西洋史=世界史をこえて――アジア史を基軸とした世界史を構想する

近年、新しい世界史やグローバル・ヒストリーと銘打った書物が数多く出版されている。そこではかつてのヨーロッパ中心の進歩史観から解放されて、18世紀以前の「豊かな」アジアにもしかるべき地位が与えられているように見える。しかしそれすらも、西洋史=世界史という枠組みにいまだ留まっているのだ。新しい世界史を構想するためには、アジア史を組み込まなければならないとする岡本隆司氏に話を伺った。(聞き手・構成/芹沢一也)

 

世界史序説 (ちくま新書)

世界史序説 (ちくま新書)書籍

作者岡本 隆司

発行筑摩書房

発売日2018年7月6日

カテゴリー新書

ページ数269

ISBN4480071555

Supported by amazon Product Advertising API

 

 

西洋史としての世界史を乗り越える

 

――『世界史序説 アジア史から一望する』(ちくま新書)では、東洋史を組み込んだ新しい世界史が提唱されています。

 

世界史ははじめ、西洋人「世界」の歴史でした。西洋人の目の及ぶところ、足を踏み入れたところ、大事だと考えたもの、その範囲の歴史しか、世界史ではなかったのです。それは歴史学という学問・思考を西洋人がつくりあげたことから、当初はやむをえなかったことです。

 

そんな世界史=西洋人「世界」の歴史に異議申し立てをしたのが、歴史学を採り入れた明治の日本人です。その具体的な表現としてつくりあげた歴史学の分野が、東洋史学でした。これを立ち上げることで、西洋人の世界史とは、西洋史にすぎないのだと論断したわけです。

 

そのためには、世界史=西洋史に比肩対置できる、具体的な中身のある東洋史学を構築する必要があります。今に至るまで、日本人をはじめ世界の人々が、その作業につとめてきました。

 

もちろんその一方では、西洋史の範囲にとどまらない、新しい世界史をつくりあげようという動きも一貫して続いていました。そこまではよいのです。

 

ですが、問題はその二つの動きがほとんど別個、無関係におこっていたことです。とくに後者の、世界史を刷新する動きのほうは、前者のとりくみとその成果をほとんど見ないまま、知らないままにすすみました。つまり、東洋史学の研究成果、史実とそのしくみが十分に生かされてこなかったのです。

 

 

――世界史=西洋史のなかからも近年、ヨーロッパ中心主義からの脱却を唱える潮流が現われてきましたが、それは新しい世界史とはいえないということですか?

 

はい。少し極端な言い方になりますが、東洋史学の知見が生かされていないという点では、戦前・戦後のマルクス史学の時代から、世界システム論をへて、グローバル・ヒストリー隆盛の現在まで、事実上ほとんどかわっていません。

 

世界システム論にしろ、グローバル・ヒストリーにしろ、それぞれ確かに論点や見方、概念は変化し、また進歩も著しく、「近世」や「近代」という時代区分・術語などは、従前と必ずしも同じではないでしょう。それでも、発展段階の観念など、根本にある視座・概念・方法は、当初の世界史=西洋史、西欧の枠組みをまったく引き継いできたものなのです。

 

 

――歴史を語る発展史観的な構造自体は変わらないわけですね。何が問題なのでしょうか?

 

たとえば「中世」という時代の内容が、東西で一致していない典型的な論点です。「中世」はキリスト教・領主制など、西欧独自の史実にもとづいてできた概念です。これを暗黒時代と措定することで、「開明」「進歩」「発展」の「近代」という考え方が生まれてきます。もちろん現在は暗黒時代という考え方はしませんが、「中世」と「近世」「近代」の区分・発展は、歴史学のベースとなった核心概念です。

 

ところが、西欧「中世」にみられるような史実がそろっていないアジアでは、そうした考え方はそのままでは通用しません。それを無理やり、アジアに適用すると、たとえば「進歩」「発展」の存在しない「未開」で「停滞的」な歴史と見えてしまうのです。それでは、東洋史の重要な事実・論点がみえてきません。

 

 

――中世からルネサンスを経て近代へといたるヨーロッパと対比される、いわゆるアジア的停滞という像ですね。

 

「停滞」そのものはずいぶん昔のことばになりますが、ことばが変わってきましても見方は同工異曲です。

 

世界史にしてもグローバル・ヒストリーにしても、そのことばの意味は、世界全体の歴史のはずです。もちろん世界全体をくまなく語ることは、物理的に不可能ですから、どうしても重要なところに焦点を当てるかたちになります。そこはやむをえないですし、拙著でもそうせざるをえませんでした。しかしこれまでの世界史の問題は、その射程に東洋・アジアが正確に入ってこないことにあります。

 

もちろん東洋・アジアが、世界全体の歴史のなかであまり重要性をもたないのなら、それでもかまいません。しかし現実には、ヨーロッパはじめ、ほかの地域よりもはるかに重大な位置を占めていましたし、少なくともそうした時代が過去にあったはずです。

 

ところが従前の世界史、グローバル・ヒストリーの視座・方法では、そこがキチンと測定できません。そのために当の西洋自身も世界全体も、正確な姿をあらわしてこなかったのが、世界史はじまって以来、これまでのいわゆる西洋中心史観の弊害です。

 

西洋が世界の中心である時代はたしかにありましたし、いま現在もおそらくそうなのでしょう。しかしそれは世界史のプロセス全体のなかでいえば、ごく一部のことにすぎません。その一地域の、一時期の知見・概念・指標だけで、世界の歴史すべてを割り切ろうというのが、西洋中心史観の根本的な謬見といってよいかと思います。

 

ところが、歴史学も含めた現代の学問・知性は、すべて西洋近代に起源を発するために、多くの場合そうした一部を全部にすりかえてしまうことに無頓着になってしまいます。

 

 

――しかし、かつてとちがってグローバル・ヒストリーでは、近代以前の「豊か」なアジアにしかるべき場所が与えられているのではないでしょうか?

