ジェンセン美佳(Mika Y. Jensen)
北欧の社会・文化・生活

東京生まれ。京都、アメリカ、スウェーデン・マルメ暮らしを経て、現在デンマーク在住。現在、デンマーク人の旦那、娘と息子の4人暮らし。日本と北欧の間の学術・文化・産業分野における関係向上、相互理解を促進するための活動、ハピネステクノロジ、北欧のデザイン手法(デザインシンキング、ユーザ調査、参加型デザインやデザインゲーム・リビングラボといった共創手法)を用いたITやIoTなどの先端技術をベースに社会イノベーションを支援するプロジェクトを多数実施。偶然住み着いた『幸せの国デンマーク』での生活を経て、女性が幸せに生きることのできる社会、働き方、家族生活について考察・発信を続ける。幸せについて考えた著書に同年代7名共著の『37.5歳のいま思う、生き方、働き方』がある。

vol.278 

・山本貴光+吉川浩満「人間とは衝動に流されるものである」
・熊坂元大「培養肉――クリーンミートあるいは現代のプロメテウス的産物」
・伊藤隆太「進化政治学と政治学の科学的発展――社会科学の進化論的パラダイムシフト」
・鈴木公啓「ひとはなぜ装うのか?」
・平井和也「新型コロナウイルスの世界経済への影響」
・石川義正「ミソジニーの「あがない」──現代日本「動物」文学案内(3)」