町に、舞台芸術祭という「フラグ」を立てる――KYOTO EXPERIMENTの取り組み

「じゃあ東京でやってよ」に奮起

 

橋本 私は、京都芸術センターができた少しあとに、舞台の制作、プロデュースの仕事を始めました。森山さんがおっしゃったような変化を私も感じたのですが、それをもっとプロジェクトとして顕在化させることができないだろうかと考えて、京都芸術センターに「演劇計画」という企画を提案したんです。「演劇計画」ではいろんなことをやりましたが、簡単に言ってしまえば、作品づくりにより深く関わりながら、若手を発掘・育成しようということですね。そのときに、森山さんに本格的に関わっていただきました。

 

森山 そうですね。2004年の「演劇計画」からですね。

 

 

—— (「演劇計画」の冊子を見せていただく)もうここにKYOTO EXPERIMENTの原型がありますね。京都には京都の演劇の蓄積がかなり分厚くあるんですね。

 

森山 ただ、私は長く東京にいたからわかりますけど、東京にいればなんでも見ることができると錯覚してしまうんですよね。その体質はなかなか変えられない。

 

橋本 フェスティバルをやろうと思ったのも、それが大きかったですね。「演劇計画」を続けながら、年に1本か2本の作品をプロデュースしていたのですが、時間もお金もかけて作っているのに、やっぱり、京都、大阪以外の人になかなか観にきてもらえない。活動を継続していくためには、批評家などの舞台芸術の専門家にも観てもらって、評価を受けたいんだけど、そういう人たちの多くは東京にいて、なかなか京都まで来ることができない。観にきてくださいと言ったら、じゃあ東京でやってよ、と言われたこともあります。

 

このままじゃダメだなと思って、いろんな人と話してリサーチしたら、たとえばある週末に2本3本まとめて見られるなら京都まで旅してもいいかなと、みなさんおっしゃるんですね。だとしたら、フェスティバルの形式がいいんじゃないかと思ったことが一つです。

 

 

—— なるほど。フェスティバルやろう!ってなって、まずだれを巻き込んだんですか?

 

橋本 最初は京都芸術センターの事務局長に相談しました。

 

 

—— 「演劇計画」を一緒にやっていた人ですね。

 

橋本 そうです。事務局長は京都市役所からの出向の人なんです。京都市もそれほど大きい組織ではないので、ある程度内情もわかり、ジャッジも下せる人と気軽に話せる環境にあったのは幸いでした。「フェスティバルをやりたいと思っているんだけど、どうしたらいいと思いますか」という相談を持ちかけたら、この企画を発展させていくことは賛成だと。「しかし、京都市の予算には限りがあるから、芸術センターだけでは橋本くんが思っている規模のものはできない」と言われました。それで、事務局長から「いろんなところとパートナーを組んでやるのがいいんじゃないか」というアイデアをいただきました。実際に、事務局長はいろんなところを一緒に回ってくださって、造形大への挨拶のときも「京都市としてもきちんと取り組んでいく事業なので」と話をしてくれたんです。

 

 

—— 第1回の参加アーティストはどのように決めたんですか。

 

橋本 「演劇計画」などの事業で関わってきた人たちに集まってもらったところが大きいですね。松田さんや三浦さんはもちろん京都を代表するアーティストとして。チェルフィッチュも京都で何度か公演したことがあったし、Port Bの高山明さんも2009年の「演劇計画」から関わってもらったりもしていたので。

 

 

—— それまでに築いてきたネットワークが財産になっていたんですね。

 

橋本 そうです。

 

森山 ちょうど前年にあたる2009年に、フェスティバル/トーキョーが立ち上がったんですね。だから、京都としては幸いなことに、F/Tと連携するなど、大きくシェアするようなことができました。

 

 

第1回のときの様子。PortB『個室都市 京都』KYOTO EXPERIMENT2010 photo: Toshihiro Shimizu

第1回のときの様子。PortB『個室都市 京都』KYOTO EXPERIMENT2010 photo: Toshihiro Shimizu

第1回のときの様子。PortB『個室都市 京都』KYOTO EXPERIMENT2010 photo: Toshihiro Shimizu

第1回のときの様子。PortB『個室都市 京都』KYOTO EXPERIMENT2010 photo: Toshihiro Shimizu

 

 

内側に向けたフラグにもなっている

 

—— 観客にとっても、KYOTO EXPERIMENTという旗が立っていると、視認性が上がるといいますか。京都で演劇祭やってるんだということが届きやすくなりますよね。

 

森山 そうですね。また、内側に向けても一つのフラグになっている面もあります。フェスティバルの運営って、やっぱり難しいんです。KYOTO EXPERIMENTは、京都市や、いくつかの財団、造形大という教育機関、これらが対等な立場で実行委員会を組織するかたちになっています。これがじつは大事なところで、この実行委員会があることで、京都全体の芸術的な環境について、お互いにアイデアを出しながら、一緒になって話し合っていく場としても機能していると思う。

 

同時に、京都には何十年前からあるようなインディペンデントな場所も、しっかりある。パブリックで担う部分が整備されつつ、共存共栄できているのではないでしょうか。

 

 

—— 京都、関西以外からのお客さんはどれくらいですか?

 

橋本 おととしぐらいから、東京や神奈川からのお客さんが1割強を占めるほどになりました。

 

お客さんについて言うと、初年度で印象的だったのが、普段劇場ではなく、美術館やギャラリーに行くような人たちがたくさんきてくれたことです。キュレーターの方にレビューを書いてもらったこともありました。

 

森山 今年のメインビジュアルは公式プログラム参加アーティストである金氏徹平さんの作品を元にしたデザインなんですけど、舞台芸術を全然見ないような人でも、デザインがかっこいいから知っているという人もいますね。

 

 

—— それまでは、美術と舞台芸術って意外につながってなかったんですね。

 

森山 そうかもしれません。

 

橋本 だから、あまりジャンルを明確に分けられないようなものを、積極的に取り上げていこうとは思いました。音楽のパフォーマンスなのか、ダンスなのか、映像インスタレーションなんじゃないのか、とか。

 

 

 

シノドスのコンテンツ

 

●ファンクラブ「SYNODOS SOCIAL」

⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

 

●電子メールマガジン「αシノドス」

⇒ https://synodos.jp/a-synodos

 

●少人数制セミナー「シノドス・サークル」

⇒ https://synodos.jp/article/20937

 

 

 

 

1 2 3 4
シノドス国際社会動向研究所

vol.2019.4.15 

・打浪文子「知的障害のある人たちと「ことば」」

・照山絢子「発達障害を文化人類学する」
・野口晃菜「こうすれば「インクルーシブ教育」はもっとよくなる」
・戸谷洋志「トランスヒューマニズムと責任ある想像力」
・濵田江里子「「社会への投資」から考える日本の雇用と社会保障制度」
・山本章子「学びなおしの5冊 「沖縄」とは何か――空間と時間から問いなおす」
・鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(6)――設立準備期、郵政民営化選挙後」