保守主義を再定義する――起源から辿る「保守」の真髄

安倍政権は保守?トランプ氏も?「保守」と自認する政治家があふれ、その意味が拡散する中、そもそも「保守主義」とは、いかなる思想なのか。「右派」や「復古主義」、「新自由主義」などとの違いは何なのか。また、対する「革新」や「リベラル」との関係はどうなっているのか。著書『保守主義とは何か  反フランス革命から現代日本まで』(中公新書)が話題の政治学者で東京大学教授の宇野重規氏を迎え、あらためて「保守」について考える。2016年8月30日放送TBSラジオ荻上チキ・Session-22「安倍政権は保守?トランプ氏も?『保守主義』ってなんだろう?」より抄録(構成/大谷佳名)

 

■荻上チキ・Session22とは
TBSラジオほか各局で平日22時〜生放送の番組。さまざまな形でのリスナーの皆さんとコラボレーションしながら、ポジティブな提案につなげる「ポジ出し」の精神を大事に、テーマやニュースに合わせて「探究モード」、「バトルモード」、「わいわいモード」などなど柔軟に形式を変化させながら、番組を作って行きます。あなたもぜひこのセッションに参加してください。番組ホームページはこちら→ http://www.tbsradio.jp/ss954/

 

 

敵を見失った「保守」

 

荻上 今日のゲストは、政治思想史がご専門の東京大学社会科学研究所教授の宇野重規さんです。よろしくお願いします。

 

宇野 よろしくお願いいたします。

 

荻上 宇野さんは今年6月に『保守主義とは何か』という本を出版されました。このタイミングで保守主義について書かれた理由は、どういったことだったのでしょうか。

 

宇野 最近、みなさん「保守」という言葉を乱用しすぎではないかという気がします。特に気になるのは、「外国人は出ていけ」などと言う排外主義のことを保守だと考える人もいることです。そういう人たちが保守を語ってほしくないと私は思います。

 

また、ジェンダーの問題に関しても、「男女平等は日本の古き伝統とは異なる」と主張するような人たちが、保守を名乗る場合もあります。こうした思想が保守とは到底思えません。

 

しかし、ここまで言葉が混乱しているなら保守主義そのものがなくなればいいのかというと、私はそうは思いません。保守というのは学ぶべきことも多い、価値のある思想だと思っています。だからこそ、もう少しきちんと使いたいと思ったのです。

 

保守主義の歴史を振り返ると、最初はフランス革命を批判する勢力として生まれ、のちに社会主義に反発し、さらには大きな政府、いわゆるリベラリズムに対抗してきました。つまり、ある方向に突っ走ってしまう人たちに対して、「ちょっと待て」と歯止めをかける役割があったのです。

 

しかし、今は革命を起こそうという勢力が目の前にあるわけでもなく、保守は敵を見失い、自分たちの定義もよく分からなくなってしまったのではないかと思います。そして、保守そのものが無限にインフレを起こしてしまっている。これになんとかストップをかけたいというのが、私の今回の狙いでした。

 

荻上 保守主義には、自らの立場を定義づけて慎重に歩みを進めてきた歴史があるのですね。

 

宇野 守るべきものは守る。しかし、変えるべきものは変えていく。それが保守の本来の真髄です。現実を無視して抽象的な理念を振りかざし、ゼロから社会を作り変えようとする人たちがいる中で、そうではなくて、これまで構築されてきたものを活かしつつ、時代に合わせて改良していくべきではないか。過去に対する深い洞察と現実主義、こうした側面が今の保守を主張する人たちには欠けているんじゃないかと思います。

 

荻上 日本の論壇で保守というと、たとえば毎日新聞や朝日新聞を読むのではなく読売新聞や産経新聞を読む、雑誌なら岩波書店の『世界』などではなく、産経新聞社から出ている『正論』などを読むというように、ある意味、棲み分け場所が固まっている印象があります。

 

宇野 戦後のある時期までは、朝日新聞や岩波書店を代表される進歩派知識人と言われた人たちが大きな影響力を持ちました。彼らは、欧米社会をお手本にして非常に理想化されたモデルを掲げ、日本の現実をバッサリと切っていったとしばしば言われます。結果、それに反発する勢力も生まれました。

 

たとえば戦後の進歩派知識人の代表的存在である丸山眞男に対して、文芸評論家の福田恆存、ちなみに彼自身は保守主義ではなく「(態度としての)保守」と名乗っていますが、彼のような人が対抗していきました。こうした経緯は、当時は一定の意味もあったと私は思っています。

 

