優生思想と私たち――旧優生保護法から出生前診断まで

旧優生保護法(1948~1996年)にもとづき、不妊にする優生手術を強制的に受けさせられたのは憲法違反だとして、宮城県の知的障害のある女性が1月30日、国を相手に仙台地裁に提訴した。

 

厚生労働省によると、旧優生保護法下で本人の同意なしで行われた優生手術は約1万6千件に上る。しかし手術を受けた当事者が名乗り出るケースはきわめて少なく、提訴まで至ったのは初めてとなる。

 

改正から20年以上たつなか、行政の資料は失われ、当事者たちの高齢化も進んでいる。一方、優生手術が行われなくなった今も、別のかたちで「優生思想」は存在している。出生前診断は広がりつつあり、障害を理由とした中絶が実質的には行われているからだ。本稿では、旧優生保護法下での強制的な優生手術を入り口に、私たちに潜む「優生思想」を考えたい。

 

 

提訴の理由

 

今回の訴訟の原告、由美さん(60代、仮名)の自宅は、広々とした田園の中にある。近くの駅から車で15分ほど。取材に訪れた日は、由美さんの義姉路子さん(60代、仮名)が駅まで車で迎えに来てくれた。

 

「妹がなぜ、こんな手術を受けないといけなかったのか。一緒に暮らして40数年たつけど、ずっと納得できなかった」。自宅に到着して話を聞こうとすると、路子さんが切り出した。そばには由美さんが座り、言葉少なに、にこにこ見つめている。

 

由美さんは10代の頃、「遺伝性の精神薄弱」を理由として、旧優生保護法にもとづく優生手術を受けたという。卵管を縛る卵管結紮術だったとみられる。

 

旧優生保護法は、ナチスの断種法をモデルとした戦前の国民優生法を源流のひとつとして1948年に施行された。第1条には「優生上の見地から不良な子孫の出生を防止する」と掲げられ、「遺伝性精神病」や「遺伝性精神薄弱」などの患者には、本人の同意なしに不妊にする優生手術を実施できると定めていた。

 

障害のある人らの批判を受けて、ようやく1996年になって母体保護法に改正され、優生手術の規定がなくなった。由美さんが原告の訴訟では、旧優生保護法は「生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利」を定めた日本国憲法13条に違反し、改正後も優生手術を受けた人への補償を怠ったのは国の立法不作為として、1100万円の損害賠償を請求している。

 

 

記事用①

今回の訴訟に至った理由を説明する由美さん(右)と路子さん

 

 

提訴への思いを由美さんに尋ねた。答えは返ってこない。「おなかは痛かったですか」などと質問を重ねたが、「覚えていない」と短い答え。「あまり理解できていないのよ」。路子さんが横から口を添える。

 

路子さんは、由美さんが優生手術を受けて3年後に嫁いだ。義母から由美さんについて「子どもができないように手術をされた」と告げられた。悔しそうな義母の声音に、それ以上は深く聞けなかった。手術が話題に上ったのは、その一度きり。義母は2年前に亡くなった。

 

由美さんはよく腹痛を訴えていた。卵巣内に液体や脂肪がたまる「卵巣嚢腫」になり、成人してから右卵巣の摘出手術を受けた。医師からは「卵管を縛ったことが原因」と告げられたという。「こんなに体を傷つけられてかわいそう」。そう思い続けてきた。

 

転機は2015年、知的障害を理由に同意なしで優生手術を受けさせられた宮城県の飯塚淳子さん(70代、仮名)が、日本弁護士連合会(日弁連)に人権救済を申し立てたというニュースを偶然目にしたことだった。「同じ境遇の人がいた」。2年後、日弁連が国に補償を求める意見書を出したのをきっかけに、活動に関わる仙台弁護士会の新里宏二弁護士へ連絡した。

 

2017年6月には、宮城県に由美さんの手術に関する情報公開請求をした。旧優生保護法による優生手術では、医師の申請にもとづき、各都道府県が設置する優生保護審査会での審査を経て、実施通知が出る。だが7月に開示されたのは、優生手術台帳だけだった。宮城県の規定で1984年度以降、それまで残っていた優生手術の記録は優生手術台帳だけを残してほぼすべて廃棄したためという。台帳だけでは、診断の細かな経緯などは分からない。

 

路子さんが、台帳のコピーを見せてくれた。氏名と年齢、「遺伝性精神薄弱」という申請理由が記載されている。路子さんは台帳に記された申請理由に疑問を抱いている。由美さんは出生時には健常だったが、生まれて間もない頃に口蓋裂の手術を受けたときの麻酔が原因で発達が遅れたと義母から聞いた。療育手帳の更新時に医師が書いた1970年代の記録にも同様の情報があり、「遺伝的な要因はない」という趣旨の記載がある。なぜ優生手術をする際に、「遺伝性」という言葉がすべりこんだのか。

