山口航(やまぐち・わたる)
外交史・安全保障論

帝京大学法学部専任講師。同志社大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得満期退学。博士(政治学)。スタンフォード大学客員研究員等を経て、現職。専門は1970-80年代の日米安全保障関係。主要な業績に「総合安全保障の受容――安全保障概念の拡散と『総合安全保障会議』設置構想」『国際政治』188号(2017年3月)、46-61頁;「新冷戦初期における紛争周辺国への援助――戦略援助の『発見』と『擬装』」『国際安全保障』42巻2号(2014年9月)、69-85頁(『国際安全保障』最優秀新人論文賞受賞)。

vol.275 

・島村一平「学びなおしの5冊・「モンゴル」、あるいはコロナ禍の中でモンゴルを考える」
・石川義正「社会の分断を見つめる──現代日本「動物」文学案内」
・志田陽子「「捏造」という言葉の重さについて――批判の自由か《排除》か」
・馬場靖人「なぜ私は「色盲」という名にこだわるのか?」
・菅(七戸)美弥「アメリカ・センサスと「人種」をめぐる境界――個票にみるマイノリティへの調査実態の歴史」
・平井和也「コロナウイルスでグローバリゼーションは終焉を迎えるか?」