米大統領選で浮き彫りになったアメリカ社会の断絶とは

アメリカ大統領選挙で共和党のドナルド・トランプ氏が勝利したことを受けて、各地で抗議デモが行われるなど反発が広がっている。トランプ氏は8日の勝利宣言で「今こそこの分断の傷を修復し、ともに結束していくときだ」と融和を強調した。今回の大統領選挙で浮き彫りになったアメリカ社会の断絶とはいかなるものなのか?  長年、アメリカ社会をウォッチしてきた専門家の方々とともに議論する。2016年11月10日(木)放送TBSラジオ荻上チキ・Session22「米大統領選で浮き彫りになったアメリカ社会の断絶とはいかなるものなのか」より抄録。(構成/大谷佳名)

 

 荻上チキ・Session22とは

TBSラジオほか各局で平日22時〜生放送の番組。様々な形でのリスナーの皆さんとコラボレーションしながら、ポジティブな提案につなげる「ポジ出し」の精神を大事に、テーマやニュースに合わせて「探究モード」、「バトルモード」、「わいわいモード」などなど柔軟に形式を変化させながら、番組を作って行きます。あなたもぜひこのセッションに参加してください。番組ホームページはこちら → http://www.tbsradio.jp/ss954/

 

 

メディアに表れなかったトランプ支持層

 

荻上 今夜のゲストは、1960年代からアメリカ大統領選を取材されている松尾文夫さん、『トランプ現象とアメリカ保守思想』などの著書がある青山学院大学教授の会田弘継さん、米国社会や政治に詳しい慶應義塾大学教授の渡辺靖さんです。よろしくお願いします。

 

松尾・会田・渡辺 よろしくお願いします。

 

荻上 アメリカ大統領がトランプ氏に決まりました。松尾さん、この結果についてはどのように捉えていらっしゃいますか。

 

松尾 意外な結果だったと思います。私は9月末にアメリカを訪れましたが、最初にオハイオ州に滞在した時は「ここではトランプが勝つだろう」と確信したものの、その後ワシントンに周り、ロサンゼルスで第一回テレビ討論を見た時には、クリントン優位の観測が圧倒的という感覚でした。

 

ただ、現地でトランプ支持の人々と出会う中で印象的な出来事もありました。シカゴ空港でパスポートのチェックをされた時のことです。係官の方は立派な階級章をつけた白人女性でしたが、私が「大統領選の取材でオハイオ州に行く。」と言った瞬間、がらっと表情を変えたんですね。そしてしばらく選挙談義をした後、彼女は「私はトランプ氏を支持している」と笑い、厳重なセキュリティチェックもパスして送り出してくれたんです。

 

トランプの支持層は主に「プアー・ホワイト」と呼ばれる白人の貧しい階級の人々だと言われますが、彼女のように階級の高い職に就いている方、それも女性が支持しているというのは意外でしたね。

 

荻上 なるほど。会田さんは今回の結果をどう思われますか。

 

会田 松尾さんがおっしゃったような印象は、私もこの夏にアメリカを訪れた際に感じました。私の興味の領域は共和党とその背後にある力についてですので、今回も共和党大会を見に行ったわけですが、その時に「Uber」を使ったんです。Uberとは一般の方が自分の車を使って空き時間などにタクシーの運転手の仕事ができるというサービスですが、これをしている人はほとんど、職を一時的に失って困っている人たちなんです。

 

中にはレクサスに乗ってくる運転手の方もいて驚きました。その人は60代くらいの品の良いおじさんで、話を聞くと彼はもともとエンジニアで幹部職に就いていたそうですが、突然クビになったと。まだ子どもが小さいので養育費を稼ぐために運転手をやっているとのことでした。選挙の話をすると、彼もトランプを支持していると言っていましたね。出会った白人のほとんどがトランプ支持者でした。

 

荻上 ただ、報道を見ていた印象だと、おそらくトランプは負けるだろうという予想が大半だったと思います。

 

