物理学者・早野龍五が福島で示した光――研究者として福島に向き合うということ

「科学的には意味のない機械」を開発した科学者

 

「対話」に重きを置くようになった早野さんが次に取り組んだのは、外部被曝の問題だった。当時、外部被曝測定に関しては、「ガラスバッジ」と呼ばれる個人積算線量計を住民に配布して、一定期間身に着けた上で返送してもらい、数ヵ月分の積算線量データをまとめた数字が1つ出るだけだった。この手法では、内部被曝測定のようには自分自身の行動と結果のデータとの対応が見えにくく、早野さんは「これでは対話ができない」と感じていた。

 

そこで着目したのは、産業技術総合研究所と千代田テクノルがガラスバッジの代替品として製造していた個人積算線量計「D-shuttle」だった。早野さんはD-shuttleの構造を調べ、「この中には1時間ごとのデータが入っているはずだ」と気づいた。千代田テクノルに問い合わせ、「この中には1時間ごとの積算線量データが入っている。

 

そのデータを読み出せるソフトを開発してほしい」と依頼し、読み取りソフトと併せて在庫の50個を買い取った。1時間ごとの外部被曝線量をグラフで可視化できるD-shuttleは、「どこで時間を過ごしたのか」という個人の行動と数値が細かく対応するという点で、ホールボディカウンターの場合と同様、対話のための有効なツールとして使えることがわかった。

 

時期を同じくして、住民の内部被曝測定と対話を続けていた福島の病院で、「子供の内部被曝を測ってほしい」という要望が、主に子連れの若い母親から多く出るようになった。しかし、立ったまま2分間静止していなければ測れない従来のホールボディカウンターでは、4歳未満の子供を測定することはできない。

 

その上、科学的に言えば、幼児は代謝が成人よりも早いため、同じ食事を摂っている場合、大人から検出されなければ幼児から検出されることはない。幼児から微量の放射性物質を検出するためには、より高精度の測定器でなければならないという問題もあった。しかし、母親が子供の内部被曝を心配する思いを理解した早野さんは、「BABYSCAN」と名付けられた小児専用のホールボディカウンターを製作した。

 

「これは、科学ではなくむしろ対話をするための測定器だ」と当初から明確に開発目的を定めていた早野さんは、東京大学の気鋭の工業デザイナーである山中俊治さんに依頼し、母親が子供を中に入れるのに抵抗がないように、丸みを帯びたやわらかい風合いのホールボディカウンターを完成させた。

 

見た目のスタイリッシュさに留まらず、アメリカ大手メーカーに依頼して現在福島にあるホールボディカウンターで最も高い精度も備えた。「BABYSCAN」では、人体に生まれつき含まれてはいるものの、幼児の場合は微量すぎて見えないカリウム40の存在まで見ることができる。「もちろん、今まで1人も検出されていません」という。早野さんは、この「BABYSCAN」を使って、福島に住む母親との対話をさらに深めた。

 

 

「自分の言葉でふるさとを語れるように」

 

早野さんと福島高校生との出会いも、地元住民との関わりの中で始まった。放射線被曝の問題などのいわば専門外の活動を続けながら、「たまには専門の原子物理学の話もしたい」と早野さんが話すのを聞いた南相馬市立総合病院の及川友好副院長らが、自らが卒業した福島高校を早野さんに紹介したのは、2013年の秋だった。

 

ちょうどヒッグス粒子を発見したヒッグスたちがノーベル物理学賞を受賞した週の終わり、早野さんは福島高校に赴き、ヒッグス粒子について英語で特別講義をした。生徒たちの反応は良く、講義の後、2時間にわたって質疑応答が続いた。驚嘆した早野さんは、翌2014年1月に再び福島高校を訪れ、フランスと福島高校をインターネットで繋いで講義を行った。福島高校の生徒たちは、フランスの高校生に向け、英語で福島の現状を伝えた。福島高校生の強い思いと高い能力を確信した早野さんは、その年の3月、自らも所属するジュネーブのCERNで開催される放射線関連セミナーに彼らを連れていくことを決めた。

 

CERNでのセミナーが終わった後で、福島高校の生徒は世界各国の高校生に囲まれて質問責めにされた。早野さんは、「君たちは本当に福島から来たのか。福島には人が住めないのではないのか」と問われる福島高校生を見ていた。そして「この子たちは将来、こういう偏見に何度でもさらされる」と気づいた。

 

2016年12月、横浜に住む中学生による、福島から避難してきたことを理由にいじめられていたことを明らかにする手記が公開された。それを皮切りに、いわゆる「原発いじめ」は社会問題になり、2017年2月25日の朝日新聞によると、県内外に避難した住民を対象とした調査で、避難先でいじめにあったりいじめを見聞きしたりしたことがあると答えた人は回答者184人のうち62%にのぼった。

 

2014年3月の段階で、早野さんは「福島に生まれ育つ子供たちの教育」という課題の重要性に注目した。「福島に住んでも問題がないということを、この子たち自身が確かな根拠をもって、自分の言葉で語れるようにしなければならない」と考えた。また、世界的な物理学者である早野さんを間近にして学ぶことには、事故の有無に関わらず高い教育効果があると考えた。当然、高校生が真剣に学ぶ姿を見る教師や福島高校以外の県内の高校生への波及効果も少なくない。こうして、早野さんと福島の高校生との関わりが始まった。

 

2014年の夏、全国各地の高校生が福島高校で合宿し、D-shuttleを使った実験を企画した。全国の高校生やベラルーシ、ポーランドの高校生にD-shuttleを送って外部被曝線量を計測するというものだ。その結果を使って福島高校生が書いた論文に、早野さんは実験に関わった世界の高校生など233人を著者として記載して、査読つきの放射線専門誌に投稿した。

