大人には話しにくい――LGBTの子どもの学校生活といじめ

先日、文部科学省は性同一性障害の子どもたちに関する全国調査を公開しました[*1]。

 

全国の小中高を対象としたこの調査によれば、学校側に悩みを相談した子どもは分かっているだけで606人。その約6割が、希望の性での制服着用やトイレ使用などの対応を受けているとのことでした。

 

氷山の一角なのだと思います。ニュースを聞いて、自分が高校生の頃だったらと思いました。自分が高校生の頃だったら、今回の調査に先生はきちんと「うちの学校にもいる」と答えたのだろうか、と。

 

私も性同一性障害の診断を持っている一人として、子ども時代には制服やトイレで苦労した経験があります。高校の頃、毎日セーラー服で通学することが耐えきれなくなって先生にも相談しました。「それは今テレビとかでやっているからねぇ」とお茶を濁した先生は、言外に「大人になれば変わるよ。思春期の一過性のものでしょ」と言いたいようでした。このように「なかったことにしてしまう」先生は今もたくさんいることでしょう。性同一性障害や、それに近い困りごとを持つ子どもは全国に数十倍存在するかもしれません。しかし、今回606名もの子どもの声を大人がキャッチできたということを評価したいと思います。

ところで、今回の文部科学省の調査は性同一性障害にのみ特化したものですが、子ども時代に学校で孤立感や困りごとを抱えやすいのは、実はLGBT[*2]などのセクシュアル・マイノリティ全般に共通して言えることです。

 

私が共同代表を務める「いのち リスペクト。ホワイトリボン・キャンペーン」では、今年5月にLGBT全般を対象とした学校生活の実態調査を公開しました。これまで性同一性障害や同性愛・両性愛男性に対する調査は存在したものの、LGBT全体で学校生活に関して数百人規模の調査が行なわれたのは国内初です。本稿では、当団体の調査結果をもとにLGBTの子どもたちの現状について一緒に考えていきましょう。

 

[*1] 性同一性障害:学校に相談606人 文科省初調査(毎日新聞 2014年06月13日) http://mainichi.jp/select/news/20140614k0000m040056000c.html

 

[*2] LGBTについて詳しく知りたい方はこちらもご参考に セクシュアル・マイノリティ/LGBT基礎知識編 http://synodos.jp/faq/346

 

 

LGBTの子どもたち全体に視野を広げると……

 

2013年末に実施された「LGBTの学校生活実態調査」はインターネットを通じて回答を呼びかけたアンケート調査で、

 

 

・LGBT当事者であること
・10歳以上35歳以下であること(2013年末時点)
・関東地方で小学校~高校生の間を過ごしたこと

 

 

の3条件に該当する609名から回答を得ました。

 

調査の報告書全文はこちら(http://endomameta.com/schoolreport.pdf)から読めます。関東に限定したのは、この調査を東京都自殺対策緊急強化補助事業の枠組みの中で実施したためです。本当は全国規模でやりたかったのですが、規模の拡大は今後の宿題という形になりました。

 

結果からは、主に次のことがわかりました。

 

(1) 自分自身がLGBTかもしれないことを、小学校~思春期の頃に大半が自覚する。しかし、男子5割、女子3割は小中高にわたってだれにもそのことを話せなかった。

(2)カミングアウトの相手は大半が同級生で、教員や親などの大人を選ぶ割合は低い。

(3) 全体の7割がいじめを経験し、その影響によって3割が自殺を考えた。またLGBTをネタとした冗談やからかいを84%が見聞きした。

 

 

以下、ひとつずつ検証していきましょう。

 

 

子どもたちは「話しにくさ」を抱えている

 

(1) 自分自身がLGBTかもしれないことを、小学校~思春期の頃に大半が自覚する。しかし、男子5割、女子3割は小中高にわたってだれにもそのことを話せなかった。

 

 

「自分はなんだか周りの友達とは違うのかも」「同性が好きかもしれない」「異性に興味が持てない」「男子や女子に振り分けられるけど、なんか居心地がわるい」など、自分自身がLGBTかもしれないことに気がついた時期は、LGBの場合には小学校6年生~高校1年生のいわゆる思春期、性別違和のある「男子」(MTF,MTXなど。本稿での「男子」「女子」の表記は、学校文化において「男子」「女子」として扱われているかどうか≒出生時の性別を基に統一します)では、小学生の時期が最多でした。

 

学校にいる時期から、なんとなく「周りと違うかも」と思ったり、あるいははっきりと「自分はゲイだ」「トランスジェンダーだ」などの自覚を持ったりする子どもが大半であることがここでは示されています。

 

しかし、そんな彼らに「小学生から高校生の間に、自分がLGBTであることをリアルで話した相手の人数」について質問したところ、「だれにも言えなかった」と回答したのは実に「男子」53%、「女子」31と、相当な割合に上ったのです。

 

 

graph2

 

 

誰かに話したという場合でも、最多は1~4人。話した人数が10人未満だったという回答者が全体の8割以上を占めます。LGBTであることを誰かに話さなかった理由は「理解されるか不安だった」が約6割。「話すといじめや差別を受けそうだった」も「男子」では約6割と高率でした。

 

LGBTの子どもたちにとって、自分の性について誰かに伝えること(カミングアウト)がいかに難しいことなのか、特に「男子」の場合には「女子」よりもいじめや差別への恐怖が強く、ひとりで抱え込みやすいことが推測されます。【次ページにつづく】

 

 

 

◆◆シノドス・ラウンジに参加しませんか?◆◆

 

 

 

lounge

1 2

困ってるズ300×250

α-synodos03-2

vol.204 特集:都市再生

・木村幹夫×飯田泰之「不動産情報はウソをつけない!?――登記簿情報から読み解く、空き家、相続、ニュータウン、AI利用」
・木曽崇「都市の経済的価値を高めるナイトタイムエコノミー」
・久繁哲之介「市民・顧客は『攻略する対象でなく、協働する仲間』――競わない地方創生」
・田中友章「都市再生プロジェクトへの景観法の活用」
・富井規雄「電車はなぜ遅れるのか?――都市における電車の遅延メカニズムとその対策」