会田 そうですね。CNNの討論会後の世論調査でも、クリントン60数%、トランプが20数%という結果が出ていたと思います。ただその一方で、討論会を見て受けた印象は、どうもこの数字やクリントン勝利という報道はおかしいんじゃないかと、何か騙されているような気もしていました。

 

結局、こうした主要メディアの報道を後から検証していくと、まったく酷いからくりなんです。後から公表されているデータですが、たとえばCNNの世論調査では対象の40数%が民主党員で、共和党員は20%くらいしかいなかったそうです。これでは当然、歪んだ世論調査結果になってしまいます。それを平然と公正な数字として、何度も繰り返し報道していたわけです。

 

そのうち、ニューヨークタイムスなどは、明らかにトランプを攻撃するような記事を一面で掲載するようにもなっていきました。社説ならまだしも、一般の誌面でこうした批判を繰り広げている。メデイアとしてはそこに正義や義務感を感じていたのかもしれませんが、やはり矩をこえているのではないかと思います。

 

アメリカの有力なメディアは圧倒的にリベラル側なので、日本も含め世界中の報道がそれらに引っ張られます。世論調査の歪んだ結果もそのまま報道する。だから日本のジャーナリストは、ほとんど実態を理解できなかったのでしょう。

 

もう一度、選挙とメディアのあり方をしっかり考えなくてはいけません。いわゆる伝統的なメディアのみでなく、SNSなど新しい世論形成の手段が登場していく中で、現代の選挙をどう考えればいいのか。検証する時に来ていると思います。

 

荻上 こうしたメディアとの関係について、渡辺さんはいかがですか。

 

渡辺 世論調査がどこまで正確に測定できるのかは、ブレグジットの時にも課題になりましたよね。おそらく今回も反省が広がっていくと思います。

 

私が今回のトランプの発言で印象的だったのは、討論会の時にヒラリー・クリントンに対して「あなたは30年もワシントンにいたのに何をしてきたんだ?」と言ったのです。つまり、これまで何も変えれなかったじゃないか、と。それに比べて彼は暴言も吐くし人格的にも問題があるかもしれないが、何かポリティカルコレクトネスにめげずに言いたいことを言う度胸や大胆不敵さがある。そこに有権者は彼の実行力のポテンシャルを感じとって、今抱えている現状不安を解決してもらおう、と救世主的な役割を期待したのだと思います。

 

その深度は世論調査では救いきれないほど深いということが判明した。それがトランプの大きな勝因だったのでしょう。そこをどうやって、統計的なモデルの中に組み込んでいけるかが今後のメディアの課題かなという気がします。

 

ちなみに、日本でも最近はトランプの顔を模したマスクが売れているみたいで、それをかぶると普段言えないようなことも言えるようです。彼のような度胸が欲しいと思っている人は実はアメリカ以外にもたくさんいるんですね。

 

松尾氏

松尾氏

 

リベラル・デモクラシーが抱える根源的問題

 

荻上 トランプの勝利をどう考えれば良いでしょうか。

 

会田 今回の選挙で初めて我々が知ったのは、プアー・ホワイトたちについてアメリカ人自身が何も理解していなかったということです。今、彼らの実態と歴史を辿るような書籍が次々と出版されています。私がその原点だと思っているのが、1976年にドナルド・ウォレンという無名の学者が書いた『ラディカル・センター』という本です。この本は、ちょうどリチャード・ニクソンが登場してきたころに彼が言っている「サイレントマジョリティ」とは何なのか、科学的に考えようとしたものです。

 

この本を読んで、ようやく今起きている現象の根源的な意味が少しずつ見えてきました。どうもこれまでの我々の理解とは少し違った角度からアメリカを見ていかなくてはいけないんじゃないか。

 

一見、トランプはプアー・ホワイトたちの人種差別意識を煽ったことで大量に票を得て大統領になったというイメージがありますが、私は逆ではないかと思います。つまり、今までまったく無視されてきた人がトランプという表現手段を得て、彼を通して異議申し立てを行っているのではないかと。

