悪化するシリア情勢に難民たちはいま

「Hi, How are you?」

 

2014年3月15日、シリアで最初のデモが起こってから3年が経った。国連難民高等弁務官(以下UNHCR)の統計[*1]によれば、6月16日時点で、シリアの紛争による避難民は287万人、うち正式に難民登録をしているのは280万人。難民登録数は2013年4月半ば過ぎから急激に増え、今もなお増え続けている。

 

シリアでの戦闘が悪化し国際社会の関心が強く集まっていた頃、ある友人が「毎日たくさんの人が亡くなる。彼らの埋葬が追いつかず、かつて墓地には死者の名前を刻んでいたが、今は数字になった」と言っていた。

 

また今年の4月には、シリア人の友人から突然、「シリア国外に出た」というチャットが入ってきた。私が2007年12月末にシリアに訪れた際に都市アレッポで知り合った友人だった。政府派と反政府勢力の衝突が激しくなった頃に一度シリア国外に出たものの、すぐにシリアに戻ったが、「政府の強制徴兵に参加したくなかった」ために再び国外に出ることにしたらしい。

 

シリアは中東地域ではエジプトに次ぐ軍事大国と言われ、約40年前から、18歳になった男子は兵役の義務が課され、迷彩服を着用し、武器の扱い方などの軍事教育を受ける。あるシリア人の友人によれば、この軍事教育はシリアと外交関係の深い北朝鮮の影響を受けており、週2回行われている。また、これを断ると、すぐさま収容所に収監され、家は焼かれ、家族は殺されるという。

 

シリア国内の戦闘が激化するにつれて、戦闘から離脱する兵士が増える一方で新たな戦闘力の確保のために強制徴兵が横行しているようだ。このチャットをくれた友人の知り合いは、強制徴兵に参加することを断ったため、劣悪な環境の収容所に収監されているという。

 

3年経った今でも、日々シリアの情勢は悪化する一方だ。しかしそもそも日本では海外の報道が少ないこと、また南スーダンや中央アフリカ、ウクライナ情勢が注目されたこともあり、シリアの報道を耳にする機会が限られるようになってきた。

 

本稿では、著者が入手したシリアの人々やその周りの人々からの声をもとに、今シリアで何が起こっているのか情報を発信していきたいと思う。なお、本文では、“シリア人の難民”と“パレスチナ人やクルド人などシリア人以外の人々も含む難民”を便宜上、区別するため、前者を“シリア人難民”、後者を“シリア難民”と使い分けている。また、本稿は政府もしくは反政府の支持を表明もしくは誘導するものではなく、あくまで中立的に今シリアで起こっていることを伝えることを目的としている。

 

[*1] http://data.unhcr.org/syrianrefugees/regional.php

 

 

騒乱のはじまり

 

リビアやエジプトで起こった「アラブの春」という民主化革命の動きを受けて、シリアでも秘密警察による表現の自由や言論の自由の監視に対する窮屈さを訴えるデモンストレーションが平和的に行われるようになった。しかし、政府は軍事力を持ってこれを抑え込もうとした。デモンストレーションに参加した多くの人々が警察に連行され、劣悪な収容所に入れられて、電気椅子など酷い拷問を受けた。

 

平和的にデモンストレーションしていた国民もこうした政府の対応に軍事力で抵抗するようになった[*2]。また、2006年から続く大規模な干ばつと水不足、それによる経済不振が、政策に対する不満を増大させ今回のデモの発端となったとも言われている[*3][*4]。

 

[*2] Syria 1st-Hand: Former Solider Describes How The Conflict Started (EA WorldView 2013年9月8日) http://eaworldview.com/2013/09/syria-1st-hand-former-soldier-describes-how-the-conflict-started/

 

[*3] How Could A Drought Spark A Civil War? (NPR 2013年9月8日) http://www.npr.org/2013/09/08/220438728/how-could-a-drought-spark-a-civil-war

 

[*4] Drought Helped Cause Syria’s War. Will Climate Change Bring More LikeIt? (Washington Post 2013年9月10日) http://www.washingtonpost.com/blogs/wonkblog/wp/2013/09/10/drought-helped-caused-syrias-war-will-climate-change-bring-more-like-it/

 

「そして代理戦争が始まったんだ」

 

シリアに住んでいたクルド系の友人が言った。彼は戦闘の悪化を受け、イラクのクルド人自治区に逃れている。彼によれば、国民は政府に対抗するため、その大部分が反政府勢力を支持する国々から流れ込んだ武器[*5]を闇市場で入手している。中には、流出元の国の政策を支持することを表明してから、その国から流入した武器を買うことを許可されるというプロセスもあったらしい[*6]。

 

[*5] Syria Today: US “Will Supply Weapons to Insurgents” (EA WorldView 2013年6月14日) http://eaworldview.com/2013/06/syria-today-us-will-supply-weapons-to-insurgents/

 

[*6] Syria Special: Who’s Important Within the Insurgency and Who Funds Them (EA WorldView 2013年8月11日) http://eaworldview.com/2013/08/syria-analysis-beginners-guide-to-whos-important-in-the-insurgency-and-who-funds-them/

 

シリア国内での戦闘が悪化していく中で、反政府の立場をとる欧米各国は、メディアを通して、シリアの人々をアサド政権派もしくはイスラム原理主義者であると決めつけ、シリアに干渉する“大義名分”をつくり、政権を崩すために反政府勢力を支援する体制を整えた。そして、シリア国内に国外からの様々な力と思惑が流入し、シリアの紛争は、冷戦のような代理戦争となったのだと、彼は訴えた[*7]。事実、アメリカ、ロシア、そしてサウジアラビア、イラクの思惑が絡んでいると言われ、騒乱の終わりはそれにかかっているという見方もある[*8]。

 

[*7] Russia: Lavrov-“All Syrian Patriots Must Unite to Fight Against Islamic Front, Jihadists, and Al Qaeda” (EA WorldView 2013年12月18日) http://eaworldview.com/2013/12/russia-lavrov-iran-syria/

 

[*8] Putting Out the Syrian Fire (New York Times 2013年10月23日) http://www.nytimes.com/2013/10/24/opinion/international/putting-out-the-syrian-fire.html?_r=1&

 

 

 

シノドスをサポートしてくれませんか?

 

●シノドスはみなさまのサポートを必要としています。ぜひファンクラブ「SYNODOS SOCIAL」へのご参加をご検討ください。

⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

 

●シノドスがお届けする電子メールマガジン「αシノドス」

⇒ https://synodos.jp/a-synodos

 

●少人数制セミナー&Facebookグループ交流「シノドス・サークル」

⇒ https://synodos.jp/article/20937

 

 

 

 

1 2 3 4 5
シノドス国際社会動向研究所

vol.254 公共性と社会

1.長谷川陽子「知の巨人たち――ハンナ・アーレント」
2.岸本聡子「公共サービスを取り戻す」
3.斉藤賢爾「ブロックチェーンってなあに?」
4.山岸倫子「貪欲なまでに豊かさを追いかける」