「存在しない」サバイバーたち ―― セックス・労働・暴力のボーダーで(1/3)

(本稿では、現在「差別用語」とされている表現を、当時の記録の記述に即して、そのまま使用しています)

 

8月、日傘越しでも皮膚に刺さるような紫外線がふりそそぐ猛暑の某日。インターフォンのボタンを押す緊張感に、思わず手が震えた。インビジブルな不可侵の地、「婦人保護施設」を前にして、躊躇を感じぬ人などいないだろう。

 

この門の内側に、一般の人が許可なく踏み入ることはできない。外見からは何の建物かもわからず、入口は重い鉄製の格子で厳重に閉ざされている。所在地や連絡先は、基本的に一切非公開である。とめどない暴力の連鎖から逃れ、最後の砦に辿り着いた女性たちにとって死活問題となるからだ。

 

 

「戦後」の売春防止法と婦人保護施設

 

このM寮の施設長であるYさんは、ガチガチに恐縮し構えていたわたしが拍子抜けするような、満面の笑顔で玄関先へ迎え入れてくれた。

「よく、いらっしゃいました」

 

婦人保護施設の法的根拠は、「売春防止法」である(以下、「売防法」と省略)。1956年の成立後、ゆうに55年間の歳月が経過している。今回訪問したM寮は、その制定から2年後の1958年に設立された。

 

売防法について、簡単な解説をしておきたい。終戦の混乱期から10年、1950年代に貧困、障害や疾病への措置の一環、または進駐軍慰安施設の解体という政治的意図など、複合的な要因を背景として政府は「売春婦」への対策措置を講じた。

 

売防法の文言そのものが、当時、売春を行っていた女性たちへ社会が向けていた眼差しを露わにしている。たとえば、第5条を抜粋してみる。

 

 

第五条  売春をする目的で、次の各号の一に該当する行為をした者は、六月以下の懲役又は一万円以下の罰金に処する。

一  公衆の目にふれるような方法で、人を売春の相手方となるように勧誘すること。

二  売春の相手方となるように勧誘するため、道路その他公共の場所で、人の身辺に立ちふさがり、又はつきまとうこと。

三  公衆の目にふれるような方法で客待ちをし、又は広告その他これに類似する方法により人を売春の相手方となるように誘引すること。

 

 

第5条違反、すなわち売春を目的として女性が「客」へ声をかける行為だけでも、刑事処罰の対象となる。

 

売防法第5条を根拠とした「補導」がかつてどのような形態をとっていたのかを、Yさんに伺った。

 

 

「『おにいさん、遊んでいかない?』と街角で声をかけただけで、手錠と縄をかけられて『補導院』へ収容されるケースもありました」

「今現在は実質的に使用されなくなりましたが、建物の『補導院』は残っています。少年院に隣接していて、内部のつくりは刑務所と同じです」

「買う側への問いはそこにはない。売春をする女なんて『さんざん悪いことをしてきた犯罪者』という一方向の目線しかない」

 

 

当初の婦人保護施設は、建前としては、売防法で「補導」された後、行き場のない「要保護女子」を収容保護するための施設であった。

 

 

昭和30年代の「売春婦」たちの素描

 

では実際は、どのような女性たちがここに辿り着き、暮らしていたのだろうか。

 

昭和30年代の、設立初期のM寮への入所者の状況記録を、一部、何件か抜粋して記載する。

 

 

昭和33年(1958年)

・ケース1:入所時年齢- 38歳

      生活状況- 貧困 街娼

      補導院歴- 3回

      障害・疾病症状など- 精神分裂病 刑務所

 

・ケース2:入所時年齢- 17歳

      生活状況- 子守 女中 街娼

      補導院歴- なし

      障害・疾病症状など- 知的障害 17歳で強姦被害

 

・ケース3:入所時年齢- 26歳 退所後42歳で再保護

      生活状況- 貧困 街娼

      補導院歴- なし

      障害・疾病症状など- 中絶 精神科入院歴あり

 

昭和35年(1960年)

・ケース4:入所時年齢- 20歳 退所後38歳で再保護

      生活状況- 売春 少年鑑別所 中絶 医療少年院 H女子学園

      補導院歴- 1回

      障害・疾病症状など- 知的障害(小学校4年中退) 言語障害 精神科入院

 

 

データとしての記録から、個々のケースの文脈を読みとくことは容易なことではない。ほんの数行の記録をみたくらいで、〈彼女〉がどんな人物で、どんな顔をしていてどんな人生を歩んだのか。その死の間際になにを思ったか。会ったことも話したこともないのに、そんなことを慮ることこそ厚かましい行為だと思う。だがそれを承知で、数行の記録から、わたしが最低限推測できることを記しておきたい。

 

まず〈彼女〉たちは、ほぼ全員が貧困層の家庭に生まれている。また、精神疾患や障害への偏見が一般的に非常に強かった時代背景のなか、精神科病棟や援護寮に「収容」される重度とまではいかない、しかし適切なケアと支援なしに社会生活を営むことには困難を伴う程度の知的障害や、精神疾患を複合的に併発していることがわかる。

 

女性という立場、貧困、知的障害、そしてレイプや中絶。精神疾患の発症は、その人生の最中の傷によるものなのか、そうではないのか、個々のケースによって定かではない。だが、当時の日本社会のなかで、〈彼女〉たちが子どもとしてこの世に生まれてきた時点から、売春行為に行きつくまでのプロセスを想像したとき、「さんざん悪いことをしてきた犯罪者」だとは、わたしには到底思えなかった。

 

 

 

シノドスの運営について

 

シノドスは日本の言論をよりよくすることを目指し、共感してくださるみなさまのご支援で運営されています。コンテンツをより充実させるために、みなさまのご協力が必要です。ぜひシノドスのサポーターをご検討ください。

⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

98_main_pc (1)

 

 セミナー参加者募集中!「対話/ダイアローグから見た精神医学」植村太郎(12月16日16時~18時)

 

 

無題

 

vol.233 公正な社会を切り開く 

 

・ジェームズ・ミニー氏、鈴木啓美氏インタビュー「もっと楽しいお買い物を目指して――フェアトレードの魅力」

・【「民主」と「自由」――リベラルの再生へ向けて――】古川江里子「大正デモクラシーと吉野作造 ―大日本帝国憲法下での民主主義的政治の試みが現代に問うもの」

・【知の巨人たち】重田園江「ミシェル・フーコー――なぜ『絶望系』なのに読んでしまうのか」

・阪井裕一郎「学びなおしの5冊 <家族>」

 

vol.232 芸術にいざなう 

 

・吉澤弥生氏インタビュー「人をつなぐ芸術――その社会的評価を再考する」

・【現代演劇 Q&A】長瀬千雅(解説)「時代を捕まえるダイナミクス――現代演劇事始め」

・【今月のポジ出し!】橋本努「タックス・ヘイブン改革 香港やシンガポールにも圧力を」

・増田穂「『知見』が有効活用されるために」

 

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.233 特集:公正な社会を切り開く

・ジェームズ・ミニー氏、鈴木啓美氏インタビュー「もっと楽しいお買い物を目指して――フェアトレードの魅力」

・【「民主」と「自由」――リベラルの再生へ向けて――】古川江里子「大正デモクラシーと吉野作造 ―大日本帝国憲法下での民主主義的政治の試みが現代に問うもの」

・【知の巨人たち】重田園江「ミシェル・フーコー――なぜ『絶望系』なのに読んでしまうのか」

・阪井裕一郎「学びなおしの5冊 <家族>」