 

荻上 その根源的な意味とはどういうものでしょうか。たとえば、これまで建前上は西洋的な普遍主義あるいは人権主義を推進していく姿勢を維持してきたアメリカが、今はその余力が衰え、信念までも失われてしまったことを象徴しているのか。それとも、人口動態が変わっていく中で長期的には思想も変化していく、それを予感した最後の反動のようなものなのか。どちらだと思われますか。

 

会田 よくトランプ現象は人口が減っていく白人たちの雄叫びというように解釈されますが、それも短絡的な考え方ではないかと私は思っています。たしかに、トランプだけ見ずにサンダースの方も見ながら考えると、まさに白人労働者階級を軸としてマルクス主義的な歴史観で語られるような、大きな時代変革を起こしうる階級闘争が起きている気配はあります。

 

しかし、そんな単純な話でもない。ここで起きている根源的な変化の一つは経済的なものと文化的なものが絡んできます。まさにリベラルなデモクラシーがずっと普遍的な価値を保ったまま進んできた末に、内在していた問題があらわになってきたわけです。

 

それはつまり、さまざまなグループごとにアイデンティティーを強調しあう「アイデンティティ・ポリティクス」と呼ばれる現象です。これはリベラルな民主主義の中でしか起こりえません。それが今アメリカ社会を、リベラルデモクラシー自身を、破壊するような形で作用し始めているのです。そうした動きに対して何か大きな反動現象が起きているのではないかというのが私の一つの見立てです。

 

荻上 シンプルに言ってしまうと、「リベラル疲れ」というように表現されたりもしますよね。

 

会田 そういう部分もあるかもしれません。その中で、根源的価値においても危機が生じているということです。

 

私が今回の選挙で一番印象に残っているのは、映画監督のクリント・イーストウッドの言葉です。彼は「消極的にトランプを支持する」と言ったんですね。トランプが言っているようなことは、自分の子ども時代だったらレイシズムにはならなかった。アメリカはいつからこんな軟弱になったのか、と。

 

これを聞いて驚いた方も多かったかもしれませんが、まさに彼の初期の映画『許されざる者』(1992年)に出てくるのは、今反乱を起こしている「白いクズ」と呼ばれるようなプアー・ホワイトたちです。彼は古くから続く白人労働者階級たちの歴史を知った上で、一般的なインテリとは違う視点を提供しているのだと思いました。

 

会田氏

会田氏

 

 

「反知性主義」とアメリカ社会の分裂

 

荻上 一方で、大統領選後、反トランプ派によるデモが各地で起きています。渡辺さんは今回の結果をどうお考えですか。

 

渡辺 たしかに、今回の選挙戦を通してトランプの発言は非常に差別的で民主主義の根幹を否定するような面もありました。しかし、少し距離を置いてみると、ある意味、トランプが今回選ばれたというのはアメリカの民主主義が完全に機能している証でもあると思います。

 

というのも、歴史を振り返れば、政権が変わる際には大きな暴動が起きたり暗殺が起きたり、クーデターが起きたりしてきたわけです。それに比べると、今回は平和裡に権力の移譲が行われたと言えます。そもそも、大統領選挙とは小さな革命を平和裡に起こすための仕組みであり、それが機能している限りは、決してアメリカの民主主義が死んだという形では語れないと思います。

 

また、リチャード・ホーフスタッターによる『反知性主義』という本がありますが、その主張は決して知性を否定するという意味ではなく、ヨーロッパのように特定の層が権威主義的なエリートになることを、常にアメリカは否定していくべきだ、という建国の理念に基づきます。それが今回、既存政治家を否定するというムーブメントの中で、アメリカ史をずっと作り上げてきた運動律が、今回また発掘されたんだという解釈も忘れてはいけないと思います。

 

