21世紀は腸の時代!?――健康を左右する腸内フローラとは

「腸内フローラ」という言葉を聞いたことがあるだろうか。人の大腸内に存在する細菌の分布を意味する。技術の進歩により、腸内フローラがインフルエンザ、花粉症、老化にも関係があることがわかってきた。医学界で大きな注目を集めている「腸内フローラ」の秘密に迫る。TBSラジオ「荻上チキ・Session22」2016年02月18日(木)放送「医学界が注目する腸内フローラとは?」より抄録(文責:シノドス編集部)

 

 荻上チキ・Session22とは

TBSラジオほか各局で平日22時〜生放送の番組。様々な形でのリスナーの皆さんとコラボレーションしながら、ポジティブな提案につなげる「ポジ出し」の精神を大事に、テーマやニュースに合わせて「探究モード」、「バトルモード」、「わいわいモード」などなど柔軟に形式を変化させながら、番組を作って行きます。あなたもぜひこのセッションに参加してください。番組ホームページはこちら → http://www.tbsradio.jp/ss954/

 

 

腸内フローラってなに?

 

荻上 腸内フローラの研究はどこまで進んでいるのか、一から伺っていければとおもいます。今日のゲストは、国立研究開発法人理化学研究所の辨野義己さんです。

 

辨野 どうも、便を研究している辨野(べんの)と申します。40年間、人の大便の研究をしてきました。

 

荻上 名前負けしない研究ですね。実は、辨野さんがいらっしゃるということで、お名前に触れようか悩んだんですよ。

 

辨野 ほとんどの方はペンネームだとおもっていますが、本名です。自分でもこんな道に入るとはおもっていませんでした。もともと、ぼくは獣医だったんですが、担当していた先生に「腸内フローラの研究は人の研究にとって大事。獣医は人の健康と動物の健康を含めた仕事だからこの分野は重要だ」と騙されてこの道に入りました。それが45年前ですね。当時は、腸内細菌の研究は変人だとおもわれました。腸をやっているのは医者じゃないとまでいわれていたんです。

 

でも、21世紀はまさに腸の時代です。人の臓器の中で最も病気しやすい臓器が大腸です。大腸がん、大腸ポリープなど様々な疾患がありますが、なぜかというと腸内細菌がそこに住んでいる。さらには、腸内細菌は肥満や糖尿病、脳疾患、ぜんそくとも関係してきます。21世紀はまさに、この分野がどんどん開拓されています。

 

荻上 まずは、リスナーの方からこんなメールが来ています。

 

「腸内フローラって細菌の巣なのでしょうか。そもそも人間の体内には数多くの細菌が生息しているんでしょうが、その中でどのくらいの細菌が悪さをするんでしょうか。フローラって悪さをする細菌の巣なのでしょうか。」

 

辨野 基本的に、腸に住む微生物の集団を「腸内フローラ」といいます。1000種類以上の細菌が住んでいます。大腸内にいる最近の重さは1.5kgもあるんです。

 

荻上 細菌だけで?

 

辨野 そうです。さらに、胃腸、皮膚、咽喉、女性には膣内にも菌がいますから、男性で2kgの細菌、女性で2.5kgの細菌。ですから、本当の体重はこの菌を引いた値ともいえますね(笑)。子どもはお母さんから菌を受け継いで一生涯持ち続ける。いろんな影響を受けながら、腸内環境がどんどん変わっていきます。

 

荻上 「フローラ」という菌があるわけではないと。

 

辨野 集団のことを「フローラ」と読んでいます。腸内にはいろんな菌がいて、お花畑のようであると。

 

荻上 男性で2kg、大腸内で1.5kgということは、だいぶ大腸内に多いのですね。

 

辨野 そうです。大腸に多くの菌が集中しています。皮膚や口の中にも菌がいますが、それぞれの場所にいる菌は全部違います。

 

荻上 腸内細菌はどのような働きをしているのですか?

 

辨野 基本的にはいい働きをしていません。たとえば、無菌状態で動物を飼育すると、菌を持っている動物の1.5倍長生きします。我々の体内微生物は我々の寿命に大きく関係あるのです。

 

腸内にはいい働きをする20%の善玉菌、悪い働きをする10%の悪玉菌、70%の日和見菌があります。日和見菌は、わかっていない未知の菌です。腸内細菌の3割はわかっていますが、7割は謎です。実際、この世の中の微生物は100万種いるのですが、人類はまだ1%しかわかっていない。これから、いろんな微生物がわかってくる可能性があります。

 

荻上 こんなメールが来ています。

 

「善玉菌は増えすぎてもよくないのでしょうか。それとも善玉菌ならば増えすぎても問題ないのでしょうか。」

 

