マサキチトセ(まさき・ちとせ)
貧困をなくすためのクィアの会 / グローカルフェミニズム研究会

貧困生まれフェミニズム育ち。気がつけばオネエでブッチな中流階級ジグザグバイセクシュアル。好きになるのは男だけ。捨てまくったアイデンティティはゴミ箱がひっくり返って散々な有り様。セックスに自分の下半身は使わない。1985年北関東生まれ。主な関心領域はクィア理論、障害理論、公衆衛生、文化人類学、文化史。主な問題意識はクィア史、貧困とセックスワークの歴史、移民の歴史、シングルマザーの生活、労働者の権利、ドメスティック・バイオレンス(DV)、依存症、家族。ツイッター @cmasak

vol.2019.3.15 

・中西啓喜「学力格差と家庭背景」
・竹端寛「対話を実りあるものにするために」
・佐々木葉月「日本のテロ対策の展開」

・小野寺研太「「市民」再考――小田実にみる「市民」の哲学」
・久保田さゆり「学びなおしの5冊〈動物〉」
・鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(5)――設立準備期、郵政民営化選挙前」
・山本宏樹「これからの校則の話をしよう」