「Synodos International」のご案内

7291688396014

 

 

Synodos Internationalとは?

 

Synodos Internationalでは、国内外を問わず日本語話者(日本人、日本への留学生、海外留学中の日本人、海外で日本語を学んでいる人など)を募り、月1回ペースでそれぞれがテーマを持ち寄り、オンラインで1~1時間半ほどのディスカッションを行います。

 

 

Synodos Internationalが目指すこと

 

海外の大学では、大学の授業をはじめ、ディベートサークルや、模擬国連サークルなどを通じ、日ごろからディスカッション能力が鍛えられています。一方で、日本では、気軽に学生や若い世代が社会問題を議論する場は少ないと言わざるを得ません。

 

Synodos Internationalは、国際的に日本語話者の参加を募り、定期的にそれぞれが関心を持つテーマを持ち寄り議論する場を設けることで、参加者のディスカッション力の向上を目指します。こうした活動は、参加者の国際感覚を育てるとともに、ひいては日本語の国際的なプレゼンスを高めることにもつながります。

 

ぜひ、多くの方にご参加いただき、日本語での言論をよりよいものにしていければと思います。

 

 

Synodos Internationalのコンテンツ

 

・月1回、1~1時間半のオンラインディスカッション

・Facebookグループを通じての交流

・電子マガジンαシノドスの配信(月2回)

・3か月に1回程度のオフ会(参加費別途自費)

ほかにも参加者のアイディアにもとづいて、いろいろな企画を立てていきたいと思います。

一緒にSynodos Internationalを作っていきましょう!

 

 

オンラインディスカッションについて

 

・各回、代表者が事前にテーマとそれについて他の参加者に聞きたい質問を3~4個ほど考え、Facebookグループで共有します。(初回はシノドススタッフがテーマを提案します。)

・参加者は、それぞれ関連テーマについて、簡単に自分の意見をまとめておきます。

・ディスカッション当日は、代表者がモデレーターとなり、1~1時間半程度の意見交換を行います。

・ディスカッションには、スーパーバイザーとしてシノドススタッフが参加します。

・ディスカッションは、Skypeのグループ通話(あるいはFBのビデオチャット)で行います。

・ディスカッション実施予定日は毎月第2土曜日の日本時間18時を検討しています(参加者の意向も踏まえて決定します)。

・今後メンバーが増えた場合には、月に複数回実施することを検討しています。

 

 

Facebookの利用について

 

・Facebookでは、次回のテーマや議論内容について共有します。

・その他、参加者に聞きたいことや、興味深い情報の共有など、コミュニケーションのプラットフォームとしてFacebookを利用します。

 

 

αシノドスの配信について

 

・シノドスが月に2回(1日・15日)に配信しているαシノドスをご登録メールアドレスに配信します。

※αシノドスの詳細はこちらをごらんください。

 

 

オフ会について

 

・日程を合わせて、定期的に希望者を対象にオフ会を開催します。

・海外在住の方も参加しやすいよう、長期休暇の時期などに実施する予定です。

・オフ会への参加費は、別途自費でお願いいたします。

 

 

Synodos Internationalで得られること

 

・世界中の日本語話者が集まり、さまざまなテーマを議論できる。

・代表者としてのテーマ設定、モデレーターの経験を通じて、グループディスカッションでリーダーシップをとる経験がつめる。

・日本語でのディスカッション能力の向上

 

 

参加費

 

1620円(1500円+消費税)/月

 

 

参加までの流れ

 
・ 参加をご希望の方は下記のお申込みボタンよりお申込みをしてください。 
・ 決済の確認が取れ次第、クローズドのFacebookグループにご招待いたします。 

※まずは様子を見てみたい!という方は、1か月のFacebookグループお試し参加が可能です。(グループ参加1か月以内にお振込みがない場合、グループからは退会していただきます。)

ご希望の方は、masuda@synodos.jpまでメールアドレスをご連絡ください。Facebookグループへのご招待をお送りいたします。

 

synodos_international_banner

 

 

ご質問連絡先

 

株式会社シノドス  
編集・渉外担当 増田穂(ますだ・みのり)

 masuda@synodos.jp

(ディスカッションにはモデレーターとして参加します。)

 

1989年東京生まれ。
2013年 アベリストゥイス大学国際政治学部戦略学科(英国)卒業
2015年 マンチェスター大学大学院平和紛争学(英国)卒業(Distinction)
2016年より「アカデミックジャーナリズム」を掲げるシノドスにて、編集・渉外を担当。国際政治問題から国内福祉課題、天文研究普及の記事など幅広く編集をしている。プライベートでも学者と一般市民や国家間にある知見の「壁」を超えるべく、ブログなどで活動中。

 

 

 

 

シノドスを応援してくれませんか?

 

人々はますますインターネットで情報を得るようになっています。ところが、ウェブ上で無料で読めるのは、信頼性の低い記事やエンタメ記事ばかり。そんなウェブ環境に抗うべく、誰でも自由にアクセスできる本当に価値ある記事を、誠実に配信していきます。そうしたシノドスの活動を持続的なものとするために、ぜひファンクラブ「SYNODOS SOCIAL」のパトロンになってください。⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

 

無題

 

・人文・社会科学から自然科学、カルチャーまで、各界の気鋭にじっくりインタビュー
・報道等で耳にする気になるテーマをQ&A形式でやさしく解説
・研究者・専門家たちが提案する「こうすれば●●は今よりもっとよくなるはず!」

・人類の英知を伝える「知の巨人」たち
・初学者のための「学びなおしの5冊」

……etc.  

https://synodos.jp/a-synodos

1
 
 
シノドス国際社会動向研究所

vol.238 特集:尊厳を守るために

・荻上チキ氏インタビュー「学校空間をもっと自由に――いじめを減らすために本当に必要なこと」

・【天皇制 Q&A】河西秀哉(解説)「『権威』と『象徴』の狭間で――天皇制を問い直す」

・【今月のポジ出し!】畠山勝太「こうすれば民主主義はもっと良くなる」

・齋藤直子(絵)×岸政彦(文)「『Yeah! めっちゃ平日』第十一回」