3.11以降の世代間倫理を考える――討議か、想像力か

討議か、想像力か。

 

ドイツにおける世代間倫理の最近の研究では、以上のような討議倫理の思想を前提にするものが多数派を占めている。ただし、そこにも依然として検討されるべき問題が残されている。それは、アーペルの考える世代間倫理においては、討議のプロセスが尊重される以上、専門家の意見が圧倒的な影響力をもつということである。アーペルは、未来の世代への責任を議論する際には知識人よりも専門家が主導的な役割を担うべきであると主張する(ibid., S.81.)。もちろん、高度な科学技術の運用に際して、専門家の知識は不可欠のものである。しかし、同時に考えなければならないことは、専門家による安全性の保証が、もはや必ずしも信じられなくなったということである。私たちはその現実を福島第一原子力発電所事故によって実感したはずだ。

 

前述した通り、アンダースとヨナスは科学技術の制御の困難さを指摘した上で、専門的知識よりも想像力の力を重視する。そうした想像力には論証がなく、根拠がない。そうである以上、討議の場で相手を説得するには使えない。しかし、討議の場で説得力のある論証が、いつでも信用できるものであるとは限らない。特に原子力技術を巡る技術において、そのことは特に留意されるべきである。ここには、討議を重視するべきか、想像力を重視するべきかの対立構造が示されている。

 

本論の中で結論を下すことはもちろんできない。ただ、討議倫理が多数派を占めているという現状を顧みた上で、また福島第一原子力発電所事故の経験を踏まえた上で、筆者は想像力の重視を一つの選択肢として擁護したいと思う。3.11以降の世代間倫理は、科学技術が原理的に制御不能であるという現実を前提にしなければならない。その上で、そうした制御不能なものと付き合い続けるためには、逞しい想像力を鍛えることが必要になるはずである。アンダースが主張する「道徳的想像力」、ヨナスが主張する「恐怖に基づく発見術」というアイデアは、その意味で参照するに値する。

 

そうした想像力が発揮された実例の一つを、「100,000年後の安全」に見ることができる。設計者たちは、放射性廃棄物の永久処分場を、ムンクの「叫び」として表象させようとした。もちろん「叫び」と処分場の間に直接的な関係はない。しかし、「叫び」として表された処分場は、「処分場」と名付けられるよりも、一層その本質を暴露しているように思える。そうした飛躍を可能にするような、しなやかな想像力を鍛えることが、未来への責任の一翼を担うのではないだろうか。

 

以上の考察に基づいて、筆者は具体的に次のような提案をしたい。原子力発電所の外装を、芸術家のデザインに基づいてリフォームしてはどうか。あるいは、これから建設される予定の関連施設の設計に際して、芸術家を交えては議論してはどうか。もちろん、オルキルオトの処分場のように、不快感の惹起だけを追及する必要はないし、ヨナスのように、あくまでも恐怖のみを追及する必要もない。しかし、私たちが造るものが私たちの想像力を超えているのなら、そこに想像力を超えた外観を与えることで、将来起こりうる危機の回避を促すことができるかも知れない。そして、そうした常人ならざる想像力をもつのが、例えば芸術家であろう。大阪府の舞洲工場など、芸術家が工場をデザインした例はある。特に原子力技術に焦点を絞るとき、そうした試みは単なる設計者の趣味に留まらず、未来の世代への責任として機能するはずである。

 

 

参考文献

 

Anders, Günter [1983] Die Antiquiertheit des Menschen 1. Über die Seele im Zeitalter der zweiten industriellen Revolution, Verlag C.H. Beck, München.

Anders, Günter [1984] Die Antiquiertheit des Menschen 2. Über die Zerstörung des Lebens im Zeitalter der dritten industriellen Revoltion, Verlag C. H. Beck, München.

Apel, Karl-Otto [1988] Diskurs und Verantwortung: Das Problem des Übergangs zur postkonventionellen Moral, Suhrkamp Verlag, Frankfurt am Main.

Apel, Karl-Otto [1994] “Die ökoligische krise als Herausforderung für die Diskursethik” in: Ethik für die Zukunft: Im Diskurs mit Hans Jonas, Dietrich Böhler(Hrsg.), Verlag C.H. Beck, München, SS.369-404.

Jonas, Hans [1979] Das Prinzip Verantwortung: Versuch einer Ethik für die technologische Zivilisation, Insel Verlag, Frankfurt am Main.

Popper, Karl Raimund [1987] Das Interview mit K. R. Popper in: DIE WELT, 8. Juli 1987.

 

サムネイル「Imagination」Benjamin Thompson

http://www.flickr.com/photos/beija/4585213707

 

 

 

 

 

シノドスのコンテンツ

 

●ファンクラブ「SYNODOS SOCIAL」

⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

 

●電子メールマガジン「αシノドス」

⇒ https://synodos.jp/a-synodos

 

●少人数制セミナー「シノドス・サークル」

⇒ https://synodos.jp/article/20937

 

 

 

 

1 2 3
シノドス国際社会動向研究所

vol.2019.3.15 

・中西啓喜「学力格差と家庭背景」
・竹端寛「対話を実りあるものにするために」
・佐々木葉月「日本のテロ対策の展開」

・小野寺研太「「市民」再考――小田実にみる「市民」の哲学」
・久保田さゆり「学びなおしの5冊〈動物〉」
・鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(5)――設立準備期、郵政民営化選挙前」
・山本宏樹「これからの校則の話をしよう」