貫井万里(ぬきい・まり)
中東地域研究(イラン近現代史・政治・社会)

公益財団法人日本国際問題研究所研究員。中東地域研究(イラン近現代史・政治・社会)。早稲田大学教育学部地理歴史学科卒、2005年イ―スタン・ミシガン大学大学院社会学研究科修士課程修了、2007年慶應義塾大学より博士号(史学)取得。1998年から2000年まで在イラン日本国大使館専門調査員、2007年から2009年まで在シリア日本国大使館専門調査員、2009年から2013年まで早稲田大学イスラーム地域研究機構研究助手を経て現職。主要著書は “Protest Events in the Tehran Bazaar During the Oil Nationalization Movement of Iran”(『日本中東学会年報』第28-1号、2012年)、「1979年革命後のイラン女性と社会変化―2013年成立家族保護法を巡って」(共著: 吉村慎太郎・福原裕二編『現代アジアの女性たち』新水社、2014年)、『革命後イランにおける映画と社会』(共編著:早稲田大学イスラーム地域研究機構、2014年)、「核合意後のイラン内政と制裁下に形成された経済構造の抱える問題」(『国際問題』第656号、2016年)など。

vol.236 特集:伝統と現代

・九龍ジョー氏インタビュー「落語とポリコレ――変化しながら継承される伝統芸能」

・【ハーグ条約 Q&A】コリン・P.A.ジョーンズ(解説)「権利としての親子のつながり――ハーグ条約で親子のつながりを守れ」

・【今月のポジ出し!】永田夏来「グリーンステージにU2が出れば、フジロックはもっと良くなる」

・畠山勝太「幼児教育無償化から考えるーアメリカの研究結果は日本にとって妥当なのか?」