特集:サイレントマジョリティ/ノイジーマイノリティ

1.山口真一×飯田泰之 炎上は声なき声を代弁しているか――『ネット炎上の研究』著者、山口氏と語る   「炎上」に参加するノイジーマイノリティの存在と受動的なマジョリティという構図をとらえた注目の本、『ネット炎上の研究』著者・山口真一氏と経済学者の飯田泰之氏による対談。批判が増幅するネットコミュニケーションの現状と課題について語り合います。   ◇炎上は少人数で行われている   飯田:経済学者って理論的な話が好きな一方で、具体的な話にコミットするのを嫌がりがちですよね。具体的な事例の中でも、オークション理論などは論理的なのでみんな好きなのですが、ある意味理屈じゃない部分が含まれる「炎上」について経済学者が触れることはこれまでありませんでした。   山口:そうですね。日本ではあまりポピュラーじゃないかもしれません。実は、2014年には、経済学の有名紙「A … 続きを読む 特集:サイレントマジョリティ/ノイジーマイノリティ