シノドス英会話のご案内――英語の「話し方」を基礎から徹底的にお教えします

「いろいろな国の人と英語でビジネスがしたい。」「海外旅行先で、現地の人と英語でコミュニケーションを取りたい。」「外国から日本に来た人たちを、英語でおもてなししたい。」

 

こうした思いをもってみなさんは、これまでさまざまな英会話学習法を試してきたと思います。学習した成果はいかがでしたか? 

 

片言は話せるのだが、言いたいことがうまく言えない。外国人に急に話しかけられるとフリーズしてしまう、という方が多いのではないでしょうか。TOEICで高得点を取っている人でも、「英会話は苦手です」というのが、悲しいことに現実です。

 

巷には、本当にたくさんの英会話学習法があります。

 

瞬間英作文の訓練で、その場で高速で日本語を英訳できるようになろうとか、英語フレーズを暗記して、各シチュエーションに応じてそれらをカードのように使いこなそうとか、シャドーイングによってネイティブのナチュラルなリズムとアクセントを身につけようとか。

 

あるいは、英会話スクールやオンラインでレッスンを受けて、とにかくネイティブと話すのが近道、習うより慣れろだとか。英語を聞き流していれば、ある日、突然、英語が理解できるようになるだとか。はては英語を話すには「英語脳」をつくる必要があるのだから、日本語で考えてはいけない、などという学習法もあります。

 

みなさんの中には、こうした学習法を試したことがある人も多いかと思いますが、はたしてそれで英会話ができるようになりましたか?

 

英会話ができるというのは、たとえば、ビジネスシーンで以下のような文章をストレスなく英語で話せることです。

 

「先日ご提案いただいた企画書ですが、社内で検討させていただいた結果、いくつか疑問点が上がりました。本日はそれについて質問させていただけますと幸いです。」

 

旅先で現地の人に感想を求められて。

 

「ウィーンに来たのは初めてですが、前からとても楽しみにしていたクラシックのコンサートを聞けて、とてもうれしいです。」

 

いかがでしょうか? みなさんはスラスラ英語で言えましたか?

 

みなさんが英会話を身につけたいと思うとき、それは「相手との会話の中で、伝えねばならないこと、あるいは、そのとき思ったこと、感じたことを、正確に伝えられる」ようになりたい、ということではないでしょうか。

 

では、この能力を身につけるにはどうすればよいのか?

 

スポーツで考えてみましょう。まだ習い始めたばかりなのに、いきなりプロのレベルのトレーニングをすることはないですよね。それぞれのスポーツで必要とされる基礎を習うところから、まずははじめるはずです。英会話もまったく一緒です。ところが、こと英会話に関しては、このレベルのトレーニング方法を提供してくれる学習法が実はほとんどないのです。

 

これまでみなさんが触れてきた英会話学習法を思い出してみてください。発音や文法、英語フレーズを教えるものはあっても、英語の「話し方」を教えてくれるものはありましたか? シノドス英会話では、この英語の「話し方」を基礎から徹底的にお教えします(もちろん、文法や発音、英語フレーズについても併せて学習します)。

 

日本人にとって英会話が難しいのは、英語ネイティブとはそもそも「モノの見方」が異なっているからです(たしかに「英語脳」というのは正しいのです)。それゆえ、まずは、われわれが日本語を話すとき、どのように話しているのかを理解する必要があります。その上で、それが英語を話すという行為と、どれほどかけ離れているかを確認せねばなりません。

 

ほとんどすべての方が誤解しているのですが、「英語脳」がしていることは、ただ文法に則って英語を組み立てることではありません。いくら文法を学習しても、英語を話せるようにならないのはそのためです。

 

そもそも私たちは、完全な文章を作ってから話しているわけではありません。日本語を話すときのことを思い起こしてみてください。頭に浮かんだことを口に出して、つなげていっていますよね? 文章を作って話すのではなく、話しながら文章を作ります。英語もまったく一緒です。

 

にもかかわらず、英語を話そうとする場合、多くの学習者がまず日本語で文章を作って、それを英語に訳そうとしています。しかし、このように文章を作ろうとすること自体が、自然に会話をすることを妨げてしまうのです。英作文の訓練やフレーズの暗記をいくらしても、英会話ができるようにならないのはこのためです。

 

また、日本人の「モノの見方」と日本語脳の働き方を知らない英語ネイティブは、日本人が「どこで」「なぜ」躓いているのかを理解できないため、日本人に英語の「話し方」を教えることはできません。

 

シノドス英会話を立ち上げるにあたって、数多の英会話学習法を調査し、また実際に試してみましたが、大人向けのトレーニングで満足いくものは、いくつかの例外を除いてほとんど存在しない、というのが結論です。

 

では、いったい何をすれば英語が話せるようになるのか? シノドス英会話でお教えするのは、このためのロジックとトレーニングです。

 

どの英語学習法をやってもダメだったという人、あるいはもっとも効率的に英会話学習をしたいという人、ぜひシノドス英会話をお試しください。みなさんの英会話力を分析した上で、なぜ英語が話せないのかの原因を特定し、課題を解消するためのトレーニングを行ないます。

 

言いたいことが英語で言える。確実にこのような状態まで導きます。英語を話そうとするとフリーズしてしまう方、6ヶ月で結果を出します!

 

【シノドス英会話】

●トレーナー:芹沢一也(シノドス代表・編集長、シノドス英会話主宰)

 

●料金:50,000円(ひと月・税抜き)

 

●トレーニング期間:6カ月程度(目標によって前後します)

※3カ月速成コースもございます(週2回のコーチング)。お問い合わせください。

 

●進め方:週に1回、1時間程度のマンツーマンでのコーチングと、自宅での1日30分程度の課題克服トレーニング。

※教室の最寄り駅は三軒茶屋、ズームでの受講も可能です。コーチングの日時はご相談のうえ、決定いたします。

 

【体験トライアル】

●本格的に開始する前にいちど体験したいという方には、第1回目のコーチングをお受けいただくことが可能です。そこでシノドス英会話の方法論を解説し、みなさんの英会話力を診断した上で、克服すべき課題をお教えします。料金は1万円(税抜き)となります。

 

【お申込み】

info@synodos.jpまで、あるいはhttps://synodos.jp/contactからお問い合わせください。

 

 

 

 

知のネットワーク – S Y N O D O S –

1
 
 
シノドス国際社会動向研究所

vol.273 

・山本貴光「語学は裏切らない――言語を学び直す5冊」
・片岡栄美「趣味の社会学――文化・階層・ジェンダー」
・栗田佳泰「リベラリズムと憲法の現在(いま)と未来」
・渡邉琢「介助者の当事者研究のきざし」
・松田太希「あらためて、暴力の社会哲学へ――暴力性への自覚から生まれる希望」
・穂鷹知美「スイスの職業教育――中卒ではじまる職業訓練と高等教育の役割」