もやいの活動から見た「女性の貧困」

はじめに

 

近年、「女性の貧困」という言葉をさまざまな文脈で耳にすることが多くなった。2014年1月27日に放送されたNHKクローズアップ現代「明日が見えない~深刻化する“若年女性”の貧困~」という番組では、性風俗で働く貧困状態の女性にスポットライトをあて、託児所と連携した風俗店の存在など、性産業が公的なセーフティネットよりも、結果的に彼女たちを支えている現実を描き、社会的なインパクトを与えた。

 

実際に、それ以降、筆者が理事長を務める認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやい(以下、もやいと略す)にも、メディア等から「女性の貧困」の実態について、さまざまな取材依頼等が寄せられた。

 

もやいでは、面談、電話、メール等で、年間に約3000人の相談を受けている。そのうち、女性からの相談は2割弱なので、1年間に大体600人ほどの「貧困女性」の声を聴いていると言えよう。

 

しかし、彼女らの悩み、生活のつらさ、抱えている課題はさまざまで、DVや虐待など緊急的な介入が必要なものもあれば、ただ話を聞いてほしいという傾聴のような相談も多い。「貧困女性」とは一体どのような人たちであり、どのような実態があるのだろうか。

 

もやいでは2010年より立命館大学の丸山里美さんの協力のもと、「もやい生活相談データ分析プロジェクト」を始動させ、2004年から2011年7月までに寄せられた約2300ケースの相談内容の分析をおこなった。本稿では、この「もやいデータ分析」のデータも紹介しながら、あらためて「女性の貧困」について考えていきたい。

 

 

日本の貧困、そして女性の貧困

 

2014年7月15日に発表された厚生労働省「国民生活基礎調査」によれば、日本の相対的貧困率は16.1%と、統計を取り始めた30年前と比べて最も高く、また右肩上がりに少しずつ上昇している。

 

さらに、子どもの貧困率は16.3%(2012年)と相対的貧困率をはじめて上回る結果となった。また、国際比較をみても日本の貧困率はOECDでワースト6位(2013年OECD HPより)であり、先進諸国でもむしろ高い部類に入る。

 

このように、日本では現在進行形で貧困が拡大しており、しかも貧困率は諸外国と比べても高い。そして、その背景のなかに「女性の貧困」という視点を軽視することはできないのではないだろうか。

 

まず雇用の問題に注目すると、1984年に15.3%だった非正規労働者の割合は、2012年には35.2%と拡大した。男女比較で見ると、男性非正規労働者率19.7%に対し、女性は54.5%であり、圧倒的に女性は非正規労働者が多い。(2012年総務省労働力調査

 

賃金を見ると年収200万円以下の給与所得者は男性が約1割であるのに対して、女性は43.2%と、圧倒的に女性の方が低賃金だ。

 

これにはもちろんパート労働者も含まれてはいるが、いわゆる「年収103万円・130万円の壁」問題もあり、そういうことも含めて、女性が自立していくこと、就労の環境を得ることに対して、まだまだ社会が大きなハードルを科しているということの証左ともいえる。

 

同じく、平均給与所得の年次推移を見ると、男性は1996年の569万円から徐々に下がって2012年には502万円までに低下したが、女性は1996には276万円で2012年にも268万円と、ずっと低い状態にとどめられている。

 

これらのデータからは、男性の非正規雇用が増加し、貧困が社会問題として少しずつクローズアップされてきた一方で、男性と比べた時に、女性はずっと貧困で、ずっと非正規で、ずっとパート労働として使われてきた歴史であったことをうかがわせる。

 

 

セーフティネットの対象となるためには

 

少し違う視点で考えてみたい。私たちは日々の糧を一体どのように得ているのだろうか。基本的には、雇用(仕事をする)、扶養(家族の支えを受ける)、社会保障(年金や生活保護などを受ける)、資産活用(預貯金を使うなど)の、この4つの方法がベースとなるだろう。

 

いわゆる「昭和的な標準モデル」では、男性は就職までは父親の扶養、就職して給料をもらい自立、結婚、妻は専業主婦、子ども2人、定年後年金と貯蓄で暮らしていくといったものだ。女性はまず同じく父親の扶養、結婚して夫の扶養、夫が死んだら年金か子どもの扶養に入る。日本では残念ながらこのモデルに従って、さまざまな制度を作ってしまったと言えるだろう。

 

例えば社会保険(年金、医療保険、雇用保険、介護保険、労災など)を見ると、そもそもはリスクに対してかける保険だが、あくまで雇用に紐づいている制度である。高齢で働けなくなるというリスクに対して年金、病気というリスクに対して医療保険、失業というリスクに対して雇用保険……というように、あくまで「働く」ことを中心に生計をたてていくことを前提として組まれ、「働けない状況=リスク」として想定している。

 

しかし、先述したような増加する非正規労働者の存在は、この原則を大きく覆すものであったと言えよう。そもそもは、非正規労働とは、大学生のアルバイトや主婦のパート労働のような「家計補助」的な働き方であったのが、3人に1人が非正規労働者である現在は、「家計維持」的な働き方の領域に非正規労働が侵食している。

 