しかし、今はどうでしょうか。進歩派知識人なんてどこにもいませんし、それどころか保守を名乗る人たちばかりが世に溢れています。今の朝日や毎日はあくまで叩くための象徴として使われているだけです。リベラル側に揺らぎが見えている中で、それをあたかも巨大な存在であるかのように語り、みんなで叩いている。今の保守を名乗る人々がやっていることは、やや自己宣伝に近いのではないかという気がします。

 

荻上 十年ほど前に、自民党は安倍総理を中心として過激な性教育、ジェンダーフリーを批判するプロジェクトを作りました。当時の保守論壇でよく言われていたのは、男女平等を目指す運動というのは、実は過激なマルクス主義の隠れ蓑で、本当は共産主義を目指しているんだ。つまり、自分たちの敵はいなくなったのではなく、むしろ社会に根付いている手強い存在なのだから気を緩めるな、と言って同じ保守系の人たちに向けて発破をかけていたようなところがありました。

 

そう考えると、「保守」と名乗るということは、それによってコミュニティに参加し、お互いに対話するための手段として使われているように思います。一方で、何を批判して何を保守するのかというと、実はいずれもブレている。なぜならリベラルそのものがブレているから、というわけですね。

 

宇野 重要なのは、そもそも保守とは「こういう社会を作りたい」という理念に基づくものではなく、批判をすること自体が基本的な発想なんです。しかし、今は批判すべき相手が見当たらず、陰謀史観のようにありもしない敵を作り上げ、過去のイメージのまま語り続けている。一種の観念遊戯じゃないかと思います。

 

 

20160830_main1

宇野氏

 

エドマンド・バークの思想

 

荻上 最近も国会で「保守主義」の定義が話題になったことがあります。2015年2月19日の衆議院予算委員会での当時の民主党・岸本周平議員と安倍総理とのやり取りを聞いてみましょう。

 

岸本議員 「安倍総理はご自分のことは『保守政治家』の一人と考えておられます。そこで保守とは何か、保守政治とは何かというご議論をさせていただきたいです。まず、定義をしなければいけません。保守とかリベラルとか、日本の場合それぞれ様々な定義があるものですから、なかなか議論が進みません。最も古い保守政治家であるイギリスのエドマンド・バークは、このように定義しています。保守とは何か。一言でいうと、人間が不完全であるということを認めるかどうか。人間の理性、知性には限界があるということを認める立場が保守政治、と。その定義において、安倍総理はご自身が保守政治家であるとお考えなのかどうか、伺いたく存じます。」

 

安倍総理 「保守がイズムであるかどうかについては、様々な議論があります。エドマンド・バークは『フランス革命の省察』を書きました。フランス革命というのは、まさに知性万能主義です。自分たちが正義をつくる。それから恐怖政治が始まったわけであります。その有り様を見て、(バークは)翻って英国のあり方を見たときに、自分たちの漸進主義的な考え方、現在の仕組みは、どういう過去の積み上げの中で生まれてきたのか、考えたわけです。それは、これまでのものを何一つ変えてはいけないということではありません。常に何かを変えていくときに、理性的なアプローチではなく、積み上がってきたものの重みをしっかりと感じることが大切なんだと思います。今を生きる人たちだけではなく、過去から現在、そして未来への視座を持っていくということだと思います。一方で、大切なものを守るときには、勇気をもって変えていく。何を守っていくのかということも常に考えていかなくてはいけないと思っています。」

 

今、名前が挙がってきたエドマンド・バークは保守主義の元祖と言われる人物ですが、そもそも保守主義というのはどこから生まれてきたのか、この辺りを教えてください。

 

宇野 保守主義というとエドマンド・バークの著作『フランス革命の省察』がしばしば取り上げられるのですが、正直言ってみなさん本当に彼の思想を理解しているのかなと疑問に思うことがあります。今回、本を書くにあたって改めて伝記なども読んでみたのですが、彼自身、本当に面白い人なんです。

 

バークはイギリスの政治家と言われますが、もともとはアイルランドの出身です。イギリスの中ではマイノリティーの立場だったんですね。自分の国さえ良ければいいのではなくて、いろいろな国の人々を受け入れて一つの国ができている、それがイギリスの良き伝統だという意識が、彼の中に根付いていたのです。

 

また、彼は経歴を見ても面白いんですね。しばしば保守政治家というと、現在の政権に近い人々、体制派というイメージがあります。しかしながら、彼はほとんどの期間が野党なんです。しかも、彼はのちに自由党になる政党に所属しており、保守党ではありませんでした。

 

彼の主張をみていくと、興味深いことに、アメリカに独立運動が起きたときには独立派に賛成しています。さらに、当時の国王が非常に専制的になったときには、国王に対して激しい批判を繰り広げました。彼にしてみると、国王が独裁化を強めていくことは、国王は議会の中でこそ機能する(King-in-Parliament)というイギリスの伝統を脅かすものだったのです。

