趣味の知識がビジネス力に――21世紀のビジネスで本当に必要なこと

はじめに   新年度最初のαシノドスは「若者と雇用」が特集です。今年も入社式を迎えた大勢の若者が社会人として新たなスタートを切ります。確実に人手不足が進む経済状況のなか、今後私たちはし「就労」をどのように捉えていくべきなのでしょうか。豊かな生活を送るための働き方についてのヒントを、飯田泰之先生に伺いました。   第2稿は、脱植民地時代の思想家フランツ・ファノンを取り上げます。植民地化という支配と従属の構造を打ち破るべく、欧州をモデルとしない共生の在り方を模索したファノン。現代でも人々を引き付ける彼の理論、そして理念を中村隆之氏が読み解きます。   つづいては、連載「知の巨人たち」です。今回は、社会学の巨匠、マックス・ウェーバーを取り上げます。近代合理主義の特徴を多角的に捉え、またその合理主義が生む闇を鮮明に描きだしたウェーバー。現代人が乗り越えるためのヒントに … 続きを読む 趣味の知識がビジネス力に――21世紀のビジネスで本当に必要なこと