中村寛(なかむら・ゆたか)
文化人類学者

著述家/多摩美術大学准教授/英国プリマス大学Transtechnology Research共同研究員/人間学工房代表。アメリカおよび日本を当面のフィールドとして、「周縁」における暴力や社会的痛苦、それらに向き合う文化表現や反暴力の取り組みなどのテーマに取り組む。その一方で、《人間学工房》を通じて様々な分野のつくり手たちと文化運動を展開する。著書に『残響のハーレム――ストリートに生きるムスリムたちの声』(共和国、2015年)、編著に『芸術の授業――Behind Creativity』(弘文堂、2016)、訳書に『アップタウン・キッズ――ニューヨーク・ハーレムの公営団地とストリート文化』(テリー・ウィリアムズ&ウィリアム・コーンブルム著、大月書店、2010)。主要論文に「芸術と呪術とカルト教団――森達也『A』をめぐる寓話的手紙」(『国立新美術館研究紀要』(3)、2016)、「アーカイヴへの不満――アフリカ系アメリカ人におけるアイデンティティをめぐる闘争」(『文化人類学』(78(2)、2013年)など。人間学工房:http://www.ningengakukobo.com/ (プロフィール写真撮影者:松尾眞)

vol.276 

・橋本努「新型コロナウイルスとナッジ政策」
・三谷はるよ「市民活動をめぐる“3つの事実”――「ボランティア」とは誰なのか?」
・五十嵐泰正「『上野新論』――「都市の時代」が危機を迎えたなかで」
・倉橋耕平「メディア論の問いを磨く――言論を読み解く視座として」
・山田剛士「搾取される研究者たち」
・平井和也「コロナ情勢下における香港と台湾に対する中国の圧力」