根本敬(ねもと・けい)
東南アジア近代史

1957年生まれ。上智大学外国語学部教授。専門はビルマを中心とする東南アジア近現代史。国際基督教大学教養学部卒、同大学院比較文化研究科博士後期課程中退、文部省アジア諸国等派遣留学生としてビルマに留学(1985-87)、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所勤務を経て、2007年4月より現職。ロンドン大学東洋アフリカ研究院(SOAS)訪問研究員(1993-95)。主著に『アウンサンスーチー:変化するビルマの現状と課題』(田辺寿夫と共著、角川書店、2012年)、『ビルマ独立への道―バモオ博士とアウンサン将軍』(彩流社、2012年)、『抵抗と協力のはざま―近代ビルマ史のなかのイギリスと日本』(岩波書店、2010年)ほか。

vol.275 

・島村一平「学びなおしの5冊・「モンゴル」、あるいはコロナ禍の中でモンゴルを考える」
・石川義正「社会の分断を見つめる──現代日本「動物」文学案内」
・志田陽子「「捏造」という言葉の重さについて――批判の自由か《排除》か」
・馬場靖人「なぜ私は「色盲」という名にこだわるのか?」
・菅(七戸)美弥「アメリカ・センサスと「人種」をめぐる境界――個票にみるマイノリティへの調査実態の歴史」
・平井和也「コロナウイルスでグローバリゼーションは終焉を迎えるか?」