鈴木良(すずき・りょう)
障害学

1975年神奈川県生まれ。NPO法人ラルシュ・デイブレイク(カナダ)の職員、NGO地に平和(日本)のパレスチナ難民キャンプ支援事業担当員などを経て、2011年4月~2014年3月、京都女子大学家政学部生活福祉学科助教。2014年4月~現在、国立大学法人琉球大学人文社会部人間社会学科准教授。北欧・北米・日本の脱施設化とパーソナルアシスタンスについて研究。著書に『脱施設化と個別化給付-カナダにおける知的障害福祉の変革過程』(現代書館)、『知的障害者の地域移行と地域生活―自己と相互作用秩序の障害学』(現代書館)、翻訳書に『地域に帰る  知的障害者と脱施設化―カナダにおける州立施設トランキルの閉鎖過程』(明石書店)。

vol.267 

・堅田香緒里「ベーシック・インカムとジェンダー」
・有馬斉「安楽死と尊厳死」

・山本章子「誤解だらけの日米地位協定」
・桜井啓太「こうすれば日本の貧困対策はよくなる――貧困を測定して公表する」
・福原正人「ウォルツァー政治理論の全体像――価値多元論を手がかりとして」
・鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(11)――シンクタンク人生から思うこと」
・杉原里美「掃除で、美しい日本人の心を育てる?」