荻上 日本では「反知性主義」を誤った意味合いで使われることも多いと思います。アメリカ社会ではインテリ的な振る舞いが抑圧的な効果を持ってしまうときに、それに対する中流階級などの反発が非常に根深いが、そこにはまさにアメリカ建国の理念に通づる合理性がある。「反知性主義」は本来それを表現した言葉なのですね。今回はまさにそれを読み誤ったヒラリー陣営、という風にも捉えられます。

 

渡辺 はい。また、アメリカ社会の分裂についていうと、確かに今回の選挙ではオレゴン州の知事に初めてLGBTの女性が選ばれるなど、寛容度を増している側面はあります。しかし、経済格差においては数字の上でもかなり分裂していますし、党派対立もより明確になっているのは事実です。

 

さらに、あえて言えば熱心にクリントン氏を支持したりトランプ氏に熱狂したりする層と、どちらも嫌だ、政治にも興味がないという層もある。政治的関心が高い層と全く関心がない層とのギャップも、もう一つの分裂かと思います。

 

荻上 渡辺さんの指摘で重要なのは、アメリカだけでなくどの国でも、分裂している状態を修復するために議会や選挙が設けられたということですよね。国を二分するような議論であっても、それをなるべく平和裡に執り行うのが選挙の役割です。そうした中でトランプ氏は分裂状況を煽りながらも、「政治的正しさ」に対して挑戦するような振る舞いをした。この点が特色的だったという話でした。

 

渡辺さんに伺いたいのは、こうしたトランプの挑戦に多くの人が賛同したから一票を投じたのか。それとも、失言と言われるような発言は有権者にとってそもそも優先順位が高くなくて、それよりも経済の再生を本気でやってほしいということだったのか。どちらでしょうか? というのも、日本でも安保の時にあれだけリベラルなメディアが盛り上がったにもかかわらず、投票をする人は少なかったりしたわけですよね。

 

渡辺 そこも重要な視点です。リベラルな人からすると、トランプの差別的な暴言はアメリカ社会の根幹を破壊しているんだ、だから許せないという立場ですよね。しかし、トランプ支持者からするとそこはあまり関係ない。むしろ、今アメリカ社会の中に広がっている絶望感なり閉塞感なりを作り出したのは職業政治家の方だ。彼らこそアメリカ社会のデモクラシーを破壊しているんだ。それを解決してくれるのであれば、多少の暴言は大したことじゃない、というわけです。

 

つまり、お互い見ているものがちょっとズレてしまっている。噛み合わないままレトリックはどんどん過激になっていって、誹謗中傷がそれをさらに深めていっている、というのが分裂かなという気がします。

 

荻上 今回の結果は意外なようで、実は日本の現状を見るだけでも意外ではないなと感じる点があります。トランプ氏は選挙後のスピーチで経済政策を積極的に進めていくと訴えましたが、保守主義者が保守主義的なメッセージを出しつつ同時に経済第一で進めていくという手法は、これまでも自民党や支持を得てきた知事などにも共通することで、やはりマジョリティに響くものです。

 

トランプの暴言に対して、政治的正しさをもって追求していくヒラリーのやり方は、むしろ「そんなことよりちゃんと経済政策を語れ」という反感につながっていたわけですね。【次ページにつづく】

 

 

◆◆「αシノドス」購読でシノドスを応援!◆◆

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.226+227 特集:自立的思考のために

・飯田泰之氏インタビュー「経済学の基礎で社会を読み解け!――マクロ経済の思考法」

・角間淳一郎氏インタビュー「『風俗嬢かわいそう』で終わらせない――“孤立”に歯止めをかけるセカンドキャリア支援」

・【今月のポジ出し!】吉田徹「形骸化する地方自治――『くじ引き民主主義』を導入せよ!」

・藤代裕之氏インタビュー「フェイクニュースが蔓延するメディア構造はいかにして生まれたのか」

・塚越健司 学びなおしの5冊 <統治>

・齋藤直子(絵)×岸政彦(文) 「Yeah! めっちゃ平日」第八回