田中重人(たなか・しげと)
社会学・社会調査法

1971年生まれ。博士 (人間科学)。東北大学准教授。家族や労働の制度とそれに関連する不平等をテーマに、大規模社会調査データによる研究をおこなってきた。参加プロジェクトに「社会階層と社会移動」(SSM) 全国調査、「全国家族調査」(NFRJ) など。論文等に「「妊娠・出産に関する正しい知識」が意味するもの:プロパガンダのための科学?」『生活経済政策』230:13–18 (2016)、「Gender gap in equivalent household income after divorce」『A quantitative picture of contemporary Japanese families』(東北大学出版会 2013)、「女性の経済的不利益と家族」『ジェンダー平等と多文化共生』(東北大学出版会 2010)、「親と死別したとき」『現代日本人の家族』(有斐閣 2009) など。

vol.249+250 「善い生き方」とは何か?

・佐藤岳詩「善い生き方と徳――徳倫理学というアプローチ」
・井出草平「社会問題の構築と基礎研究――ひきこもりを事例に」
・大屋雄裕「学びなおしの5冊〈法〉」
・酒井泰斗「知の巨人たち――ニクラス・ルーマン」
・小林真理「「文化政策学」とはどんな学問か」