林美佐子(はやし・みさこ)
就労促進相談員

昭和43(1968)年11月10日兵庫県尼崎市生まれ。短大を卒業後保育士、学童保育指導員のアルバイトを経て、平成14年度より尼崎市福祉事務所の就労促進相談員。単なる就労支援にとどまらない支援スタイルとその実績は県内外からも注目され、日常的な支援活動の傍らセミナーや講演会の講師として招かれる。平成23(2012)年、生活保護受給者とともに“ありのままの自分でいられる居場所”として「こころの笑夢(えむ)」を設立。2人の子を育てるシングルマザー

vol.268 

・植原亮「エンハンスメント論争の行きつくところ――BMIから徳へ?それとも?」

・出井康博「留学生という名の単純労働者」

・堀内進之介「学び直しの5冊〈現代社会〉」
・有馬斉「患者が望まない延命治療を行うことは正当化できないパターナリズムか――『死ぬ権利はあるか』出版に寄せて」
・穂鷹知美「移動の自由がもたらす不自由――東ヨーロッパを揺り動かす移住・移民問題」
・多賀太「男性の「ケア」参加はジェンダー平等実現の決め手となるか」
・吉永明弘「ローカルな視点からの環境論」