気仙沼市に住む人々は「復興」になにを思うのか

宮城県気仙沼市。水産業で有名なこのまちも、地震や津波によって甚大な被害を受けた。東日本大震災直後、このまちではいったいなにが起きていたのか。そしておよそ1年半の間に、どんな動きが生まれ、このまちに住む人々はいま「復興」になにを思うのか。望ましい支援のかたち、復興のあり方とはなにか。気仙沼復興協会にて、気仙沼市に生きる人々と日本災害復興学会が語り合った。(構成/金子昂 )

 

 

kesennuma01 

 

 

永松 こんばんは。皆さん、本日はお集まりいただきありがとうございます。日本災害復興学会は5年ほど前に、復興についての経験や知識を学問として確立させ、よりよい復興を実現することを目標に設立されました。わたしたちはこれまで被災地に出向き、地元の方と車座トークを開催するなどの社会貢献活動を行ってきました。今日は気仙沼市で活動をされていらっしゃる皆さんに、震災や復興についてお話を伺いたく思い、お集まりいただいた次第でございます。

 

わたし自身、研究者として、復興の知識や災害の記録を伝えていく使命を持っていると同時に、いち人間として、復興のためになにができるか、日々自問自答をしてまいりました。被災地が抱えている問題が、われわれの知識によって簡単に解決できるとは思っていませんが、皆さんと議論をしていくなかで、少しでも復興のヒントを得ることができるのであれば、研究者として、教育者としてわたしたちができる最大の社会貢献だと思っています。今日は、皆さんのさまざまな意見を伺い、実りある車座トークになればと思っております。どうぞよろしくお願いします。

 

 

自己紹介

 

福留 本日司会を担当させていただきます、東北工業大学の福留です。まずは皆さまに、簡単な自己紹介をしていただきたく思います。

 

永松 改めましてこんばんは。関西大学の永松です。

 

中林 明治大学の中林一樹と申します。日本災害復興学会の副会長を仰せつかっています。わたしはもともと建築出身で、都市計画やまちづくりを研究していました。学問は一般的に、個性(個別解)を追求するよりも一般解を追求すると言われていますが、復興には一般解があるのだろうかとつねづね悩んでおります。今日は車座トークを通して、皆様からいろいろなことを教えていただきたいと思っております。よろしくお願いいたします。

 

 こんばんは。台湾の実践大学から参りました、陳と申します。台湾は日本と同じように、自然災害の多いところです。将来の台湾の防災、復興の参考にさせていただければと思っております。

 

千葉 気仙沼復興協会の千葉です。気仙沼復興協会は、震災後に緊急雇用創出事業として活動させていただいている団体です。わたしたちはみんな被災失業者です。もともと気仙沼に住んでいましたが、今回の災害でより愛着が増してきました。10年後、長男が20歳になるとき、気仙沼がどんなまちになっているのか、非常に楽しみに思っています。今日はよろしくお願いします。

 

小松 気仙沼復興協会の小松です。復興協会では、労務の仕事を担当しております。また、「港町の縫いっ娘ぶらぐ」という、仮設住宅にいるお母さん方とランチョンマットやエコバックをつくって販売する仕事もしております。

 

吉野 気仙沼復興協会OBの吉野です。三ヶ月前に、もともとの仕事であるサメ肉の加工を再開し、気仙沼復興協会をやめました。いままさに復興事業から産業への道筋を一生懸命たどっている最中です。

 

鈴木 気仙沼復興協会写真掲載部の鈴木です。おもに津波で流された住宅の写真や床板などを、元の持ち主に配送する業務を担当しています。

 

三浦 気仙沼復興協会でボランティア受け入れ部のリーダーをしている三浦です。被災者が立ち上がっていくために、災害ボランティアの皆さんをコーディネートする仕事をしています。

 

奥山 皆様お疲れ様です。気仙沼復興協会の奥山です。わたしは人材サービスの会社に在籍しているのですが、宮崎県企業人材支援協同組合を通して復興協会と連携し、労務関係の仕事をお手伝いしています。

 

堺 こんばんは。気仙沼プラザホテル支配人の堺です。よろしくお願いいたします。いま震災の特需で、観光客や視察団体がたくさんいらっしゃっています。この特需期が終わったとき、気仙沼市の観光業はどうなってしまうのか、日々考えさせられております。今日は、新しい糸口が見つかるきっかけになればと思い、参加をさせていただきました。

 

塚本 気仙沼復興協会福祉部の塚本です。気仙沼のすべての仮設住宅を月に1回は周って、住民の皆様の悩みごとを聞き、解決のお手伝いをしています。ちなみに前職は気仙沼のリアス・アーク美術館で勤務していました。現在、美術館も再開しています。気仙沼の歴史や文化が俯瞰できるような展示がありますので、ぜひ足を運んでみてください。

 

守屋 気仙沼市議会議員で、気仙沼復興協会のサポーターをしています。守屋です。よろしくお願いします。

 

福留 改めましてこんばんは。東北工業大学の福留です。春まで新潟大学で、中越地震の復興に携わっていました。この機会に意見交換をさせていただければと思っております。

 

 

1 2 3 4 5 6 7
シノドス国際社会動向研究所

vol.277 

・坂口緑「生涯学習論にたどり着くまで──人はいかにして市民になるのか」
・平井和也「ジョージ・フロイド殺害事件から考える米国の人種差別問題」
・野村浩子「日本の女性リーダーたち」
・安達智史「「特殊」を通じて「普遍」を実現する現代イギリスの若者ムスリム」
・太田紘史「道徳脳の科学と哲学」
・石川義正「「少女たちは存在しない」のか?──現代日本「動物」文学案内(2)」