風俗の安全化と活性化のための私案――セックスワーク・サミット2013

周辺ビジネスができること

 

それから求人サイトなどの周辺ビジネスの方にやって欲しいこともあります。

 

大学生って就職活動をするときにリクナビなどの就活サイトを使いますよね。あれの風俗就活サイトがあるといいなと思います。そのサイトの書き込みで、「このお店は誓約書を書かせる」とか「コンドーム使えない」とか書いてあれば、ブラック風俗店も淘汰できるんじゃないでしょうか。

 

以前、あるIT企業にこのアイディアをプレゼンにいったら、始まってすぐに笑われて「よくプレゼンする勇気がありましたね」って言われてしまいました。ソフトオンデマンドは(2014年2月20日現在)4618万円もかけて、覆面調査団による風俗ランキングというプロジェクトをして、いろんなテーマでセックスワーカーをランク付けしていますが[*6]、風俗嬢による覆面調査員というのができれば、就活サイトに近いことができるかもしれません。

 

[*6]SOD覆面調査団 風俗ランキング http://fuzoku.sod.co.jp/

 

 

社会や国ができること

 

昨年スイスのチューリッヒで話題になった売春ドライブイン[*7]がそうですが、自治体の行政が、各風俗エリア、風俗店にソーシャルワーカー、セキュリティエージェント、カウンセラー等産業医を設置することが高く評価されています。

 

セキュリティエージェントに関しては、ペルーの先行事例があります[*8]。マルチセクターグループの取り組みとして、セックスワーク地帯をマッピングし、100人のセックスワーカーに対して、HIVと人権に関するトレーニングを行い、セキュリティエージェントだけでなく、アドボカシーリーダーの養成も行っています。

 

このような取り組みは、例えば出所した受刑者、知的障がい者、ドラッグユーザー、多重債務者、DV被害者、鬱、高齢者のための生活支援につながるだけでなく、引退した元セックスワーカーのための雇用創出にもなります。

 

もうひとつ大事なことは、風俗店の営業ライセンスの取得条件の改革です。安全、健康、雇用、給与に関するガイドラインの策定と義務化、経営者研修の実施が必須です。既にニュージーランドやオーストラリアなどでお手本があります。オーストラリア・クイーンズランド州政府は、クイーンズランド州のセックスワーカー団体・Respectに委託し、経営者やマネージャーに対してトレーニングを義務付けています[*9]。風俗店の経営者になるときは、このトレーニングを受けなければ、ライセンスをとることができません。経営者向けワークショップのコンテンツメニューは以下の通りです。

 

 

「営業方針と手続き」

・ライセンス売春宿の管理

・運営計画

・規制要件

・広告

・懲戒

・罰則とセックスワーカーの管理

・書類の保持

・苦情

 

「職場の安全衛生」

・守秘義務

・サーベイランス

・感染対策

・応急処置の施し

・セックスワーカーの安全性の確保

・潜在的に危険なクライアントの兆候

・安全原則

・職場のいじめ

 

「職場でのセクシュアルヘルス」

・セーフセックス用品/PPE(Personal Protective Equipment)

・セーフセックス用品/PPEと法律

・ライセンス売春宿でのセーフセックスの供給/PPE

・コンドームが破れた場合の対処方法

・性器接触後予防(Post Exposure Prophylaxis=PEP)

・セックスワーカーのためのセクシャルヘルスチェック

・性感染症

・性感染症の症状

・性器のかゆみ

・排尿の痛み

・膣出血

・膣分泌物

・第二チェック

・クライアントが性感染症であると思われる場合の対処方法

 

 

こうした安全基準に関する情報は、セックスワーカー当事者たちにも多様な言語で提供、頒布されています[*10]。もし基準を満たさない店舗・経営者がいれば、告発者は委託団体Respectに通報することができ、告発を受けたRespectから店舗に忠告、改善措置がとられ、従わない場合はライセンス取り消しとなります。このような経営者向けガイドライン、プログラム開発は、政府や保健行政関係者にとっても理解が得やすいと思います。

 

ただ、日本のように、保健行政は性産業に対してエイズ対策を求めて、法執行機関は摘発、取り締まり強化に拍車をかけるというやり方では、現場の理解は得にくいかもしれません。合法、非合法の性産業にかかわらず、コンドーム/ダム使用は、すべてのセックスワーカー、客にとって、法の下に要求されることが原則として確認されなければいけません。

 

 

[*7]CNNニュースサイトより http://www.cnn.co.jp/world/35036427.html

 

[*8]第18回国際エイズ会議におけるセッションより(ウィーン、2010年)。

 

[*9] HIV予防介入におけるセックスワーカー・ピア養成プログラムの構築――日豪比較研究(2011.SWASH)

 

[*10] クイーンズランド州のセックスワーカー団体Respect http://www.respectqld.org.au/

 

 

シノドスの運営について

 

シノドスは日本の言論をよりよくすることを目指し、共感してくださるみなさまのご支援で運営されています。コンテンツをより充実させるために、みなさまのご協力が必要です。ぜひシノドスのサポーターをご検討ください。

⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

98_main_pc (1)

 

 セミナー参加者募集中!「対話/ダイアローグから見た精神医学」植村太郎(12月16日16時~18時)

 

 

無題

 

vol.233 公正な社会を切り開く 

 

・ジェームズ・ミニー氏、鈴木啓美氏インタビュー「もっと楽しいお買い物を目指して――フェアトレードの魅力」

・【「民主」と「自由」――リベラルの再生へ向けて――】古川江里子「大正デモクラシーと吉野作造 ―大日本帝国憲法下での民主主義的政治の試みが現代に問うもの」

・【知の巨人たち】重田園江「ミシェル・フーコー――なぜ『絶望系』なのに読んでしまうのか」

・阪井裕一郎「学びなおしの5冊 <家族>」

 

vol.232 芸術にいざなう 

 

・吉澤弥生氏インタビュー「人をつなぐ芸術――その社会的評価を再考する」

・【現代演劇 Q&A】長瀬千雅(解説)「時代を捕まえるダイナミクス――現代演劇事始め」

・【今月のポジ出し!】橋本努「タックス・ヘイブン改革 香港やシンガポールにも圧力を」

・増田穂「『知見』が有効活用されるために」

 

1 2 3 4 5
シノドス国際社会動向研究所

vol.233 特集:公正な社会を切り開く

・ジェームズ・ミニー氏、鈴木啓美氏インタビュー「もっと楽しいお買い物を目指して――フェアトレードの魅力」

・【「民主」と「自由」――リベラルの再生へ向けて――】古川江里子「大正デモクラシーと吉野作造 ―大日本帝国憲法下での民主主義的政治の試みが現代に問うもの」

・【知の巨人たち】重田園江「ミシェル・フーコー――なぜ『絶望系』なのに読んでしまうのか」

・阪井裕一郎「学びなおしの5冊 <家族>」