辨野 難しい質問ですね。悪玉菌だっている意味があります。善玉菌が暴走すれば悪玉菌や日和見菌が抑制することも考えられる。腸内環境のバランスをどのように持つのかが一番大事でしょうね。ですから、善玉菌が多すぎてもいけない。2対1対7のバランスをどう持つのかが大事です。このバランスが崩れると、免疫の破たんや病気の発症になります。

 

 

腸年齢チェックシート

 

辨野 大事なのは、毎日お通じがあるか。日本人の48%が便秘で、その65%は5日に1日しか便を出していない。便秘の一番ひどいのが女性の若い層です。20代は2人に1人が便秘。10代でも10人に3人が便秘です。しかし、無頓着な人が多く、病気じゃないとおもっている。太りやすくなったり、免疫力が低下したり、イライラするのは、腸内のバランスが悪くなっている。

 

特に女性の場合は生理があるので、どうしても便秘になってしまう。そういう状態が続くとますます悪化していく。自分の足で階段を3階分くらいは歩く。9000歩は歩くことで解決します。

 

荻上 自分は体質的に3日に1回だとおもっている人もいるとおもうんですが。

 

辨野 いらっしゃいますね。ですが、毎日便通はあった方がいい。一番大事なのは野菜です。ある学者がウガンダの黒人女性とイギリスの白人女性の食べたかすが何時間後にでるのかを検査しました。

 

ウガンダの黒人女性は18時間以内にでた。それは大量の芋を食べているから。イギリスの白人女性は肉類が多いので平均して72時間かかってしまう。ですから、食べ物によって、どれだけ体内に便があるのかが決まってきます。いいお通じがあるのは健康のパラメーターでしょうね。

 

荻上 「腸内環境が良いかどうかどのように判断すればいいのでしょうか。」

 

辨野 私は腸年齢チェックシートをつくっています。本当は腸内細菌を調べるのがベストなんですが、調べるのが大変だということで、チェックシートをつくりました。

 

荻上 今回は特別に10項目のチェックシートをつくってもらいました。リスナーのみなさんも自分が10個中いくつ当てはまるのか数えてみてください。

 

□野菜不足だと感じ肉が大好き

□朝食は食べないことが多い

□牛乳や乳製品が苦手

□お酒を沢山のむ

□運動不足が気になる

□ストレスをいつも感じる

□顔色が悪く老けてみられる

□排便後も便が残っている感じがする

□うんちやおならが臭いといわれる

□ころころしたうんちがでる

 

以上10項目です。

 

辨野 排便後も便が残っている感じがするというのは、運動不足なんですよ。出すときに出し切れていない。これはインナーマッスルが鍛えられていない。ころころした便がでるのはストレスです。ご自分が感じていなくても体のストレスを感じていますと。

 

荻上 たまにでますよ、あいつ。ころころしたやつ。

 

辨野 うんちとおならが臭いとき。特に女性の場合は、うんちを我慢してしまう。それが腸内環境をどんどん悪くしています。あと、食べ物は野菜ですね。肉を1として野菜は3。350g以上の野菜をとりましょうとおすすめしています。野菜の食べ方は旬のものをしっかりとる。熱を加えてかさを減らす。かさを減らすと、小鉢5皿くらいで350gの野菜が取れます。

 

荻上 ぼくは3つ当てはまりましたね。

 

辨野 3~5個以上の場合はもう崖っぷちです。人は歳をとると腸内環境も老化してきます。いわゆる老人制賽便といって細いひものようなうんちになっている。でも、いまの老人は野菜をすごく食べていて元気です。むしろ今の女性の方が腸内環境を悪くしている。

 

ですから、チェックが多くてもご自分のライフスタイルを改善する。野菜不足を感じれば野菜を一日でいいですから意識して。朝はバナナをたべて、昼は野菜サンドを食べて、夜はメカブを食べる。そういう感じで野菜を理解してもらえれば。

 

荻上 バナナも野菜に入るのですか。

 

辨野 そうです。

 

荻上 朝、パンからバナナに変えよう。野菜ジュースはどうですか。

 

辨野 ご自分で野菜ジュースをつくるのはいいかもしれませんが、市販のものは不溶性の食物繊維が少ないんですね。実は、私は50代になるまで野菜とヨーグルトを食べていませんでした。大嫌いだったんです。

 

荻上 え!研究していたのに。

 

辨野 いやぁ、野菜はね、虫が食べるものだとおもっていたし……。

 

荻上 すごい偏見だなぁ。

 

辨野 ヨーグルトは酸っぱくて食べ物じゃないとおもっていました。なのに、若いころからヨーグルトの効果の実験とかさせられてうんざりしていたんです。それで、体重が88kg、体脂肪率が30%以上、コレステロールもすごいことになった。悪玉菌も増えてきた。友人に聞くと、「君が嫌いなもの食べればいいんだよ」といわれました。

