ポリオワクチン騒動があらわにした、厚労行政の「後進性」

「神奈川県のやり方はグレーゾーン」?

 

ポリオワクチンに関する議論が盛り上がっている。ことの発端は10月15日、朝日・読売・毎日新聞、およびNHKが、神奈川県が不活化ポリオワクチンの集団接種を開始すると報じたことだ。

 

この報道に小宮山洋子厚労大臣が噛みついた。10月18日の定例記者会見で、「予防接種行政上、望ましいことだとは思わない」と持論を述べた。「不活化ワクチンには健康被害を補償する制度がない」「国民の不安をあおり、接種控えをさらに増加させる」ことが理由らしい。

 

これは失言だった。ワクチン・ラグの原因は厚労省にある。法律違反でなければ、地方自治に干渉すべきでない。黒岩知事は「危険だと分かっている生ワクチンを打てと言えるか。国がやるべきことは、直ちに不活化ワクチンを認める、それだけでいい」と応酬し、小宮山 vs.黒岩の対立が固定した。マスメディアが喜ぶ構造だ。連日のようにテレビ・新聞が報じ、多くの国民が、わが国のワクチン後進国ぶりを認識するようになった。

 

小宮山大臣、黒岩知事のいずれもマスコミ出身。その「使い方」は熟知しているだろう。ただ、圧倒的に小宮山大臣の分が悪い。状況を十分に分析することなく、厚労省の言い分をそのまま発表してしまったようだ。どうも、彼女には医療関係のブレインがいないらしい。

 

神奈川県関係者から聞いた話では、後日、厚労省は神奈川県担当者を呼び出し「叱責」したそうだ。厚労省の言い分は「神奈川県のやり方はグレーゾーン」。いかにも厚労省の医系技官が考えつきそうな屁理屈である。行政の裁量権を盾に、陰で担当者を威嚇するというやり方が医系技官の信頼を損ねてきた。ポリオワクチンも例外ではない。

 

 

予防接種行政の象徴的問題

 

ポリオワクチンは予防接種行政の問題の象徴だ。わが国は先進国のなかで唯一、生ワクチンを使用しており、毎年のようにワクチン由来のポリオが発症している。1998年から財団法人日本ポリオ研究所が単抗原の不活化ワクチンの開発に取り組み、2001年に製造承認申請を行ったものの、治験データがあまりにも杜撰であったため製品化に失敗した。海外では、フランスのサノフィ・アベンティスの子会社サノフィパスツールが1982年に不活化ワクチンを開発し、すでに世界91カ国で承認を受け、2億3000万本以上の接種実績がある。メガファーマと財団法人では話にならないようだ。

 

あせった厚労省は、国産の3種混合ワクチンを有する化血研、阪大微研、北里研、武田薬品に要請し、2002年からポリオを加えた4種混合の国産不活化ワクチンの開発検討をはじめた。しかしながら、9年経ったいまでも治験中だ。結局、2011年5月になって、サノフィパスツールが単抗原の不活化ワクチンの国内開発を開始する羽目になった。海外でどれだけ実績があったとしても、「国産」の3種混合と合わせて、現行の生ワクチンと見比べた「日本人」のデータを確認しなければならないそうだ。何のために必要なのだろうか。早ければ2012年度中に4種混合ワクチンや単抗原ワクチンの導入が見込まれているが、それも実施中の治験データの結果が良ければ、という皮算用の話にすぎない。

 

しわ寄せを食うのは子どもたちだ。厚労省によれば、01年から10年間で15人がワクチン由来のポリオを発症している。同省は100万人当たり1.4人の発症に過ぎないと主張するが、多くの専門家は氷山の一角と考えている。

 

たとえば、ロハスメディカルの堀米香奈子氏の長男は、ポリオワクチン接種後に一過性の麻痺を発症した。ポリオとは診断されていない。ポリオの会、小山万里子会長に相談したところ、「お子様に、きちんとポリオのマヒが軽度であるがあったということを記録して伝えて下さい」と助言されたそうだ。ポスト・ポリオ症候群への準備だ。この疾病は、ポリオに罹患した患者が、数十年後に突然、疲労、疼痛、筋力低下などで発症する。堀米氏の長男もリスクがある。このようにポリオの臨床像は複雑だ。ワクチン接種後、数十年も経って後遺症がでることもある。一方、わたしを含め多くの医師は、ポリオの臨床経験を持たない。正確に診断できる医師はきわめて少ないのではなかろうか。

 

 

輸入と国産、いずれが安全なワクチン?

 

はたして、輸入ワクチンと開発中の国産ワクチンのいずれが安全なのだろうか? 厚労省や医師会は、日本で治験を行い承認されたワクチンの方が安全であるという前提に立っているが、必ずしもそうとは言い切れない。それは、セービン株というポリオウイルス株を用いているからだ。セービン株は弱毒性のため、供給者側の視点では製造上の安全性が高いという利点があるとされる。成功すれば世界初のセービン株由来不活化ワクチンとなるわけだ。

 

しかしながら、これまで世界で汎用されてきたソーク株とは異なるため、臨床経験が少なく、稀に起こる副作用は分からない。また、治験に登録される被験者数は、せいぜい数百人だ。ワクチンで重大な副作用が起こるのは数万分の一以下であり、この規模の治験をやっても、安全性については十分に検証できない。むしろ、海外で汎用されてきたサノフィパスツール社製ワクチンを接種する方がリスクは少ないという考え方の方が説得力がある。

 

ポリオに関する認識が深まれば、親たちが生ワクチンを敬遠するのは当然だ。厚労省によれば、今年4-6月期にポリオ生ワクチンを接種した子どもは、前年同月比で18%減少した。一方、不活化ワクチンの個人輸入は鰻上りだ。大手個人輸入代行業者であるRHC社の取り扱いは09年と比較し、10年は9倍に増加。今年はそれをさらに上回るペースという。

 

 

 

シノドスの楽しみ方、あるいはご活用法のご案内

http://synodos.jp/info/18459

 

salon-banner_synodos-ptn11

1 2

α-synodos03-2

困ってるズ300×250

lounge

vol.209 特集:交渉/ネゴシエーション

・松浦正浩氏インタビュー「『交渉学』とは?――誰もが幸せになる問題解決のために」

・国境なき医師団・村田慎二郎氏インタビュー「人道援助と交渉――『中立・独立・公正』の実践で信頼関係を築く」

・幡谷則子「コロンビア和平プロセスの課題――新和平合意をめぐって」

・橋本努「南仏エクス・アン・プロヴァンス滞在とハン・サンジンの社会学」

・片岡剛士「経済ニュースの基礎知識TOP5」