仮設住宅団地のリーダーから見えてくるもの

地震や津波によって家屋が半壊、あるいは全壊した被災者は、避難所や仮設住宅に入居をして生活を送ることになる。慣れない住まいで、見知らぬ人々と明日をもしれぬ生活を送らねばならない非常に過酷な状況において、その地区を取り仕切るリーダーの重要性は計り知れないものがある。仮設住宅団地でリーダーを務める人々に、震災発生から今日までどのような活動をしてきたのかを振り返っていただき、本震災における防災・支援の改善点を探す。(構成/金子昂)

 

 

参加者の自己紹介

 

荻上 復興アリーナでは、東日本大震災におけるさまざまな立場の方の取り組みを取材し、被災地にはいま何が不足しているのか、今後の災害に役立つ課題や教訓は何かといった問題を検証していきたいと思っています。

 

今回は、宮城県石巻市の仮設住宅で自治会の会長や役員をつとめる四名の方にお集りいただき、仮設のリーダーの立場から見えてくる課題について、座談会形式でお話を伺いたいと思います。まずは皆さんの自己紹介をお願いできればと思います。

 

阿部 西支部の副会長と河南の長塚前団地の副会長をしています、阿部光夫です。これまで副会長として、会長さんを支えるかたちで、団地の声をできるかぎり拾い上げてきました。いまはラジオ体操など、子どもたちのためになにかできないか考えているところです。

 

齊藤 齊藤秀樹です。石巻の仮設団地では、東西南北に地区をわけて、主要な場所に事務局をおいていますが、その西支部の事務局長と、押切団地の自治会長をしています。団地に住む皆さんが新しい出発を向けられるまで、各団地との情報共有や悩み相談、ボランティアの紹介などをしています。

 

中野 中野信行です。基本的には開成の一団地の自治会長をやらされています。「やらされている」というのは、正直、最初は自治会に興味がなかったんです。市役所から話がきたのですが、そのときは、自治組織なんてなくても自然とうまくいくと思っていて、否定していたんですね。

 

ただやはり、住んでいる人たちが全員いい人というわけではなく、徐々にいろいろな問題が発生して、ルールが必要になってきて。というわけで、いまでも自治会長をしています。

 

自治会長になった途端に、他の会長さんから、自治会長が集まる連合会があると知らされました。やはり横の繋がりが持つほうが情報の共有がスムーズにいくと思い、自治連合会に加盟しました。いまは147の仮設団地があり、自治連合会に正規に加盟しているのは28団地。今月末には32団地になる予定です。

 

これだけ多くの会長さんや役員さんが集まると、収拾がつかなくなってしまいます。そのため、今年度の早い段階で各エリアにわけることになりました。団地によって抱えている問題は違います。

 

開成や南境は、まわりに街場がありません。地盤の弱い団地もあれば、カビの生えやすい団地もあります。団地ごとにニーズが違ってくるんですね。それらをすべて連合会全体で共有していてはきりがない。というわけで、ひとまず4つの支部にわかれてそれぞれで話し合いをし、必要な場合は連合会で話し合うようになりました。先月まではその中央支部の副支部長をしていましたが、いまは事務局長を務めています。

 

山上 山上勝義です。私は震災の翌日、中央にあった昭和会で、会長代行として炊き出しなどをしていました。しかし5月あたりから、昭和会で炊き出しや配給をするのが厳しくなってきて。とはいえ町の状態や被災者の声を聞いていると投げ出すわけにもいきません。そこで新たに中央救済会というものを立ち上げ、11月10日の配給打ち切りまで活動をしてきました。

 

自宅が全壊していたため、その後は南境第七団地の仮設住宅に入りました。そのときに、いままでの実績を買われて、市役所に「自治会を立ち上げてくれ」と頼まれたんです。いまは規模の大きい団地の自治会ということもあって、正直、皆さんとうまく連携が取れず、苦労している状態です。気が付いたら連合会の副会長になっていて、中央ブロックの支部長もしています。

 

齊藤 私の場合、ボランティアからの推薦と、市から経験を買われ、いつの間にか決まっていましたね。最初は「嫌です」と断ったのですが、「もう要請書を出してしまったので」と言われ、あきらめて引き受けることにしました(笑)

 

山上 中央で散々みんなの手伝いをしてきて、仮設に移ってようやく自分のことができると思ったら、まったく逆でしたね(笑)

 

齊藤 そうそうそう。

 

中野 やっぱり、みんなそう思いますよねえ。のんびりできない。

 

 

中野信行さん

中野信行さん

 

 

シノドスの運営について

 

シノドスは日本の言論をよりよくすることを目指し、共感してくださるみなさまのご支援で運営されています。コンテンツをより充実させるために、みなさまのご協力が必要です。ぜひシノドスのサポーターをご検討ください。

⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

98_main_pc (1)

 

 セミナー参加者募集中!「対話/ダイアローグから見た精神医学」植村太郎(12月16日16時~18時)

 

 

無題

 

vol.233 公正な社会を切り開く 

 

・ジェームズ・ミニー氏、鈴木啓美氏インタビュー「もっと楽しいお買い物を目指して――フェアトレードの魅力」

・【「民主」と「自由」――リベラルの再生へ向けて――】古川江里子「大正デモクラシーと吉野作造 ―大日本帝国憲法下での民主主義的政治の試みが現代に問うもの」

・【知の巨人たち】重田園江「ミシェル・フーコー――なぜ『絶望系』なのに読んでしまうのか」

・阪井裕一郎「学びなおしの5冊 <家族>」

 

vol.232 芸術にいざなう 

 

・吉澤弥生氏インタビュー「人をつなぐ芸術――その社会的評価を再考する」

・【現代演劇 Q&A】長瀬千雅(解説)「時代を捕まえるダイナミクス――現代演劇事始め」

・【今月のポジ出し!】橋本努「タックス・ヘイブン改革 香港やシンガポールにも圧力を」

・増田穂「『知見』が有効活用されるために」

 

1 2 3 4 5
シノドス国際社会動向研究所

vol.233 特集:公正な社会を切り開く

・ジェームズ・ミニー氏、鈴木啓美氏インタビュー「もっと楽しいお買い物を目指して――フェアトレードの魅力」

・【「民主」と「自由」――リベラルの再生へ向けて――】古川江里子「大正デモクラシーと吉野作造 ―大日本帝国憲法下での民主主義的政治の試みが現代に問うもの」

・【知の巨人たち】重田園江「ミシェル・フーコー――なぜ『絶望系』なのに読んでしまうのか」

・阪井裕一郎「学びなおしの5冊 <家族>」