澤野由紀子(さわの・ゆきこ)
教育学

聖心女子大学文学部教育学科教授。東京外国語大学ロシヤ語学科卒。東京大学大学院教育学研究科博士課程中退(単位取得)。文部省大臣官房調査統計企画課外国調査係専門職員、国立教育政策研究所生涯学習政策研究部総括研究官等を経て、2007年より現職。専門は、比較教育学、生涯学習論。主な著書に、”Popular Education, Power and Democracy: Swedish Experiences and Contribution”, NIACE, 2013(共著 Edit. Ann-Marie Laginder et.al.)、『統合ヨーロッパの市民性教育』、名古屋大学出版会、2013 (共著 近藤孝弘編)、『世界の学校』、学事出版、2014 (共著 二宮皓編)、『揺れる世界の学力マップ』、明石書店、2009 (共編著)、“International Handbook of Lifelong Learning”, Springer, 2001(共編著)。

vol.267 

・堅田香緒里「ベーシック・インカムとジェンダー」
・有馬斉「安楽死と尊厳死」

・山本章子「誤解だらけの日米地位協定」
・桜井啓太「こうすれば日本の貧困対策はよくなる――貧困を測定して公表する」
・福原正人「ウォルツァー政治理論の全体像――価値多元論を手がかりとして」
・鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(11)――シンクタンク人生から思うこと」
・杉原里美「掃除で、美しい日本人の心を育てる?」