木村晴美(きむら・はるみ)
手話通訳

国立障害者リハビリテーションセンター学院手話通訳学科教官、NHK手話ニュース845キャスター。

NHK「みんなの手話」の初代ろう講師(1991~1994)。米国研修先でMJ Bienvenu、Ella Mae Lentz,  Leslie C.Greerらと出会い、彼女らの信念や生き方に大きな感銘を受けて帰国(1992)。日本語対応手話でなく日本手話を聴者に指導、普及することに熱意を注ぎ、日本手話を指導できるろう講師の育成に務める。「ろう文化宣言」を市田泰弘と発表(1995)。現在は、ろう通訳者、フィーダーの育成に力を入れている。日本社会事業大学を経て、一橋大学大学院言語社会研究科博士課程単位取得退学(2014)。学校法人明晴学園理事。

vol.2019.4.15 

・打浪文子「知的障害のある人たちと「ことば」」

・照山絢子「発達障害を文化人類学する」
・野口晃菜「こうすれば「インクルーシブ教育」はもっとよくなる」
・戸谷洋志「トランスヒューマニズムと責任ある想像力」
・濵田江里子「「社会への投資」から考える日本の雇用と社会保障制度」
・山本章子「学びなおしの5冊 「沖縄」とは何か――空間と時間から問いなおす」
・鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(6)――設立準備期、郵政民営化選挙後」