 

一見、そう見えるかもしれません。しかし、いかに西洋以外の地域を重んじるようになっても、学問学術が西洋でできたため、そして今もその先頭を切って走っているがために、半ば無意識のうちに、西洋を中心にしてしまっているのです。

 

ご指摘いただいた現在のグローバル・ヒストリーはその典型です。その視角・概念やデータの集め方・使い方など、まったく西洋史の基準・方法そのままでして、それをほかの地域にも、そのまま拡げてしまっています。ほかの地域の事情を正確に考慮に入れない、ないしは入れられないのです。

 

 

「大分岐」説の誤謬

 

――なるほど、ヨーロッパの歴史のためにつくられた型紙をもって、必ずしもそれに合わない地域を裁断しようとしているわけですね。具体的にどのような問題が生ずるのでしょうか?

 

たとえば、「大分岐」という考え方があります。これはごく簡単にいいますと、18世紀まで均質だった東西・欧亜が、19世紀に「分岐」していって、西欧が優位に立つという考え方です。18世紀までのアジアの先進性をみとめたということで話題になりました。

 

しかし東洋史学では、アジアの先進性は「大分岐」説が出る前からすでにあたりまえでして、どのように先進的だったか、その社会に西洋とどのような異同があったのか、を問題にしていました。ところが「大分岐」は、そうしたこれまでの東洋史学の研究成果を無視し、数値的なデータだけで東西を「均質」としてすましております。こうした安易な手法は、やはり看過できません。

 

 

――近代以前のアジアの多様性を、ヨーロッパ的な豊かさという指標によって均質化してしまっていると。

 

はい。ただ、これには東洋史のほうにも非があります。東洋史学は全体として、アジアならではの難解な史料や史実を解読する作業が先行して、そこから立ち上げた独自の論点、理論や史観をひろく提示することをおろそかにしがちでした。

 

また同時に、そうした内情をほかの分野の歴史にわかりやすく説明する努力も、不足しています。そのため、隣接する他の分野との対話や議論が不足しています。東洋史学は後発の学問でしたから、それだけ未熟なのだ、といってもよいかと思います。

 

その裏返しとして、歴史理論やグランド・セオリーを自分の東洋史学の外からお手軽に援用する習癖もあります。たとえば戦後まもなく、東洋史学はマルクス史学・唯物史観にもとづく研究が主流になりました。唯物史観の発展段階論は標準モデルとなって、「世界史の基本法則」などと呼ばれました。

 

それは元来、アジアを停滞社会とみなす典型的な西洋中心史観だったはずなのですが、そこにみられる西欧型発展を中国や東アジアにも見いだそうと試みたわけでして、そこではマルクス理論への追従・適合が何より重視されました。

 

東洋史学は西洋中心史観を批判するために生まれてきたはずなのですが、かえってこのように、それを助長するような役割さえ担うこともありました。けっきょくそうした理論・概念は、中国史の史実に必ずしも合致しないことが判明して、いまに至っています。

 

 

――ぼくも東洋史学といえばマルクス史学のイメージが強いです。現在はどのような感じなのでしょうか?

 

過去の反省から、西洋中心史観の視座からいったん離れて、いよいよ豊富に、かつ難解になった根本史料をみなおしているのが現状です。実地の史料からセオリーを立ち上げていこうとしているわけですが、もちろんその取り扱いには、相応の専門的な知見や訓練・スキルが必要です。そのため、それぞれの専門に特化してしまって、なかなか門外漢には近づけなくなっています。

 

そのあたりは、拙著第Ⅰ章のはじめのほうに書いておりまして、たとえば中国史の漢語ですと、「佃戸(小作人?)」とか「胥吏(お役人?)」とか、安易に翻訳理解してはならないものが多いのです。

 

 

――「佃戸」や「胥吏」といわれても、「小作人」や「お役人」ということばに翻訳しないとなると、それが何だかまったくイメージできません。なるほど、西洋史の概念に頼らず、そこから歴史を組み立てなおすとなると大変な作業ですね。

 

しかも西洋中心史観に意識的に距離をとっているためでしょうか、とりわけ中国史では、「大分岐」やグローバル・ヒストリーにもあえて近づきません。そのため、そこにみられるアジアへの謬見・誤解に対しても、有効な反論もしないままになっています。その結果、「大分岐」は野放しになってしまった観もあるのです。

 

 

――東洋史学の専門家から見ると、「大分岐」説は野放しという言葉を使うほどの誤謬なんですね。

 

独断と偏見、言い過ぎかもしれません(笑)。世界史やグローバル・ヒストリーと銘打った書物は、かくて巷にあふれていますが、基本的に以上のような同じ方法・決まったパターンで書かれてきたのです。拙著はそうした現状に一石を投じたい、そんな一心から書いてみたものです。【次ページにつづく】

 

 

シノドスのコンテンツ

 

●ファンクラブ「SYNODOS SOCIAL」

⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

 

●電子メールマガジン「αシノドス」

⇒ https://synodos.jp/a-synodos

 

●少人数制セミナー「シノドス・サークル」

⇒ https://synodos.jp/article/20937

 

 

 

 

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.256 

・熊坂元大「「道徳教育」はこうすれば良くなる」
・穂鷹知美「終の住処としての外国――スイスの老人ホームにおける 「地中海クラブ」の試み」
・徳山豪「アルゴリズムが社会を動かす」
・鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(1)――シンクタンク創設への思いとその戦い」