そして、例えば、非正規労働者で、企業が社会保障を負担しない雇われ方だった場合は(労働時間が短い、違法な働かせ方等)、雇用保険も使えず、年金もいわゆる国民基礎年金部分しかなく、結果的に将来的にセーフティネットから外れてしまう(不十分な状態にある)ということにつながってしまいかねない。こういった、働いているにもかかわらず社会保険に適切に入れず、働けない状況になった時(リスクを負った時)に必要なセーフティネットに捕捉されない、という人たちが増加しており、また増加していくであろう。

 

と、ここまでは一般的な話だが、男女の比較で考えた時には、先述したように、そもそもが女性は正社員の入口にたどり着くことさえ難しいので、圧倒的にまず雇用というセーフティネットから外れていることも多く、家族や夫の扶養などに頼らざるをえない状況に追い込まれる。

 

しかも、配偶者控除等、制度としてもそれを優遇しているなかで、より低賃金、低所得、扶養してくれる家族がいなければ自立が難しく、家族と独立して制度に支えられることも難しい。雇用からこぼれ、結果的にセーフティネットからもこぼれる。では、女性はどのように生計をたてていったらいいのだろうか。

 

 

扶養が前提の社会で起きていること

 

2012年に社会保障制度改革推進法が成立し、その「基本的な考え方」として2条の1項に、「家族相互及び国民相互の助け合いの仕組み」が「基本」だと明記されている。これは、財政的な制約の中で社会保障を考えるにあたって、その前提として「家族で支えあってね」ということ前提にすることを意味している。

 

では、実際にこの「扶養」というものの実態はどうなっているのだろうか。

 

例えば、相対的貧困率では「世帯」を基準にしている。仮にある4人家族の世帯を考えたとしよう。1000万円の年収がある夫と主婦の妻、子ども2人の4人世帯であれば、一般的には裕福な家庭としてカウントされる。

 

しかし、その妻が家庭内で夫から1円も与えられていない経済的なDV状態にあるとすると、この妻は本当は「貧困」であると言える。だが、国の統計や調査等では、これらの実態は一切明らかにはならない。

 

そして、これは仮定の話ではなく、実際に今現在、家族内で貧困状態にある女性は、残念ながら数字にはあらわれることがない。なぜなら、相対的貧困率も他のさまざまな統計も(生活保護も)、基本的に世帯を単位にしており、「家計内再分配」についての視点が欠落しているからだ。

 

この「扶養」というものを前提としているシステムのなかでは、家庭内(同一世帯内)で暴力下にある、ネグレクト下にある被害者(多くは女性、子ども)が、そこから逃げ出したり、自ら声をあげない限りは、彼女らの被害が可視化されないばかりか、置かれている貧困状態についても明らかにならない。

 

冒頭に、もやいの生活相談のデータ分析について触れたが、もやいの相談者約2300人からの分析によれば、一見、男女で比較した時には、男性のほうが女性より困窮状態におちいっているように思える。

 

例えば、直近の住まいでいえば、男性は野宿の人が41.3%を占め、また、ネットカフェ等の不安定な住居も含めた「広義のホームレス状態」の人は全体の72.5%であった。一方で、女性の住まいに関しては、野宿の人は10.1%、「広義のホームレス状態」の人は40.4%であり、実家や家族宅にて生活している人も17.5%と、男性と比べて安定した居住環境にいるとも言える。

 

また、所持金や資産(貯蓄などの金銭的資産)に関しても、男性の中央値が約1000円であったのに対して女性は約2万円と、大きな違いが見られた。

 

では、女性は男性に比べて困窮していないのかというと、そうではない。女性は住まいや所持金等の指標からは困窮していないように見えることもあるが、相談内容としては、「家族との関係で困っている」「夫から逃げたい」「家を出たい」というものが大きな割合を占める。扶養されている家族に追い詰められて、相談にくる方が多いのである。

 

そして、はた目には困窮状態に見えないが、「家計内再分配」されずに、家庭内で孤立し、そこから逃げたくても経済的に自立できずに出られない、そういう状況におかれている人が多くみられた。「女性の貧困」はわかりづらく、見えづらい。しかし、より構造的な社会の問題の根深さを端的に指し示している。【次ページにつづく】

 

 

 

シノドスを応援してくれませんか?

 

人々はますますインターネットで情報を得るようになっています。ところが、ウェブ上で無料で読めるのは、信頼性の低い記事やエンタメ記事ばかり。そんなウェブ環境に抗うべく、誰でも自由にアクセスできる本当に価値ある記事を、誠実に配信していきます。そうしたシノドスの活動を持続的なものとするために、ぜひファンクラブ「SYNODOS SOCIAL」のパトロンになってください。⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

 

無題

 

・人文・社会科学から自然科学、カルチャーまで、各界の気鋭にじっくりインタビュー
・報道等で耳にする気になるテーマをQ&A形式でやさしく解説
・研究者・専門家たちが提案する「こうすれば●●は今よりもっとよくなるはず!」

・人類の英知を伝える「知の巨人」たち
・初学者のための「学びなおしの5冊」

……etc.  

https://synodos.jp/a-synodos

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.236 特集:伝統と現代

・九龍ジョー氏インタビュー「落語とポリコレ――変化しながら継承される伝統芸能」

・【ハーグ条約 Q&A】コリン・P.A.ジョーンズ(解説)「権利としての親子のつながり――ハーグ条約で親子のつながりを守れ」

・【今月のポジ出し!】永田夏来「グリーンステージにU2が出れば、フジロックはもっと良くなる」

・畠山勝太「幼児教育無償化から考えるーアメリカの研究結果は日本にとって妥当なのか?」