 

「旧優生保護法4条にもとづいて手術をしたかったのでは」。路子さんは推測する。旧優生保護法による優生手術の申請は、遺伝性と非遺伝性で方法が異なった。遺伝性は4条にもとづいて申請でき、本人や家族の同意が必要なかった。非遺伝性については12条に規定があり、配偶者や親など保護義務者の同意が必要だった。

 

路子さんは、同意なしで手術できるよう医師が「遺伝性精神薄弱」と診断したと考えている。ではなぜ同意なしで手術したかったのか。義父や義母が亡くなった今、優生手術の経緯を知る人はいない。本人の人生を大きく変えた手術にも関わらず、誰が主導したのかは闇に紛れている。

 

路子さんの子ども3人が幼い頃、由美さんは一緒に遊んでくれ、子煩悩な一面を見せていた。子どもを産んでよい人といけない人という区別があるはずがない。だが、厚労省は「当時は合法だった」という立場を崩さず、謝罪はない。進捗がない状況に見切りをつけ、提訴に踏み切った。「謝罪しない国に対して、声を上げる人がもっと増えてくれれば」。路子さんは訴える。

 

 

埋もれる実態

 

由美さんの提訴のきっかけをつくったのは、飯塚さんの日弁連への人権救済の申し立てだった。飯塚さんは優生手術の当事者として初めて声を上げたが、今回の訴訟には加わっていない。優生手術の記録が宮城県に残っていないからだ。記録が消えたことが、訴えを阻んでいる。

 

飯塚さんは中学を卒業し、就職の準備として「職親」の家庭に住み込みで働いていた1963年の初めごろ、優生手術を受けたという。住み込み先の奥さんに連れられ診療所に行った。優生手術を受けるという説明は一切なかった。手術についてはっきりした記憶はない。術後、父に連れられて実家へ帰った。両親が「子どもを産めなくさせた」と話すのを聞き、自身に起きたことを知った。

 

優生手術は知的障害が理由だったとみられるが、本人は、障害者手帳をもらったことがない。どうして優生手術を受けなければならなかったのか。父親を問い詰めたこともある。父親が亡くなる前年の1997年に送ってきた手紙には「印鑑を押せと責められてやむなく押した」という趣旨が震える字で書かれていた。職親らに迫られて、優生手術に同意したとみられる。

 

情報公開請求したが、宮城県からは飯塚さんが手術を受けたと主張する1962年度の優生手術台帳はないという返答だった。「人の人生を奪っておいて、簡単に処分するのか」

 

どのようなかたちで、旧優生保護法下の優生手術が行われたのか。証言が少ない一方で、記録の処分は進んでいる。実態を究明するために残された時間は長くない。

 

旧優生保護法の下、全国で行われた約1万6千件に及ぶ同意なしの優生手術。しかし実施件数は都道府県ごとにばらつきがある。最多は北海道の2593件で、宮城県は1406件と2番目の多さだ。もっとも少ないのは沖縄県の2件。厚労省は「ばらつきが生じた理由は分からない」とする。恣意的に優生手術が実施された可能性を示唆している。【次ページにつづく】

 

 

再替年表

 

 

シノドスをサポートしてくれませんか?

 

誰でも自由にアクセスできる本当に価値ある記事を、シノドスは誠実に配信してまいります。シノドスの活動を持続的なものとするために、ぜひファンクラブ「SYNODOS SOCIAL」のパトロンをご検討ください。⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

 

無題

 

・人文・社会科学から自然科学、カルチャーまで、各界の気鋭にじっくりインタビュー
・報道等で耳にする気になるテーマをQ&A形式でやさしく解説
・研究者・専門家たちが提案する「こうすれば●●は今よりもっとよくなるはず!」

・人類の英知を伝える「知の巨人」たち
・初学者のための「学びなおしの5冊」

……etc.  

https://synodos.jp/a-synodos

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.244 特集:人間が人間らしく生きるために

・黒﨑真氏インタビュー「「非暴力」という抵抗――キング牧師の戦い」

・志田陽子「人権の21世紀――人権とは、螺旋階段の途中にあり続けるもの」

・要友紀子「出会い系/セックスワーク広告サイト弾圧のナンセンスを圧倒する、トランプ政権下のオンライン・セックスワーク・サバイバル」

・齋藤直子(絵)×岸政彦(文)「「Yeah! めっちゃ平日」第十四回」