソンのインタビューを重ねてきました。この取材の中で、米政府関係者から「船に核兵器を積んで日本に持ってくるのは核の『イントロダクション(持ち込み)』には当たらず、そうした行為が行われてきた」との点を確認し、報道してきました。

 

しかし日本で核密約や核持ち込みに関する取材をすると、日本側関係者からは決まって「そんなことはない」と、木で鼻をくくるかのような答えしか返ってこない。米国と日本では対応が大きく異なっていました。「おそらく密約はあったであろう。しかしそれを裏付ける日本側の証拠がない」という状態が長く続いていたのです。ですからこの本では、核密約の報道の経緯を読者のみなさんにありのままにご説明したかったのです。

 

 

―― それが村田良平・元外務事務次官(故人)へのインタビューで、やはり核密約があったことが明らかになったわけですね。

 

2008年に村田さんが外交官時代の回顧録を出版されました(『村田良平回顧録 上、下巻』ミネルヴァ書房)。それを基に彼を取材したら、具体的な証言を得ることができました。09年5月31日に記事を出し、09年9月に誕生する民主党政権の密約調査につながりました。10年間も自身が関わってきたテーマです。それなりに自信を持って語れるし、伝える責務もあるだろうと考えました。

 

同時に、自分の報道をきっかけに、半世紀近く嘘をついてきた政府が「密約はあった。嘘はあった」と認定しました。自分の報道が一種の政策変更、民主党政権の政策決定に多少なりとも影響を与えたという点で、ジャーナリストでありながら、ある意味、歴史の当事者として重要な記録を後世のために残すことは責務であろうと実感しました。それで取材と報道のプロセスもきちんとお伝えしなければ、と思った次第です。

 

 

―― 東日本大震災があり、福島第一原発事故が起き、原発や科学技術、核や被曝の問題と、核を巡る問題が噴出しました。同時に、情報伝達や開示の問題、報道に対する国民の不信などもありました。

 

震災後、「マスコミ不信」の議論が続くなか、「何とかしなければ」という思いもありました。例えば私の母や友人など、普通に暮らしている人々から「いったいマスコミは何をやっているんだ」と言われるような状況に直面し、何とか、日々の報道活動の実態を知ってもらい、ジャーナリストも力の限りその職責を全うしようとしている姿を見ていただきたい、そのきっかけになればとの思いもあって、「秘録」を書きました。

 

ジャーナリストは自分が見たり書いたり聞いたりしたことを客観的に記すものですが、この本は核密約やトマホーク核ミサイルの退役など実際の政策現場に自分の書いた記事が一定の影響を与え、自分自身が半ば当事者的な立場に立ってしまった、そうした要素も踏まえて書き残した記録としての要素もあります。だから、客観的な事実を読者にプレゼンテーションしながら、同時に自分の思いが伝わるような書きぶりにこだわりました。

 

私小説というと語弊があり、大げさかもしれませんが、こういうスタイルで本を書いたのは初めてでした。実は最初は戸惑いましたが、書いているうちに楽しくなっていきました。「記録を残すというのはこういうことなんだなあ」と思いながら、「村田さんも楽しんで回顧録を書かれたのではないか……」などと思いをめぐらせました。いずれにしても政策決定に間接的に携わった者として、記録を残し、多くの人に読んでいただくこと、そしてジャーナリズムの信頼回復に少しでも寄与できれば……そんな思いでした。

 

 

―― 3.11の枝野幸男官房長官は「直ちに健康に影響を与えるものではない」ということを話していましたね。

 

マスコミが報じた震災情報に対する人々の不信は深刻だったのだと思います。そしてその点が「事故前からマスコミは原子力ムラと癒着していたんじゃないか」との疑念や批判につながったのではないかと考えます。実はマスコミの中にも「村」があったのではないか?つまり、原子力ムラの行ってきた説明を十分な検証もないまま、ムラの言うことを書いてきたというマスコミの「村」が実在したのではないか?世間の方々にそう思われても仕方がないかもしれません。臆測で軽々なことを言うことには慎重にならなくてはなりませんが、記者クラブに拠点を置いた取材スタイルを取るマスコミが内省すべき問題だと考えます。もちろん、私自身も含めてです。

 

α-synodos03-2

1 2 3
シノドス国際社会動向研究所

vol.222 特集:沖縄

・仲村清司氏インタビュー「変わる沖縄——失われる心と『沖縄問題』」

・宮城大蔵「静かに深まる危機——沖縄基地問題の二〇年」

・北村毅「戦争の『犠牲』のリアリティー:当事者不在の政治の行く末にあるもの」

・神戸和佳子「『わからなさ』の中でいかに語り考えるのか——沖縄をめぐる哲学対話の実践から」

・山本ぽてと「沖縄トイレットペーパー産業史」
・齋藤直子(絵)×岸政彦(文)「Yeah! めっちゃ平日」