タコ! この謎多き生き物――『タコの才能 いちばん賢い無脊椎動物』(高瀬素子)他

【シノドスに参加しよう!】

▶メールマガジン「αシノドス」

 https://synodos.jp/a-synodos

▶セミナー「シノドス・サークル」

 https://synodos.jp/article/20937

▶ファンクラブ「シノドス・ソーシャル」

 https://camp-fire.jp/projects/view/14015

『タコの才能 いちばん賢い無脊椎動物』(太田出版)/キャサリン・ハーモン・カレッジ 高瀬素子訳

 

イカとタコ――足が沢山ある共通点によって、そしてその美味しさによって、今まで社会を二分する派閥闘争を繰り広げてきた。しかし、昨今、ダイオウイカが大きな注目を浴び、イカ派が優勢の展開だ。あんなに大きなイカに勝てっこない……多くのタコ派がうなだれていた。

 

そんな中、タコ派にとって救世主のごとく現れた本がある。タコの魅力をたっぷりと教えてくれるノンフィクション『タコの才能』だ。本書ではタコの捕まえ方、タコの食べ方、タコの習性、タコと人類の歴史、タコにまつわる文化など、タコに関する様々な事柄が網羅されている。

 

タコとイカは似ているようで、ちょっと違う。足の数だけではなく、群れで泳ぎ回るイカに比べ、タコは単独で行動する。巣穴に一人暮らしをして、空き缶や瓶を持ち込み、部屋の飾りつけする。一人で楽しむことのできる、ひとり上手だ。

 

さらに、吸盤付きの器用な腕を使った狩りの達人で、仕事のできるタイプ。学習すれば縦棒と横棒の違いも区別できるし、瓶のふたを開けたり、パズルを解くのは朝飯前、そこはかとない知性を感じる。人間の顔も識別でき、意地悪をした翌日、口から水をピューと噴き出し抗議する、なかなかかわいらしい一面も持ちあわせている。(しかも、美味しい!)

 

なによりも魅力的なのは、タコに魅了された生物学者の多大な情熱と、何百万ドルの研究費をもってしても、タコの生態がまだ謎に包まれている点である。読み進めていくうちに、「ああ、タコのこと、分かったつもりでいたけど、全然知らなかった。もっと知りたい!」と意外な一面と謎多き生態にドキドキしてしまうことだろう。

 

タコ派だけではなく、イカ派のみなさんもぜひ本書を手に取ってもらいたい。タコの奥深い才能は、あのうにょうにょした手足のように無限に広がり、すっぽりと我々を捉えて離さない。きっとタコのことがすっかり好きになってしまうはずだ。(評者・山本菜々子)

 

 

AWS Access Key ID: AKIAJSA5SEKND2GVG7TA. You are submitting requests too quickly. Please retry your requests at a slower rate.

 

 

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.264 

・畠山勝太「こうすれば日本の教育はよくなる」
・穂鷹知美「マスメディアの将来――マスメディアを擁護するヨーロッパの三つの動きから考える」
・大賀祐樹「リチャード・ローティ」
・西山隆行「学び直しの5冊〈アメリカ〉」
・知念渉「「ヤンチャな子ら」とエスノグラフィー」
・桜井啓太「「子育て罰」を受ける国、日本のひとり親と貧困」
・鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(8)――「シンクタンク2005年・日本」第一安倍政権成立」