終戦のエンペラー ―― 日米和解はいかにして成ったのか?

終戦直後の日本で、マッカーサーが命じた極秘調査とは?

 

1945年8月、日本が連合国に降伏し、第二次世界大戦は終結した。まもなく、マッカーサー元帥率いるGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)が上陸。日本は米軍の占領統治を経たのち、再び息を吹き返した。誰もが知っている、歴史の1ページである。

 

だが、そこには、1ページではとても語り尽くせない、驚きの真実が秘められていた。すべては、マッカーサーが部下のボナー・フェラーズ准将に命じた、ある極秘調査から始まった。この戦争の真の意味での責任者を探せ──。それは日本文化を愛するフェラーズにさえ、危険で困難な任務だった。やがて、連合国、マッカーサー、フェラーズ、そして日本の元要人たちの思惑が激しく交錯するなか、謎がひとつひとつ解き明かされていく──。

 

なぜ、開戦直前に首相が交代したのか? パールハーバー直前の御前会議で語られたこととは? 戦争を始めたのは本当は誰なのか、終わらせたのは誰か? 玉音放送前夜のクーデターとは? その放送に込められた天皇の想いは? 連合国側の本音と、マッカーサーの真の狙いは? マッカーサーと天皇が並ぶ写真が写された理由とは? そして、崩壊した日本の新たなる礎は、いかにして築かれたのか──? 日本の運命を決定づけた知られざる物語が今、始まる。

 

 

main0620

 

 

終戦、戦争責任、そして日米和解へ

 

「終戦のエンペラー」公開を記念して、試写会およびトークイベントを行います。

この戦争の真の意味での責任者は、いったい誰だったのか? すべてを失った日本の新たなる礎はいかにして築かれたのか?

『戦後和解』の著者、小菅信子氏と『未完のファシズム』の著者、片山杜秀氏が、終戦、戦争責任、そして日米和解をめぐって議論をたたかわせます。

 

 

試写会&トークイベントへのご招待

 

50名様を試写会&トークイベントにご招待いたします。

 

●スケジュール

日時:7月8日(月)18時30分開場・19時開映(~22時トークイベント終了)

場所:ブロードメディアスタジオ試写室(月島駅より徒歩5分)

※開映時間を過ぎますと入場ができなくなりますのでご注意ください。

 

●お申込み

こちら https://synodos.jp/contact より、「コメント」欄に「終戦のエンペラー試写会&トークイベント」とご明記の上、お申し込みください。

折り返しご連絡差し上げます。なお人数に達し次第、募集を終了いたします。

※募集は終了いたしました。 

 

●「終戦のエンペラー」公式サイト

http://www.emperor-movie.jp/

 

 

poster

 

・コピーライト

(c)Fellers Film LLC 2012 ALL RIGHTS RESERVED

・公開表記

7月27日(土)ロードショー

・配給:松竹

 

 

 

 

シノドスを応援してくれませんか?

 

人々はますますインターネットで情報を得るようになっています。ところが、ウェブ上で無料で読めるのは、信頼性の低い記事やエンタメ記事ばかり。そんなウェブ環境に抗うべく、誰でも自由にアクセスできる本当に価値ある記事を、誠実に配信していきます。そうしたシノドスの活動を持続的なものとするために、ぜひファンクラブ「SYNODOS SOCIAL」のパトロンになってください。⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

 

無題

 

・人文・社会科学から自然科学、カルチャーまで、各界の気鋭にじっくりインタビュー
・報道等で耳にする気になるテーマをQ&A形式でやさしく解説
・研究者・専門家たちが提案する「こうすれば●●は今よりもっとよくなるはず!」

・人類の英知を伝える「知の巨人」たち
・初学者のための「学びなおしの5冊」

……etc.  

https://synodos.jp/a-synodos

1
 
 
シノドス国際社会動向研究所

vol.238 特集:尊厳を守るために

・荻上チキ氏インタビュー「学校空間をもっと自由に――いじめを減らすために本当に必要なこと」

・【天皇制 Q&A】河西秀哉(解説)「『権威』と『象徴』の狭間で――天皇制を問い直す」

・【今月のポジ出し!】畠山勝太「こうすれば民主主義はもっと良くなる」

・齋藤直子(絵)×岸政彦(文)「『Yeah! めっちゃ平日』第十一回」