 

荻上 日本では保守というと、当然ながら天皇を尊重する考え方と一対一対応しているイメージがあるのですが、必ずしもそうではないのですね。

 

宇野 もちろんバークは国王そのものを否定したわけではありません。そもそも単純に「反君主」「親君主」という話ではないのです。しかるべき役割を逸脱して、自由を尊重する良き伝統を崩そうものなら、たとえそれが国王であっても対抗する、それこそが愛国なのだというのがバークの立場でした。

 

また、こんなエピソードもあります。当時イギリスはインドを植民地化していく最中だったのですが、その時の東インド会社において、非常に腐敗が進んでいました。それに対してバークは「このままでは植民地の人々が苦しむばかりだ」と、植民地側に立った主張をしたのです。若い時の彼は自由の闘士でした。この人が保守思想の元祖であるということは、実に面白いなと思います。

 

だからフランス革命が起きたときに、周りは思ったんです。アメリカ独立すら認めたバークだから、きっとフランス革命に賛同して革命側を支援する本を書いてくれるんじゃないか、と。そして、執筆依頼の手紙を書きました。それに対しての返事が、この『フランス革命の省察』という本になったわけです。

 

これは実に思いがけない内容だったので、周りの人たちは非常に驚きました。この本の中でバークが言ったのは、人民が立ち上がって自らの権利を主張することは悪いことではない。ただし、彼らは途中から行きすぎたのだ。フランスだって絶対王政の中でも少しずつ自分たちの自由の伝統を育ててきただろう。そうしたものを全て白紙にして、新しい国家を一から作り直そうというのは許せない、と彼は主張したのです。

 

彼は言います。保守主義というのは単に過去に戻ろうとか、伝統主義、復古主義という思想とは異なる。何が自分たちにとって大切なのかを見極め、それを守るためにこそ、必要があれば社会のあり方、政治の仕組みを変えていくのが保守主義だというのです。

 

そのために、彼は政党というものを非常に重視しましたし、民主主義を決して否定していません。しばしば保守主義は民主主義を否定する思想だと言われますが、彼は、人々の声を活かしながら社会を自覚的に変えていくことを重要だと考えていたのです。

 

荻上 今ある社会制度や文化・風習というのは、おそらくこれまで様々なストレステストに耐えてきたからこそ残っているわけで、それをいきなりゼロから変えるとなると、これまで保ってきたアイデンティティを含め、いろいろなものが崩れてしまう可能性もあるわけですよね。

 

宇野 まさにバークが主張したのは、一見、不合理に見えるような伝統や慣習でも、過去からやってきたものにはそれなりに理屈があるということです。それが理解できないからといって、すべて壊してしまうべきではない。やはり保守主義を貫く思想としては、人間が不完全だという前提があるのです。人間の理性や知性ですべてを把握することはできない、ということです。

 

荻上 ところで、いわゆる愛国主義と保守主義の違いとはどういったものなのでしょうか。

 

宇野 何をもって愛国主義というのかにも依ります。もし排外主義のような意味が愛国主義に含まれるならば、保守主義と愛国主義ははっきりと区別するべきです。ただ、先ほど申し上げた通り、保守主義には歴史的に形成された自分の国の仕組みや制度に対して、命をかけてでも守るに値するものなんだ、という前提があります。その限りにおいては、保守主義と愛国主義に接点はあると思います。

 

荻上 自分の国が持つ重要な価値を守るために尽力することが愛国なのであれば、たとえば現政権がそれを脅かそうものなら、批判をするのも愛国のあり方だったりもするわけですよね。「外国人を排除しろ」と言っているような人が愛国主義者を名乗っている場合もありますが、国を愛するという定義がものすごく狭くなってしまっていると感じます。その結果、「愛国主義って怖い主張なんだ」というイメージが作られてしまった、ということもありますよね。【次ページにつづく】

 

 

シノドスの楽しみ方、あるいはご活用法のご案内

http://synodos.jp/info/18459

 

salon-banner_synodos-ptn11

1 2

α-synodos03-2

困ってるズ300×250

lounge

vol.209 特集:交渉/ネゴシエーション

・松浦正浩氏インタビュー「『交渉学』とは?――誰もが幸せになる問題解決のために」

・国境なき医師団・村田慎二郎氏インタビュー「人道援助と交渉――『中立・独立・公正』の実践で信頼関係を築く」

・幡谷則子「コロンビア和平プロセスの課題――新和平合意をめぐって」

・橋本努「南仏エクス・アン・プロヴァンス滞在とハン・サンジンの社会学」

・片岡剛士「経済ニュースの基礎知識TOP5」