菅原出(すがわら・いずる)
国際政治アナリスト

1969年⽣まれ。中央大学法学部政治学科卒業。平成6年よりオランダ留学。同9年アムステルダム大学政治社会学部国際関係学科卒。東京財団リサーチフェロー、英国危機管理会社G4SJapan役員等を経て現職 著書:『秘密戦争の司令官オバマ』(並⽊書房、2013年)、『リスクの世界地図』(朝日新聞出版、2014年)、『海外進出企業の安全対策ガイド』(並木書房、2014年)、『「イスラム国」の「恐怖の輸出」』(講談社現代新書、2015年)など多数。

vol.264 

・畠山勝太「こうすれば日本の教育はよくなる」
・穂鷹知美「マスメディアの将来――マスメディアを擁護するヨーロッパの三つの動きから考える」
・大賀祐樹「リチャード・ローティ」
・西山隆行「学び直しの5冊〈アメリカ〉」
・知念渉「「ヤンチャな子ら」とエスノグラフィー」
・桜井啓太「「子育て罰」を受ける国、日本のひとり親と貧困」
・鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(8)――「シンクタンク2005年・日本」第一安倍政権成立」