教育の国際性向上に向けて――国際バカロレアへの期待とイギリスからの示唆

はじめに   皆さんは、「国際バカロレア(IB)(注1)」という大学入学資格および教育プログラムをご存知だろうか。筆者の勤務校の講義で尋ねると、手をあげるのはつねに2、3人である。IBとは、1968年にスイスで設立された非営利団体およびその団体が開発しているK-12向けのカリキュラムのことである。そして、IBの特徴の一つがその「国際性」である。IBのカリキュラムは国際的に広く認知されており、その卒業資格は各国の大学入学者選抜において大学入学資格として認められている。そのため、外交官やグローバル企業の子弟など、国際的に活躍する人材の子弟が多く学んでいる。   (注1)「国際バカロレア」の正式名称はインターナショナル・バカロレア(International Baccalaureate)であり、略して「IB(アイ・ビー)」と呼ばれる。   日本の大学生の認識が示すよ … 続きを読む 教育の国際性向上に向けて――国際バカロレアへの期待とイギリスからの示唆