孤独死に年齢は関係ない ―― ひとり暮らしが当たり前の時代で社会化を迫られる死

いまあなたが自宅で突然死んでしまったとき、誰が心配して様子を見に来てくれるだろうか? そして死後何日で発見してもらえるのだろう? 孤独死で亡くなる人は年間約3万人。2015年のひとり暮らし高齢者は約600万人――もはや孤独死の増加は避けることができない中で、死の社会化を迫られる時代になりつつある。ケアマネジャーとして、研究者として、孤独死を見つめてきた結城康博氏が上梓した『孤独死のリアル』(講談社現代新書)。孤独死のいまについて、お話を伺った。(聞き手・構成/金子昂)

 

 

孤独死の増加は避けられない

 

―― いまどれだけの人が孤独死で亡くなっているのでしょうか?

 

厚生労働省の研究班でまとめられたものだと、だいたい年間3万人くらいが孤独死で亡くなっているとされています。

 

孤独死は、全国で統一された定義がありません。だいたいの共通認識としては、まず自宅で亡くなっていること。そして死因は自殺と他殺を除くこと。例えば脳梗塞や心筋梗塞、具合が悪いのに助けが呼べずに餓死してしまったり、お年寄りや心臓に病気のある方がお風呂に使ったまま意識を失って溺死してしまう。そういうケースが多いですね。

 

亡くなられてから発見されるまでにどれだけの日にちが経ったかも明確には定義されていないんですよね。死後1日で発見されても、1か月後に発見されても孤独死は孤独死とされます。ただし、ターミナルケアとして、介護士や訪問看護師、医師が定期的に訪問している場合は、死期が予測されているので、孤独死とは言いません。

 

 

―― 年に3万人という数値は多いとお考えですか?

 

年間に15万人くらいの方が病気や事故などによって自宅で亡くなっています。つまり自宅で亡くなる方の5人に1人が孤独死なんですよ。自殺者数が年間3万人くらいといわれていますから、孤独死はかなり多いんじゃないんですかね。

 

今後、超高齢化社会が進むことで、ひとり暮らしのお年寄りはどんどん増えていきます。2015年には、65歳以上のひとり暮らしが600万人くらいになると言われている。平均寿命がのびるということは、ようするにそれだけひとり暮らしをする可能性が高くなる、つまり孤独死の可能性も高まるということなんです。

 

 

―― どのくらい増えるのでしょうか?

 

はっきりとした推計はありませんがUR都市機構のデータによると、同賃貸住宅内では、1999年に200件強あった孤独死が、2009年には700件弱にまで増えているんですね。10年で約3倍です。ここから単純計算すると……。団塊の世代のことを考えたら、もっと増加するかもしれませんね。

 

おそらくひとり暮らしという家族形態が当たり前になる時代が20、30年後にはやってくるでしょう。孤独死が増加するのは避けることができません。

 

 

表紙画像『孤独死のリアル』

 

 

孤独死に遭遇する可能性

 

―― 大学教員の前に地方自治体でケアマネジャーなど務められていた結城さんですが、実際に孤独死を発見されたことはあるのでしょうか?

 

いえ、ぼくはありません。ただ当時の同僚が発見していましたね。相当なトラウマだったみたいでした。自分がしっかりしていれば防げたんじゃないかって。

 

大学の教員になってからも地方公務員になった教え子が、生活保護を受給している方が亡くなっているのを発見したと言っていました。「先生の言っていた通り蛆虫がわいていました……」とそうとうショックだったようです。

 

 

―― 蛆虫ですか……。どういった方が第一発見者になるのでしょう?

 

第一発見者の多くは、ケアマネジャーや自治会の役員、家族や隣人ですね。

 

遺体が発見されてからは警察や検死官がやってきて、自殺か他殺か判断します。どちらでもないと考えられた場合は、地元の検死医がやってきて、改めて医学的な判断をします。自然死だった場合、孤独死となるわけですね。

 

次に家族の方への連絡ですよね。ここで遺体を引き取ってくれる方もいれば、「もう関係がない」といった理由で、遺体を引き取らない方もいます。遺品整理業者や便利屋が部屋の後片付けをするとき、いちばん問題になるのは、強い異臭だと言います。遺体からにじみ出る脂の処理も必要です。場合によっては床をはがしたり、壁も貼り換えたりしなくちゃいけません。

 

ちなみに、引き取り手のない遺骨ですが、取材したある自治体では、社会福祉協議会が10年間木箱に入れて保管することになっています。

 

 

―― こびりついた脂……。

 

遺体は発見が遅くなれば遅くなるほど、それだけ損傷が激しくなります。

 

遺体にはまず蛆虫がわきます。次に人間の脂が絨毯や床に染みこんでいく。腐臭もどんどん激しくなっていきますね。お風呂の湯船で亡くなられた場合は、水が茶色くなっていたりします。損傷が激しくなると、例えばお葬式のときに、最後のお別れでお顔をみることはできません。

 

 

 

■■■ 「シノドス」へのご寄付のお願い ■■■

 

 

1 2 3
300_250_5g 困ってるズ300×250 α-synodos03-2

vol.196 特集:当事者と非当事者

・小峰公子氏インタビュー「福島の美しさを歌いたい——福島に「半当事者」としてかかわって」

・山本智子「知的障害がある当事者の「思い」を支えるために――「当事者性」に関与する「私たち」のあり方」

・李洪章「『研究者の言葉』から『当事者の言葉』へ」

・熊谷智博「他人同士の争いに参加する非当事者の心理」