土地差別――なぜ、同和地区を避けるのでしょうか?

4.同和地区出身者とは誰のことか

 

ではなぜ、そこまで同和地区の土地は避けられるだろうか? それが部落差別であると言ってしまったところで詮(せん)無い話である。

 

こうした忌避意識を考える上で興味深い調査結果がある。2010年に大阪府が実施した府民に対する人権意識調査と2009年に近畿大学人権問題研究所が学生に行った人権意識調査の結果である。2つの調査はいずれも「一般的に、世間ではどのようなことで同和地区出身者と判断していると思いますか」という同じ質問を設けており、表1はその回答結果である(いずれも複数回答可)。

 

同和地区出身者かどうかの判断基準が実にさまざまであることにまず驚かされる。しかしそこに共通したものが貫かれていることも見えてくる。それは当該人物と同和地区とされてきた土地と関りの有無で同和地区出身者かどうかの判断がなされているという点である。

 

その基準となる土地が現住所であろうが本籍地や出生地であろうが、また判断対象となる人物が本人であろうがその父母や祖父母であろうが、要するに同和地区という土地と何らかの関りを有する人やその家族を「同和地区出身者」と見なしている現実を調査結果は教えている。

 

 

表1 同和地区出身者と判断する理由(複数回答可)

 

 

5.見なされる差別

 

ところで私たちは誰しも部落差別を受けたいなどとは思わない。「差別を受けたくない」という思いはすべての人に共通する当たり前の意識である。この思いと、その部落差別の対象となる「同和地区出身者とは誰か」という自分自身の基準が交差するとき、自分の基準に基づいて「自分は同和地区出身者と見なされないようにしよう」という意識が生じる。つまり、同和地区の土地とのかかわりを持つことへの警戒であり回避である。市民のこのよう意識が土地差別問題の根底に流れている。

 

注意を要するのは、この意識はストレートに同和地区を避けているという直接的な差別意識というよりは、「同和地区出身者と見なされること」を避けている点である。「そんなことをすれば同和地区出身者と見なされるかもしれないよ」という市民が市民の視線を感じ取り、お互いがそれに縛られながら「同和地区出身者と見なされる可能性」を回避していくという、市民と市民との関係、市民と社会との関係において土地差別を支える意識が組み立てられている。

 

こうして、部落差別を助長するつもりなど意図していない多くの市民が、悪気なく部落差別(土地差別)という神輿(みこし)の端っこを知らず知らずのうちに担いでしまっているのではないだろうか。

 

 

6.取り組み

 

土地差別問題の解明は、部落差別がしぶとく生き残っていく社会構造の重要な一端を教えてくれる。これにどう立ち向かっていくのかについては別の機会に譲る。ここではこうした現実に対する大阪府と三重県での取り組みを紹介しておく。

 

大阪府では1991年以来6年おきに宅建業者に対する人権問題実態調査が実施されている。また2006年から始まった宅地建物取引業人権推進指導員制度は、2017年度より「宅地建物取引業人権推進員制度」へと発展し、同和問題や外国人・障害者・高齢者等への入居差別問題などを正しく理解するための同推進員養成講座がスタートしている。さらに興信所や探偵社による部落差別身元調査などを規制するために制定された「大阪府部落差別事象に係る調査等の規制等に関する条例」(1985年)を改正し、「土地調査等を行う者」に対して「調査又は報告の対象となる土地及び周辺の地域に同和地区があるかないかについて調査し、または報告しないこと」などが追加された(2011年)。

 

三重県でも2011年に宅建業者に対する人権問題実態調査が実施され、2017年に第2回目が行われた。ここでは県と三重県宅建協会、全日本不動産協会三重県本部が共同で「わたしたち宅建業者は同和地区の所在に関する質問にはお答えしません!!」とのステッカー(縦10.5×横30cm)を作成し、それぞれの営業所で顧客に見えるところに掲示する取り組みが進んでいる。これ以外でも近年、各地で取り組みが進められている。

 

2016年12月に部落差別の解消の推進に関する法律が制定、施行された。その第6条には「部落差別の実態に係る調査の実施」を行うことが規定されている。土地差別問題の深刻な状況と部落差別解消におけるこの問題の重要性を踏まえて、国(国土交通省)においても全国的な実態調査を実施すべきであろう。そしてその結果を踏まえて、第5条にある「部落差別解消に関する施策を講じる責務」を果たすべきではないかと強く思う。

 

 

 

 

●関心のある方に次の図書を紹介します

 

見なされる差別 なぜ、部落を避けるのか

見なされる差別 なぜ、部落を避けるのか書籍

価格¥ 1,404

作者奥田 均

発行解放出版社

発売日2007年11月12日

カテゴリー単行本(ソフトカバー)

ページ数102

ISBN4759210261

Supported by amazon Product Advertising API

 

土地差別―部落問題を考える

土地差別―部落問題を考える書籍

価格¥ 1,836

作者奥田 均

発行解放出版社

発売日2006年3月1日

カテゴリー単行本

ページ数141

ISBN4759201181

Supported by amazon Product Advertising API

 

「人権の世間」をつくる

「人権の世間」をつくる書籍

作者奥田 均

発行解放出版社

発売日2013年8月12日

カテゴリー単行本

ページ数156

ISBN4759230254

Supported by amazon Product Advertising API

 

 

知のネットワーク – S Y N O D O S –

 

 

シノドスをサポートしてくれませんか?

 

●シノドスはみなさまのサポートを必要としています。ぜひファンクラブ「SYNODOS SOCIAL」へのご参加をご検討ください。

⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

 

●シノドスがお届けする電子メールマガジン「αシノドス」

⇒ https://synodos.jp/a-synodos

 

●少人数制セミナー&Facebookグループ交流「シノドス・サークル」

⇒ https://synodos.jp/article/20937

 

 

 

 

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.254 公共性と社会

1.長谷川陽子「知の巨人たち――ハンナ・アーレント」
2.岸本聡子「公共サービスを取り戻す」
3.斉藤賢爾「ブロックチェーンってなあに?」
4.山岸倫子「貪欲なまでに豊かさを追いかける」