SYNAPSE Project(シナプス・プロジェクト)

SYNAPSE Projectとは、研究者を中心に、それぞれ異なるバックグラウンドを持ったメンバーが集まるSYNAPSE Lab.による活動の総称。大学の研究や学問をひとつのコンテンツとして捉え、その魅力をより多くの人へ届け、その先に、社会における新たな潮流を作り出すことを目的としている。専門領域の枠組みを飛び越えたイベントやメディア発信を研究者自らが関わり、編集者・デザイナー・アーティスト達とチームを組み、企画・編集・運営をしている。

vol.2019.4.15 

・打浪文子「知的障害のある人たちと「ことば」」

・照山絢子「発達障害を文化人類学する」
・野口晃菜「こうすれば「インクルーシブ教育」はもっとよくなる」
・戸谷洋志「トランスヒューマニズムと責任ある想像力」
・濵田江里子「「社会への投資」から考える日本の雇用と社会保障制度」
・山本章子「学びなおしの5冊 「沖縄」とは何か――空間と時間から問いなおす」
・鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(6)――設立準備期、郵政民営化選挙後」