SYNODOSリニューアルに寄せて

2013年4月3日、ウェブサイト「シノドス」をリニューアルいたしました。

 

2010年6月よりスタートした「シノドスジャーナル」では、これまで数多くの記事を配信して参りましたが、

これより記事の配信は「シノドス」に引き継がれることになります。

 

より多くの方に参照され、議論を前へと進めていくために、いっそう力をいれて発信しつづけていきたく思います。

 

応援の程、よろしくお願い致します!

 

                          シノドス編集長・荻上チキ

 

           

α-Synodos ―― 荻上チキ責任編集 「知の最前線」を切り開く電子マガジン

 

数多の困難に次々と直面している現代社会。しかし、それを語り解決するための言葉は圧倒的に不足しています。

わたしたちシノドスは、こうした言説の供給不足を解消し、言論のかたちを新たなものへと更新することを使命としています。

「αシノドス」はそんなシノドスが提供する電子マガジンです。

 

◆「シノドス」と「αシノドス」は何がちがうの?

日刊メディアである「シノドス」では時事問題に応答すべく、「いま」必要な知識を供給することを目的としています。

対するαシノドスでは、「シノドス」で扱った問題をより学問的に深く掘り下げる「+αな知と情報」を提供します。

さらに、「αシノドス」では領域横断的な専門家たちの対話を提供するなど、

進行形で拡大しつづけている「知の最前線」に触れることができます。

 

人文・社会科学から自然科学、そしてカルチャーまで、各領域の最前線に立つ論者たちから現代を読み解くための「知」を、

毎号、新書並みのボリュームと新書以上の速度感でお届けします。月額525円(税込)、月2冊(1日、15日)の配信です。

 

https://synodos.jp/a-synodos

 

 

SYNODOS新書 ―― いまあなたが必要としている「知」を

 

シノドス新書は、電子マガジン「αシノドス」が提供している各領域の専門家による数々の論考や対談を、

新たな切り口から再編集した電子書籍です。

いまあなたが必要としている「知」を、1冊315円(税込)でお届けします。

多種多様なラインナップと凝縮された最先端の知をお楽しみください。

 

https://synodos.jp/a-synodos

 

 

 

 

シノドスのコンテンツ

 

●ファンクラブ「SYNODOS SOCIAL」

⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

 

●電子メールマガジン「αシノドス」

⇒ https://synodos.jp/a-synodos

 

●少人数制セミナー「シノドス・サークル」

⇒ https://synodos.jp/article/20937

 

 

 

 

1
 
 
シノドス国際社会動向研究所

vol.2019.4.15 

・打浪文子「知的障害のある人たちと「ことば」」

・照山絢子「発達障害を文化人類学する」
・野口晃菜「こうすれば「インクルーシブ教育」はもっとよくなる」
・戸谷洋志「トランスヒューマニズムと責任ある想像力」
・濵田江里子「「社会への投資」から考える日本の雇用と社会保障制度」
・山本章子「学びなおしの5冊 「沖縄」とは何か――空間と時間から問いなおす」
・鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(6)――設立準備期、郵政民営化選挙後」