データに騙されないための3つの方法――「社会実情データ図録」管理人に聞く

【シノドスに参加しよう!】

▶メールマガジン「αシノドス」

 https://synodos.jp/a-synodos

▶セミナー「シノドス・サークル」

 https://synodos.jp/article/20937

▶ファンクラブ「シノドス・ソーシャル」

 https://camp-fire.jp/projects/view/14015

ニュースサイトや書籍にデータやグラフが掲載されていても、読み方がよくわからないから解説しか読まない。違和感を覚えるものの、データが載っているので、とりあえず納得しておく……。そんな経験をした方も多いだろう。データを確認すれば一目瞭然で間違っている俗説も、怪しいデータで語られた議論も、データが読めれば騙されずにすむ。データをみることの面白さ、データに騙されないためのテクニックについて、「社会実情データ図録」管理人の本川裕氏と飯田泰之が語り合った。(構成/金子昂)

 

 

歩く県民、歩かない県民

 

飯田 以前から本川さんの「社会実情データ図録」を拝見していました。ずらっと並んでいるありとあらゆる図録から、適当なページを選んで、ぼんやり眺めているだけでもすごく面白い。いつかお会いしてお話をお聞きしたいと思っていたんです。

 

 

「社会実情データ図録」

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/

 

 

本川 ツイッターで、ときどき飯田さんが言及していらしたので、お名前は存じ上げていました。

 

飯田 ありがとうございます。

 

日本では、データを見れば一目瞭然で誤っていることがわかる議論が、繰り返し行われることがあります。ネットが普及したことで以前に比べればデータへのアクセスは格段に容易になっているにもかかわらずです。このままではもったいない。ただ、多くの方はデータをどうやってみればいいのかわからなかったり、そもそもデータを見るという発想を持っていないと思うんですね。今日は、トリビア的な、データを眺めることの面白さ、そしてデータに騙されないためにはどうすればいいのかなど、お話いただければと思っています。

 

最初に、「社会実情データ図録」っていつ頃からはじめられたのか教えていただけますか?

 

本川 2004年の2月に開設したので今年でちょうど10年ですね。

 

飯田 過去のデータも細かくアップデートされていますよね。

 

本川 週に1つは新規図録を追加するようにしています。還暦前は一週間に2つに決めていたんですけど、さすがにキツくなってきちゃって。最近は、新しいものを掲載するというよりは、過去のデータを更新するほうに時間がとられていますね。なんせ1200くらい項目があってね。更新できていないのもあるんだけど、趣味でやっているサイトなので、まあ許してもらえると思っています(笑)。

 

飯田 個人サイトとは思えない充実っぷりですよね。最近だとなにが話題になりましたか?

 

本川 「歩く県民、歩かない県民」はよく読まれましたね。

 

 

 

 

厚生労働省の国民健康・栄養調査では、歩数を調査しているんですね。調べてみたら、男女ともに歩く県と男女ともに歩かない県は当然あるんだけど、男がよく歩いている県、あるいは女がよく歩いている県というよくわからない県がある。

 

飯田 うーん、車に乗る人が多いから歩く、あるいは歩かないんですかね……考えてみると面白そうですね。

 

本川 どうなんだろうね。大まかな傾向としては、首都圏はよく歩いて地方はあまり歩かないんだけど、県ごとにみると、なかなか説明が思いつかなくてね。あとはこれよりももっと関心を引くと思って「太めな県民、スリムな県民」もグラフにしてみたんだけど、これはあんまり人気がなかったな。不思議なものです。

 

飯田 シノドスでも、「なかなかマニアックなことを書いているのに、妙にこの記事は読まれるなあ」というものもあれば、「これはめちゃくちゃ読まれるだろう!」と思ったら、いつもとアクセスが変わらない記事もあるんですよね。よく首を傾げています。

 

 

 

 

1 2 3 4
シノドス国際社会動向研究所

vol.265 

・大賀祐樹「こんな「リベラル」が日本にいてくれたらいいのに」
・結城康博「こうすれば介護人材不足は解決する」
・松浦直毅「アフリカ」
・山岸倫子「困窮者を支援するという仕事」
・出井康博「「留学生ビジネス」の実態――“オールジャパン”で密かに進む「人身売買」」
・穂鷹知美「ヨーロッパのシェアリングエコノミー――モビリティと地域社会に浸透するシェアリング」
・鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(9)――「シンクタンク2005年・日本」第一安倍政権崩壊後」