 

「233人は多すぎて載せられない」という誌の返答に、物理学の分野では多数の共著者を記載する例があることを経験上知っていた早野さんはひるまず、ノーベル物理学賞を受賞した論文に多くの共著者が記載されている事例を示した。「高校生であろうとも、これら各々この箇所を書いたれっきとした著者である、文句があるか、と大見栄を切りました」という。現在までに8万回以上ダウンロードされている論文の1ページ目には、233人の名前が全て挙げられている。論文を元にした外国人特派員協会での記者会見に早野さんと共に登壇した生徒は、1時間の発表と質疑応答を英語で行った。

 

早野さんが最初に指導した生徒たちが卒業した後、その後輩も「先輩たちのように、しかし先輩たちがやっていないことに取り組みたい」と早野さんの指導を受けながら強い意欲を示した。卒業生の成果とともに後輩の様子を見た教師の指導意欲も高まった。

 

 

廃炉の現状を自分の言葉で語る

 

2015年の夏、福島第一原発構内を視察した早野さんは、廃炉のために日夜働く作業員の子供たちが、親の働く姿を一度も見ていない状況に気づいた。自らの言葉で自らの置かれた状況を語ることは、作業員の子供たちにとって重要だと考えたが、東京電力で働く人の子供が最初に原発構内に入ることに東京電力は難色を示した。

 

そこで早野さんは、翌2016年夏に予定されていた世界の高校生が訪れる福島視察旅行の際に、原発構内視察を組み込むことを提案した。しかし、当時東京電力の規定では、18歳未満が原発構内に入ることを禁止しており、1年にわたる交渉が行われたものの、2016年夏の視察旅行で原発構内を視察することはできなかった。それでも早野さんはあきらめずに交渉を続け、ついに18歳未満の原発構内視察の了承をとることに成功した。

 

福島高校生を伴って原発構内視察をすることが決まった後、早野さんが最も懸念したのは、世間の批判が福島高校生に集まることだった。視察に連れていくことに同意し、サインした保護者が批判を受けるリスクも考えた。まずは、後で扇情的に書きたてられる危険を避けるため、ことの経緯と生徒たちの思いを理解し報道するメディアを連れていくことを考えた。

 

また、「テレビカメラは残酷で、大人に言わされている言葉は、映像で見るとはっきりそれとわかる。全て生徒たち自身が学び、考えなければならない」と言い、生徒たちが自らの考えを自らの言葉で答えられるように、事前学習を徹底した。結果、学校や教育委員会に後日の非難はほとんど寄せられなかったという。

 

視察当日、高校1年生が石崎芳行・東電福島復興本社代表の隣に座り、およそ4時間にわたって次々に鋭い質問を繰り出す様子を見て、「この子たちは本当に自分自身で真剣に学ぼうとしている」と感じた。「この学びが将来直接役立つと期待しているのではなく、この年代の子供がたとえ地位のある大人とであっても、対等に対峙することによる教育効果は高い」と早野さんは言う。福島高校の生徒が後日福島第一原発構内視察についてまとめた報告のレベルも十分に高く、今後避けては通れない廃炉の問題についても、福島高校生は自分の言葉で現状を説明できることが証明されたと感じた。

 

 

最終講義に向けて

 

内部被曝の問題に、より効率的で効果的なデータ収集というこれまで慣れ親しんだ物理学研究者としての手法を使って臨んだ早野さんは、福島で臨床医と共に活動を重ねることによって、臨床研究者に近い手法で続く外部被曝の問題や住民の不安解消という課題に取り組むようになった。やがて、その視点はさらに未来に向けられ、やがて県外に出ていく子供たちの教育に今なお挑んでいる。

 

6年を通して、早野さんは一人の研究者として福島に向き合い続けた。来たる3月15日の最終講義では、原子物理学から福島での活動に至る早野さんの研究者としての姿を、国内外の物理学者と福島の住民が初めて並んで目撃することになるだろう。

 

知のネットワーク – S Y N O D O S –

 

 

シノドスのサポーターになっていただけませんか?

98_main_pc (1)

 

 セミナー参加者募集中!「スノーデンと監視社会の現在」塚越健司

 

 

無題

 

vol.231 ひとりひとりが生きやすい社会へ 

・森山至貴氏インタビュー「セクシュアルマイノリティの多様性を理解するために」

・【障害児教育 Q&A】畠山勝太(解説)「途上国における障害児教育とインクルーシブ教育」

・【あの事件・あの出来事を振り返る】矢嶋桃子 「草の根の市民活動「タイガーマスク運動」は社会に何をもたらしたのか」

・成原慧「学び直しの5冊 <プライバシー>」

 

vol.230 日常の語りに耳を澄ます 

・荒井浩道氏インタビュー「隠された物語を紡ぎだす――『支援しない支援』としてのナラティヴ・アプローチ」

・【アメリカ白人至上主義 Q&A】浜本隆三(解説)「白人至上主義と秘密結社――K.K.K.の盛衰にみるトランプ現象」

・【今月のポジ出し!】吉川浩満「フィルターバブルを破る一番簡単な方法」

 

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.232 特集:芸術へいざなう

・吉澤弥生氏インタビュー「人をつなぐ芸術――その社会的評価を再考する」

・【現代演劇 Q&A】長瀬千雅(解説)「時代を捕まえるダイナミクス――現代演劇事始め」

・【今月のポジ出し!】橋本努「タックス・ヘイブン改革 香港やシンガポールにも圧力を」

・増田穂「『知見』が有効活用されるために」