法の支配の外側で 

一人の大統領がいるとしよう。独立後15年を経て、彼は2期目の任期の終わりにさしかかっている。独立後に定められた憲法には、大統領は二期をこえて在任できないという制限がある(それは独立時から権力者だった彼自身が認めた条項なのだが、そのときは十分な期間が手に入ると思ったのだ)。

 

彼の政権運営には批判も多く、権力を失えばどのような報復を受けるかわからないし、だいたい彼自身が実入りのいい権力の座を手放すつもりはない。さて、どうしたらいいだろうか。

 

何人かの法律家にこの問題を話してみたところ出てきた対応には、次のようなものがある(どこかに似た話があるかもしれないし、廣瀬陽子先生ならたちまち実例をみつけてしまうかもしれないが、あくまで架空の設例だということにしておいてほしい)。

 

 

いくつかの選択肢

 

第一に、まず憲法を改正して首相に権限を移し、適当な人物を新たな大統領にかつぎ上げて自分は首相に回る、というもの。なるほど《形式的には》まったく問題は見当たらない。憲法が禁じているのは連続での在任だけだから、次に自分がもう一度戻ってくるという手も使えるかもしれない。

 

第二に、憲法を改正して任期制限を廃止してしまうというもの。狙いがあからさまなのが問題だし、国内からも諸外国からも批判があるだろうが、やはり《合法性》に問題はなさそうだ。

 

第三に、たとえば最初の任期は憲法の制定前からはじまっていたので、憲法の予定している任期制限の対象にならず、いまが一期目なのでもう一回再選できるというように、必要な憲法解釈を発明するという方法。どうがんばってもあと一回ということが確定してしまうし、終わりのみえた権力者に人々がおとなしく従ってくれるかという疑問が湧いてくるあたりに難点があるが、それだけに国内外からの批判も弱いかもしれない。

 

第四に、もうあきらめて誰か適当な人間を傀儡に立て、自分は院政を敷くという方法もあるだろう。息子とか娘婿とか、適切な人間が探せればよいのだが、有能かつ忠実な人間がみつかるか、いたとして自分が公式な権力の座から降りてもなお忠実でいつづけてくれるかが問題かもしれない(もちろんここで「リア王」の教訓を思い出してもよい)。結局、最後に裏切るのはたいてい身内なのだ。

 

 

もうひとつのさえたやりかた

 

さてしかし現実にはここまでに出てこなかった(ということは多くの法律家にとっては思い浮かばなかった)解答というのもある。繰り返していうが、架空の設例だ(わたしはまだ多分その国に出張しなければならない)。

 

つまり、たんに《選挙を行わない》のである。理由があるのかないのか発明できるのかはともかく、なににせよ次の大統領が生まれないならいまの大統領しかいないわけだ。裏切りに合う危険性も、何とか理屈をつけて出馬した大統領選でうっかり落選してしまうような恥をかく危険もなく、権力の座にとどまることができるのだから、これが最善の方法だという考え方すらあるかもしれない――合法性という問題さえ考えなければ!

 

問題は、われわれが(あるいは少なくとも、われわれの法律家の多くが)仮にも憲法とか法律とかいうものがそこにある以上それを尊重し、守ることを前提としなければならないと考えるのに対し、多くの発展途上国においてそれは現実でないという点にある。彼らにとって法の支配とか法への尊敬ということは存在しないか、自分にとって有利なときに持ち出せるようなお題目にすぎない。

 

その一方、最後の解決が思い浮かびもしないというあたりから、とくに我が国における法律家に「法がある以上は尊重しなければならない」という観念がいかに深く内面化され、疑いもしない前提になっているかということを考えてもよい。

 

「いや法律家なんか三百代言だ」という人もいるだろうが、あくまでもそれは《存在する法》を前提として自分のいいようにいいように理屈をこねるという意味であって、法を無視したり暴力的に破壊したりするわけではない。

 

真犯人に依頼され、詭弁を弄して無罪判決を勝ち取る弁護士は良い法律家であると同時に悪い隣人かもしれないが、有罪判決の言い渡しを阻止しようと裁判所を爆破する弁護士がいたとしたらただの阿呆である。良かれ悪しかれ、法的な紛争というのは一定のルールの範囲内における闘争なのだ。

 

 

シノドスの運営について

 

シノドスは日本の言論をよりよくすることを目指し、共感してくださるみなさまのご支援で運営されています。コンテンツをより充実させるために、みなさまのご協力が必要です。ぜひシノドスのサポーターをご検討ください。

⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

98_main_pc (1)

 

 セミナー参加者募集中!「対話/ダイアローグから見た精神医学」植村太郎(12月16日16時~18時)

 

 

無題

 

vol.233 公正な社会を切り開く 

 

・ジェームズ・ミニー氏、鈴木啓美氏インタビュー「もっと楽しいお買い物を目指して――フェアトレードの魅力」

・【「民主」と「自由」――リベラルの再生へ向けて――】古川江里子「大正デモクラシーと吉野作造 ―大日本帝国憲法下での民主主義的政治の試みが現代に問うもの」

・【知の巨人たち】重田園江「ミシェル・フーコー――なぜ『絶望系』なのに読んでしまうのか」

・阪井裕一郎「学びなおしの5冊 <家族>」

 

vol.232 芸術にいざなう 

 

・吉澤弥生氏インタビュー「人をつなぐ芸術――その社会的評価を再考する」

・【現代演劇 Q&A】長瀬千雅(解説)「時代を捕まえるダイナミクス――現代演劇事始め」

・【今月のポジ出し!】橋本努「タックス・ヘイブン改革 香港やシンガポールにも圧力を」

・増田穂「『知見』が有効活用されるために」

 

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.233 特集:公正な社会を切り開く

・ジェームズ・ミニー氏、鈴木啓美氏インタビュー「もっと楽しいお買い物を目指して――フェアトレードの魅力」

・【「民主」と「自由」――リベラルの再生へ向けて――】古川江里子「大正デモクラシーと吉野作造 ―大日本帝国憲法下での民主主義的政治の試みが現代に問うもの」

・【知の巨人たち】重田園江「ミシェル・フーコー――なぜ『絶望系』なのに読んでしまうのか」

・阪井裕一郎「学びなおしの5冊 <家族>」