バルテレミー・クールモン(Barthélémy Courmont)
アジア国際関係

1974年生まれ。パリ第7大学で博士号を取得した後、韓国・翰林大学、カナダ・モントリオール大学などを経て、現在フランス・リール・カトリック大学専任講師、国際関係戦略研究所(IRIS)アジア太平洋部門主任。アジア専門誌『Asia Focus』編集長。著書に『広島の日本――被害と修復(Le Japon de Hiroshima. L’abîme et la résilience)』(2015年)、『平和な戦争――中国とアメリカの軋轢(Une guerre pacifique. La confrontation Pékin-Washington)』(2013年)、『日本の地政学――不安なパワー(Géopolitique du Japon. Une puissance inquiète)」(2013年)など多数。

vol.266 

・山本昭宏「平和意識の現在地――〈静けさ〉と〈無地〉の囲い込み」
・田畑真一「【知の巨人たち】ユルゲン・ハーバーマス」
・吉田徹×西山隆行×石神圭子×河村真実「「みんながマイノリティ」の時代に民主主義は可能か」
・松尾秀哉「【学び直しの5冊】〈現代ヨーロッパ〉」
・木村拓磨「【今月のポジだし】活動を広げよう――不登校支援」
・鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(10)――「シンクタンク2005年・日本」自民党政権喪失後」