 

泣く泣く50gのヨーグルトを食べるところからはじめて、2年後には毎日500gのヨーグルトを食べるようになっています。市販の大きなパックのヨーグルトをよく振ってそのままのんでいました。

 

一番よかったのは、2年後に体重を72kgに下げたのと、花粉症が軽減しました。ぼくはひどい花粉症患者だったんです。ぼくは北海道にいたのですが、北海道は花粉がないので、東京にきてから、23歳で発症して50歳まで花粉症で悩んでいました。ヨーグルトを食べて2年後に「治った」とはいいませんが軽減したんです。やはり食べ物と生活を気をつけるだけで大きく変わる。講演会にいっても、その話ができるので体験してみてよかったです。

 

 

 

ヨーグルトの力

 

荻上 よく、乳酸菌は胃で止まって腸には届かないと聞くのですが。

 

辨野 最近のものは、腸まで達します。特にトクホマークがついている商品は大腸に達しなきゃいけないと決まっています。

 

荻上 腸内フローラの状況をみるには、便をみるのがいいのでしょうか。

 

辨野 そうですね。トイレに行って気持ちよく出す。よくみなさん、大便というと食べ物のカスだとおもっていますが、そんなことはありません。じつは成分の80パーセントは水です。残りの20%の3分の1は確かに食べかすです。残りの3分の2は生きた腸内細菌とはがれた腸の粘膜で大便が出来上がっている。

 

気持ちよく、ストーンとでるうんちは、水が80%ほど含まれています。あんまり臭くありません。色もできれば、黄褐色がいいでしょう。ヨーグルトを一日300ml以上とると必ず黄褐色になります。野菜をベースにした食生活をすると良い便がでます。そして、一日300g以上の便を出す。

 

どうやってわかるのかというと、体重計をトイレの前に置きます。行く前と行く後にはかるとだいたい便の多さが見えますから、今日は◎、今日は△、×、と一週間記録してみれば、調子の良いときはその前日になにを食べたのか、知恵を働かせることができる。

 

荻上 ヨーグルトがどうしても苦手な人はどうしたらいいのでしょうか。

 

辨野 いまはサプリメントもありますから、それを利用してもいいかもしれません。

 

荻上 味噌などでもいいのですか?

 

辨野 味噌はどれくらい菌がいるかわかりません。ですが、ヨーグルトの場合は菌の数が決められています。それに税金優遇制度があるのでヨーグルトは安いんです。ましてや、トクホの場合は人がどう変わったのか検査しています。ですが、ほかの食品の場合は検査していませんから、ヨーグルトは優れた食品だとおもいます。【次ページにつづく】

 

シノドスの運営について

 

シノドスは日本の言論をよりよくすることを目指し、共感してくださるみなさまのご支援で運営されています。コンテンツをより充実させるために、みなさまのご協力が必要です。ぜひシノドスのサポーターをご検討ください。

⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

98_main_pc (1)

 

 セミナー参加者募集中!「対話/ダイアローグから見た精神医学」植村太郎(12月16日16時~18時)

 

 

無題

 

vol.233 公正な社会を切り開く 

 

・ジェームズ・ミニー氏、鈴木啓美氏インタビュー「もっと楽しいお買い物を目指して――フェアトレードの魅力」

・【「民主」と「自由」――リベラルの再生へ向けて――】古川江里子「大正デモクラシーと吉野作造 ―大日本帝国憲法下での民主主義的政治の試みが現代に問うもの」

・【知の巨人たち】重田園江「ミシェル・フーコー――なぜ『絶望系』なのに読んでしまうのか」

・阪井裕一郎「学びなおしの5冊 <家族>」

 

vol.232 芸術にいざなう 

 

・吉澤弥生氏インタビュー「人をつなぐ芸術――その社会的評価を再考する」

・【現代演劇 Q&A】長瀬千雅(解説)「時代を捕まえるダイナミクス――現代演劇事始め」

・【今月のポジ出し!】橋本努「タックス・ヘイブン改革 香港やシンガポールにも圧力を」

・増田穂「『知見』が有効活用されるために」

 

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.233 特集:公正な社会を切り開く

・ジェームズ・ミニー氏、鈴木啓美氏インタビュー「もっと楽しいお買い物を目指して――フェアトレードの魅力」

・【「民主」と「自由」――リベラルの再生へ向けて――】古川江里子「大正デモクラシーと吉野作造 ―大日本帝国憲法下での民主主義的政治の試みが現代に問うもの」

・【知の巨人たち】重田園江「ミシェル・フーコー――なぜ『絶望系』なのに読んでしまうのか」

・阪井裕一郎「学びなおしの5冊 <家族>」