モスクワ暴動 ―― 高まる民族主義の危険  

12月に、数度にわたりロシアの首都・モスクワで大暴動が発生し、数千人が拘束された。それら暴動はなぜ起きたのか?本稿では、その直接的な原因のみならず、それが発生した背景についても踏み込んで考えていきたい。

 

 

直接的原因は?

 

今回の暴動の直接的な原因は、12月6日、サッカーチーム「スパルタク・モスクワ」のロシア人サポーターのグループと、コーカサス系(ロシア南部の北コーカサスないし、アゼルバイジャン、アルメニア、グルジアというコーカサス三国が位置する南コーカサス出身者)のグループが喧嘩をし、その結果、ロシア人のイェゴール・スヴィリードフ(27歳)が銃殺されたことにある。

 

喧嘩に関わった、北コーカサス出身の6人が逮捕されたが、銃殺を行ったアスラン・チェルケソフ(26歳、カバルディノ・バルカル出身)以外は、程なく釈放された。実行犯のチェルケソフは、先に攻撃をしてきたのはロシア人グループであり、自らは命の危険があったため、正当防衛でやむなく銃殺したと主張している。ことの是非はさておき、コーカサス系民族はモスクワで頻繁に攻撃されたり、殺害されたりしており、チェルケソフの主張もわからないではない。

 

だが、ロシア人のサッカーファンたちは殺人の共犯者の5人の釈放を許すことができず、5人についても捜査と処罰を与えるべきだと考え、翌7日には約1000人が抗議行動を行い、レニングラード大通を封鎖した。5人の釈放の裏には、北コーカサス出身者のボスの陳情と警察の収賄(拘束者一人当たり25,000~30,000ドルとされる)があったと報じられたことも、彼らの怒りを増幅させていた。

 

そして、抗議運動はさらに高揚し、12月11日にモスクワ中心部のマネージ広場に、サッカーファンにとどまらず、ロシアで「極右」や「ネオナチ」として知られる者たちを含む、民族主義者たちがこぞって押しかけてきた。

 

結局、約6000人もの民族主義者が、「ロシア人のためのロシア!」「モスクワっ子のためのモスクワ!」など、人種差別的スローガンを叫びながら、ナイフや鉄棒を振り回して、コーカサス系と思しき者を中心とした非ロシア人に対し、無差別に集団暴行を開始したのだった。警察が取り締まりに入り、死者は出なかったものの、30人程度の負傷者が出たといわれている。

 

この騒乱の数分後となる11日の午後5時、メドヴェージェフ大統領は、国家安全保障会議開催中に「国内の治安強化のための追加措置に関する大統領令」を発令した。大統領は、各州の知事が権威を失っているために、何が起きているのか知らなかったり、対応が取れなかったりしているとして、法執行機関との連携を強めることを要請し、定期的に「調整会議」も開かれることになったが、混乱は容易には終息しなかった。

 

 

つづく混乱

 

12日には、キルギスからの出稼ぎ労働者であったアリシェル・シャムシエフ(37歳)がバス停で襲撃され、胸を刺されて即死した。周辺ではロシア人が冷酷にその様子を眺めていたという。被疑者はいまだに特定されていない。また、この日には、ロストフ・ナ・ドヌでも数千人のロシア人が、イングーシ人のクラスメートにロシア人が殺された問題について抗議行動を行った。

 

さらに、13日にも新たな非ロシア人に対する襲撃事件が起きていた。ほとんどの襲撃事件は偶発的に発生しており、若者グループ(女性も含むという)が、非スラブ系の風貌をしているというだけの理由で襲撃を行っているとみられている。

 

このような状況に対し、13日、メドヴェージェフ大統領も動いた。国営テレビを通じて演説をした大統領は、「民族主義者による攻撃がロシアの安定を脅かしている」と警告し、法執行機関に対して、民族感情にもとづいた衝突を厳重に取り締まるよう指示したのである。さらに、大統領は警察に対し、路上での混乱防止と無許可の抗議行動の阻止を命じた。

 

そして、13日夕方から警察と治安部隊もモスクワ全体に対して厳戒態勢を敷き、とくにクレムリン周辺の警備を強化した。防弾チョッキを着た機動隊が広場に入り、広場の周辺では大型商業施設が当局の命令で閉鎖された。

 

だが、厳戒態勢も敷かれていたにもかかわらず、11日~14日のあいだに、少なくとも非ロシア人に対する暴力事件が40件以上発生してしまった。また、15日には、ロシア民族主義者やコーカサス地域の出身者らが刃物などを所持して、モスクワ中心部の広場などに集まろうとした。

 

そのため、暴動を繰り返さないために、治安部隊が大量動員され、約800人が拘束された。早期の治安部隊の動員が功を奏し、死者は出なかった。なお、同日、サンクトペテルブルクでも暴動が発生しそうになって数十人が拘束されるなど、全国レベルでは、拘束者が1700人以上に達したという。

 

緊張は容易には溶解せず、18~19日の週末には、若者ら約1450人が拘束されたと、20日にモスクワ市の警察当局が発表した。

 

 

極右・ネオナチの動向

 

今回の一連の事件により、ロシアに約7万人程度いるといわれている極右やネオナチの力の強さが白日のものとなった。とくにロシアの専門家は、サッカーなどの大衆文化には、攻撃的な民族主義や排外主義が浸透することがよくあるものだと述べており、そのような状況も今回の事件の拡大要因となったといえるだろう。

 

これまでも、モスクワやサンクトペテルブルグなどロシアの都市では、他民族に対する憎悪による襲撃事件がたびたび起きてきたが、コーカサス系やアジア系の民族に対する過激な暴力はとりわけ目立ってきた。攻撃の対象としては、コーカサス系、中央アジア系やベトナム人が想定されていたようだが、日本人も中央アジア系民族やベトナム人と似ているため、間違えられて攻撃を受けてきたという。

 

最近ではとくに、北コーカサスや中央アジアからの移民労働者が増えていることや、プーチン前政権以降の大国復活路線にも呼応するかたちでロシア民族主義が勢いづき、暴力が過激化しているといわれてきた。そのため、マイノリティのリーダーたちは、なるべく外出をしない、外出する場合は複数で、また暴力を受けても絶対に報復をしない、などの注意を呼び掛けていたなかでの事件であった。

 

 

 

シノドスをサポートしてくれませんか?

 

誰でも自由にアクセスできる本当に価値ある記事を、シノドスは誠実に配信してまいります。シノドスの活動を持続的なものとするために、ぜひファンクラブ「SYNODOS SOCIAL」のパトロンをご検討ください。⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

 

無題

 

シノドスが発行する電子マガジン

 

・人文・社会科学から自然科学、カルチャーまで、各界の気鋭にじっくりインタビュー
・報道等で耳にする気になるテーマをやさしく解説
・専門家たちが提言「こうすれば●●は今よりもっとよくなるはず!」

・人類の英知を知り、学ぶ「知の巨人たち」
・初学者のためのブックリスト「学びなおしの5冊」

……etc.

https://synodos.jp/a-synodos

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.249+250 「善い生き方」とは何か?

・佐藤岳詩「善い生き方と徳――徳倫理学というアプローチ」
・井出草平「社会問題の構築と基礎研究――ひきこもりを事例に」
・大屋雄裕「学びなおしの5冊〈法〉」
・酒井泰斗「知の巨人たち――ニクラス・ルーマン」
・小林真理「「文化政策学」とはどんな学問か」