『天空の蜂』試写会に、シノドス読者をご招待いたします!

【シノドスに参加しよう!】

▶メールマガジン「αシノドス」

 https://synodos.jp/a-synodos

▶セミナー「シノドス・サークル」

 https://synodos.jp/article/20937

▶ファンクラブ「シノドス・ソーシャル」

 https://camp-fire.jp/projects/view/14015

作家としての飛躍を目指した東野圭吾、最大の勝負作。

史上最悪の原発テロに迫るクライシス・サスペンス超大作を堤幸彦監督が完全映画化。

 

爆薬を積んだ超巨大ヘリが原発に墜落するまで、タイムリミットは8時間。

大切なものを守り抜くために――命を懸けたカウントダウンが、始まる。

 

 

1995年8月8日。最新鋭の超巨大ヘリ《ビッグB》が、突然動き出し、子供を一人乗せたまま、福井県にある原子力発電所「新陽」の真上に静止した! 遠隔操縦によるハイジャックという驚愕の手口を使った犯人は〈天空の蜂〉と名乗り、“全国すべての原発の破棄”を要求。従わなければ、大量の爆発物を搭載したヘリを原子炉に墜落させると宣言する。 機内の子供の父親であり《ビッグB》を開発したヘリ設計士・湯原(江口洋介)と、原子力発電所の設計士・三島(本木雅弘)は、上空に取り残された子供の救出と、日本消滅の危機を止めるべく奔走するが、政府は原発破棄を回避しようとする。燃料が尽きてヘリが墜落するまで、残された時間はたった8時間――姿の見えない敵との緊迫の攻防戦が始まった。

 

その頃愛知県では、《ビッグB》と原発を開発した錦重工業に、家宅捜索が入っていた。総務課に勤める三島の恋人・赤嶺(仲間由紀恵)は、周囲に捜査員たちが押し寄せる中、密かに恋人の無事を祈る。一方、事件現場付近で捜査にあたる刑事たちは、《ビッグB》を奪った謎の男(綾野剛)の行方を追跡。聞き込みを続けるうちに、ある意外な真相へと辿り着いていく――。

 

 

天空01

 

 

『天空の蜂』試写会に、35組70名様をご招待いたします!

 

■スケジュール

日時:8月22日(土) 16:00開場、16:30開映(上映時間 2時間18分)

場所:松竹株式会社3F試写室(東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル3F)

都営地下鉄(都営浅草線)東京メトロ(日比谷線)6番出口 徒歩1~2分

http://www.shochiku.co.jp/company/about/office/map_tokyo.html

 

※開映時間を過ぎますと入場ができなくなりますのでご注意ください。

※試写時にお客様アンケートを実施させていただきます。ご協力のほど、あらかじめご承知をお願いいたします。

※満員の際は、消防法によりご入場をお断りいたします。予めご了承下さい。

※イベント会場では、スタッフの指示に従ってください。

※非売品につき、本メールの転送や、金券ショップ・ネットオークションなどで売買する行為は違法となります。

※上映に際し、会場内の撮影や録音はおやめください。

 

 

■お申込み

present1@shochiku.co.jp へ、件名「『天空の蜂』SYNODOS読者試写会」とご明記の上、「お名前」「人数」「ご住所」「お電話番号」「メールアドレス」をお書きいただき、お申込み下さい。

当選者の発表は、当選メールの発送をもってかえさせていただきます。

 

■『天空の蜂』公式サイト

http://tenkunohachi.jp/

 

 

『天空の蜂』9月12日(土)全国ロードショー

 

江口洋介、本木雅弘、仲間由紀恵、綾野剛、柄本明、國村隼、

石橋蓮司、佐藤二朗、向井理、光石研、竹中直人、

やべきょうすけ、手塚とおる、永瀬匡、松島花、落合モトキ、石橋けい他

 

監督:堤幸彦

原作:東野圭吾「天空の蜂」講談社文庫

主題歌:秦基博「Q & A」(オーガスタレコード/アリオラジャパン)

脚本:楠野一郎

音楽:リチャード・プリン

配給:松竹

(c)2015「天空の蜂」製作委員会

 

 

ポスター0623

 

 

知のネットワーク – S Y N O D O S –

 

 

1
 
 
シノドス国際社会動向研究所

vol.265 

・大賀祐樹「こんな「リベラル」が日本にいてくれたらいいのに」
・結城康博「こうすれば介護人材不足は解決する」
・松浦直毅「学び直しの5冊〈アメリカ〉」
・山岸倫子「困窮者を支援するという仕事」
・出井康博「「留学生ビジネス」の実態――“オールジャパン”で密かに進む「人身売買」」
・穂鷹知美「ヨーロッパのシェアリングエコノミー――モビリティと地域社会に浸透するシェアリング」
・鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(9)――「シンクタンク2005年・日本」第一安倍政権崩壊後」